サムスル 渡邉裕晃【時の運と人の縁を極める日々の記録】

 

ブログ「時の運と人の縁を極める日々の記録」
2013年からインドネシアの東ジャワにあるマランに移住しました。家族と現地で暮らしながら「時の運と人の縁を極める」日々を綴っています。ブログランキングサイト「にほんブログ村」の「インドネシア情報」ランキング第1位。著書に「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」(明日香出版社、2013年)があります。



Samsul's Choice
メルマガ登録・解除
時の運と人の縁を究める!!【Samsul's Choice】
 

powered by まぐまぐトップページへ
最新の「日記」です!
2016年6月17日
インドネシア滞在から1年半、8歳の娘が現地の新聞を読み始めた!

子供に「外国語を習得させたい」と願う親は多いもの。
うまくいく人もいれば、悪戦苦闘する人もいます。

日本に住んでいる場合には、
「なかなか身につかなくて・・・」と言っても切迫感はありませんが、
海外に住んでいる場合、
「なかなか身につかなくて・・・」は、とっても大きな問題。

なぜなら「友だちのコミュニケーションに支障をきたす」から。
それはつまり、日常の学校生活に支障をきたすことにもなるからです。

我が家でも、子供の言語教育は熱心にやっているつもりですが、
なかなか親が思う程にはいかないもの。

でも、インドネシア滞在から1年半。
8歳の娘が、ついに、現地の新聞を読み始めたのです!
実は私もビックリ。

インドネシアの新聞に注目する我が娘【写真:インドネシアの新聞に注目する我が娘】

→続きを読む
QRコード
携帯からはこちら
バックナンバー
日記のバックナンバーは、こちら!














■著書について


2014年5月、増刷されました!
2014年11月、再び増刷されました。
2015年5月、再び増刷されました。
ご愛読いただき、感謝申し上げます!


Watanabe Hiroaki






「日記」以外の記事を、新しい順にピックアップ!
[コラム]:縁をつむぐことは面白い!(日本の一時滞在2日目に感じたこと)
いま、日本へ一時滞在をしています。 私は「出会い」が好きで、 毎回、いろいろな方々にお会いすることにしているのですが、 今回の日本滞在、2日目にして、こんなことがありました。 「インドネシアに住んでいる渡邉です」と自己紹介すると、 「え? 渡邉さん・・・って、もしかして、ヒロアキ....[→続きを読む]
[旅]:東ジャワのバトゥ(プレセット)でトレイルラン&ウォーキング(距離4.93km、標高差197m)
先日、地元の仲間たちと一緒に、 東ジャワのバトゥにある「プレセット」(Precet)というエリアで、 トレイルラン&ウォーキングをしてきました。 バトゥは、高原の避暑地として有名な場所。 私たちが参加するトレイルの会は、いつも バトゥのエリアを歩いたり走ったりしています。 インド....[→続きを読む]
[食事]:東ジャワの高速道サービスエリアで味わう「ソト・アヤム」
インドネシアの名物料理と言えば「ソト・アヤム」。 私が幼少の頃から、そして今に至るまで、 「こんなに美味なる食事はない!」と言えるほどのおいしさ。 今回、東ジャワの高速道サービスエリアに立ち寄る機会があり、 ランチ時間だったので「ソト・アヤム」を注文。 庶民向けの、小汚いお店では....[→続きを読む]
[書評]:4回目の増刷に感謝!!「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」
3年前に共著で書いた本、 「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」が、 なんと、4回目の増刷を迎えることになりました。 お買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございます! 4度目の増刷と言っても、 大量の部数が売れているというわけではなくて、 時間をかけてジワジワと売....[→続きを読む]
[旅]:東ジャワのマラン(オマ・カンプス)で子連れトレイルラン&ウォーキング(距離8.03km、標高差162m)
先日、妻と子供、地元の仲間たちと一緒に、 東ジャワのマランにある「オマ・カンプス」(Oma Kampus)というエリアで、 トレイルラン&ウォーキングをしてきました。 ここは、いつも参加しているバトゥ(Batu)エリアと異なり、 「山間部」ではありません。 バリバリの「新興住宅地....[→続きを読む]
[食事]:インドネシアのイスラム断食1日目に大衆食堂でいただいた「ソト・アヤム」
インドネシアでは、6月6日から断食がスタートしました。 太陽の出ている時間、つまり午前4時過ぎから夕方の時間帯までは、 食べることも、飲むことも許されません。 タバコもダメ、つばを飲むこともダメ・・・。 でも私はイスラムではないので、断食はしません。 断食1日目のランチでいただい....[→続きを読む]
[旅]:【インドネシア移住】いつでも気軽に子供と屋外プールに入れるようになったことの幸せ
インドネシアに家族を連れてきてから、もうすぐ2年が終了。 本当にあっという間です・・・。 「小学生の子連れでインドネシアに移住」というのは珍しいのか、 「どんな点が良かったですか?」と聞かれることがあります。 いろいろな点がありますが、私が言いたいことの一つは 「いつでも気軽に子....[→続きを読む]
[コラム]:インドネシア「ムスリム知識人協会」がGoogleとYoutubeのアクセス制限を政府に要望へ
6月6日からイスラム教の「断食」期間に入ったインドネシア。 イスラムの人たちは、陽の出ている時間には、 食べもせず、飲みもせず・・・という暮らし。 身を清めるという行為から、 改めて厳格な気もちになる人も多いようです。 そんな中、インドネシアのムスリム知識人協会が、 Google....[→続きを読む]
[コラム]:インドネシアのスラバヤで思う「すごい人」に会うことの効用
先日、スラバヤに行く機会がありました。 スラバヤは、インドネシアの第2の都市。 私が暮らす「マラン」からは、約90キロの距離。 インドネシアのジャワ島の東部に位置しています。 1976年に初めてスラバヤを訪問して以来、 私にとってスラバヤは、足繁く通う場所。 でも今回は、また特別....[→続きを読む]
[食事]:東ジャワの高速道サービスエリアで味わう「ナシ・ラウォン」
私が住むのはインドネシア、東ジャワにあるマラン。 そこから90キロほど北へ向かうと、 インドネシア第二の都市、スラバヤがあります。 今回、車を運転してマランからスラバヤへ行く用事があったのですが、 高速道路の途中にあるサービスエリアで、ランチを堪能。 庶民向けのフードコート。 人....[→続きを読む]



 


(Since 1996. 9.18)
ダンボールのことなら、オーダーボックス・ドットコムまかせて!コールセンターリングコールセンターでアルバイト体験あなたもできる株式会社設立
事務職への転職で転身派遣で働くには?導入が進む人事評価ツール賢く貸会議室企業を創るということ