サムスル 渡邉裕晃【時の運と人の縁を極める日々の記録】

 

ブログ「時の運と人の縁を極める日々の記録」
2013年からインドネシアの東ジャワにあるマランに移住しました。家族と現地で暮らしながら「時の運と人の縁を極める」日々を綴っています。ブログランキングサイト「にほんブログ村」の「インドネシア情報」ランキング第1位。著書に「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」(明日香出版社、2013年)があります。



Samsul's Choice
メルマガ登録・解除
時の運と人の縁を究める!!【Samsul's Choice】
 

powered by まぐまぐトップページへ
最新の「日記」です!
2017年9月19日
インドネシア、東ジャワのマランで43歳の誕生日を迎えて

昨日で43歳を迎えました。たくさんの誕生日メッセージをいただきました。ありがとうございました!

インドネシアに移住したのが2013年9月17日のこと。早いことに4年が経過してしまいました。

最初はインドネシアにどっぷりと・・・と考えていましたが、運命というのはわからないもので、現在は、東ジャワのマランをメインに、ベトナム(ホイアン)、日本(群馬・東京)の多拠点居住の状態です。

インドネシア、東ジャワのマランで43歳の誕生日を迎えて【写真:子どもたちからの直筆カード】

→続きを読む
QRコード
携帯からはこちら
バックナンバー
日記のバックナンバーは、こちら!














■著書について


2014年5月、増刷されました!
2014年11月、再び増刷されました。
2015年5月、再び増刷されました。
ご愛読いただき、感謝申し上げます!


Watanabe Hiroaki






「日記」以外の記事を、新しい順にピックアップ!
[食事]:日本でも限定発売されたインドネシアご当地カップヌードル「グライアヤム味」を食べてみた
皆様おなじみの日清食品「カップヌードル」。今では、アメリカ、アジア、ヨーロッパなど、世界全体で80カ国以上で発売されているとのこと。 そんな中、インドネシアだけで販売されている、いわゆる「ご当地もの」があるのをご存知ですか? それが「グライアヤム・ヌードル」と「ソプブントゥット・....[→続きを読む]
[旅]:ベトナム戦争の歴史を展示するホーチミンの「戦争証跡博物館」は絶対に行っておくべし!
先日ホーチミンに立ち寄った際に行ったのですが、いやぁ、この博物館は、とんでもなく恐ろしい・・・。 ベトナム戦争の歴史を展示するホーチミンの「戦争証跡博物館」。 「行かない方が良い」と言っているわけではありません。「行くべし」です。 でも、子供連れでは行けません。あまりにも衝撃的過....[→続きを読む]
[旅]:「汚職はダメ。前の時代とは違うぜ!!」ジャワ語で書かれたインドネシアの汚職撲滅啓発シール
先日、スラバヤのバスターミナルの食堂でランチを食べていた時のこと。 ふと店内を見渡してみた時に、思わず目を奪われたのがこのシール。 東ジャワ高等検察庁が発行した啓発シールで、書かれているのはジャワ語です。 「汚職はダメ。前の時代とは違うぜ!!!」って。 インドネシアの公用語はイン....[→続きを読む]
[食事]:スラバヤのバスターミナル食堂街で、東ジャワ名物「ナシ・ラウォン」を味わう
先日のランチは、東ジャワにあるインドネシア第2の都市「スラバヤ」で。場所は、ブングラシ(Bungurasih)、別の名前をプラバヤ(Purabaya)にある長距離バスターミナル。ここに食堂街があるのです。 いただいたのは、東ジャワ名物、牛肉のスープかけご飯「ナシ・ラウォン」を。真....[→続きを読む]
[旅]:インドネシアは使用言語数が707言語と、世界で2番目に多い国!
世界経済フォーラム(World Economic Forum)のウェブで、こんなデータが出ていました。 「The Countries with the mosut spoken languages」というもので、使用されている言語数の多い国をランキングしたもの。 これによればイン....[→続きを読む]
[食事]:ジャカルタ空港近くのローカル食堂「Putra Jaya」でパダン料理を堪能!
先日、ジャカルタを訪問しました。 私は東ジャワに住んでいるのですが、今回ベトナムに行く用事があり、トランジットでジャカルタに1泊することに。空港近くのホテルに宿泊しました。 夕飯はホテルからすぐ近くのローカル店へ。インドネシア名物「パダン料理」。スマトラにあるパダン地方料理です。....[→続きを読む]
[旅]:ホーチミンの空港で見つけた謎のハリボテ飛行機
ホーチミンの空港に置いてあった、謎のハリボテ飛行機。 これ、なんだかわかりますか? パイロット席を見ると窓が無いし(伊達メガネ状態)、左側の羽根は折れています・・・。客席の窓も省略されていて。 機体の横には文字が書いてあって、「トレーニング・シュミレーター」と書いてあります。 い....[→続きを読む]
[旅]:「大事なのはカネじゃない。関心と情熱の強さなんだ」スラバヤのバスの運転手は言った
私はインドネシアの東ジャワ、マランという都市に住んでいます。 昨日は、その自宅から東ジャワのスラバヤまで約100キロの移動を。4〜5人の乗客が乗ればいっぱいになるサイズの乗り合いミニバスに乗って。 おしゃべりな運転手。そして私を含めて3人の乗客。 乗客の1人に、若い青年がいました....[→続きを読む]
[コラム]:インドネシアで子育てをする私が「日常の中の非日常」にこだわり続ける理由
久しぶりに「親ばか日記」を。 気の向く時に書いていて、半ばシリーズ化しつつある「親ばか日記」。単なる気休めで書いていたのですが、意外と反響があって「楽しみにしています」というメッセージをいただいたりもしている次第。「育児の悩みに勇気づけられています」なんて言われたりもして、意外な....[→続きを読む]
[旅]:【一時帰国で東京に】初めてのAirbnb体験で「右も左も分からない」という話
インドネシアに移住してから、もうすぐで5年目に突入しようとしています。 いま、日本に一時滞在をしているところなのですが、 今回の東京滞在で、生まれて初めて「Airbnb」というサービスを使ってみました。 「Airbnb」(エア・ビー・アンド・ビー)は、 アメリカ発のいわゆる「民泊....[→続きを読む]



 


(Since 1996. 9.18)