個人で会社を買う方法|2つの事業買収を経験した私が語る「探し方」

シェアしていただけると嬉しいです!

「会社を買う」ということを考えたことはありますか?「買収」と聞くと、大企業による高額なM&Aがイメージされがちですが、中小企業や零細企業など、より少額となるような売買も行われています。1000万円前後の規模だったり、もっといえば数百万円という金額で会社が売買されるケースもあるのです。

いま「個人で会社を買う」という検討をする人が出てきています。そこで実際に2つの事業買収を経験した私が、会社の探し方や見つけ方について、まとめてみたいと思います。なお「個人で会社を買う」という表現をしていますが「小さな会社を買う」と読み替えてもらっても構いません。




会社を買うことのメリット

個人で会社を買う方法

私自身、すでにブログで書いていることですが、かつて2つの事業買収を手がけたことがあります。正確には「会社をまるごと買う」ではなくて、「会社の中の1事業を切り分けて買った」ということになります。いずれも1000万円前後の金額で取得をしました。

「事業を買う」というのは実に不思議なもので、買ったその瞬間からビジネスが手に入ります。黒字事業であれば、売上があがり、利益が出ている状態のものが瞬時にして手に入ってしまうのです。

皆さん、ぜひ「会社を創業する」ということを考えてみて下さい。ビジネスプランづくりから、資金集め、一緒に手伝ってくれる協力者を集め・・・と、途方もない準備が必要です。もちろんビジネスピランをつくるところからして大変なこと。

新しいものを生み出す=「ゼロからイチをつくる」ということは、すでにあるものを改善する=「イチを十にする」こととは、また別の苦しみがあるのです。

でも「会社を買う」では、それらの諸準備を一足飛びにして乗り越えてしまう。稼働中のものが、取引先のネットワークも、お客様のネットワークも、その他さまざまなものが一瞬にして自分のものになってしまう・・・。会社を買うということは、実に大きなメリットがあります。(もちろん後述のとおり、課題もあります)

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という書籍

「会社を買う」ということ自体は昔から行われていること。でも「300万円とか500万円というような金額でも会社が買えるんですよ」「個人でも企業買収を検討してみては?」と提唱したのが2018年4月に出版された書籍「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」でした。

副題に「人生100年時代の個人M&A入門」とあるように、サラリーマンの人生設計の一環として「事業買収」という選択肢を示しているのが特徴です。「起業をしなくても会社の経営者やオーナーになれる」「新たな人生の選択肢ができた」など、大きな反響を呼びました。詳しくはこちらをどうぞ。

経営者になる3つの道|ゼロから起業か、昇進か、M&Aで会社を買うか
今回のテーマは、経営者になるための方法について。皆さんは、「会社の経営者になりたい」と考えたことはありますか? 私は24歳で会社の経営者とな...
2つの事業買収を経験した私が「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」を読んでみた
今回ご紹介するのは「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本。 副題に「人生100年時代の個人M&A入門」とあるよう...

「事業を買う」ことを具体的に検討し始めたきっかけ

私が「事業を買う」という道を進んだきっかけは、知人との何気ない会話がスタートでした。「どうやらA社が、事業の1つを売却したがっているらしい」と。私は普通の会話として「へぇ・・・」と聞き流していました。

興味本位で詳細を聞いてみると「できるだけ早く売りたいらしい」と。だから、うまく交渉すれば安価に手に入れることもできそうだ・・・という話に。

そこで思ったのです。「あ、もしかして自分が買い手として名乗りあげるのも面白いかも」と。今まで事業を買うなんて考えもしなかった私が「事業を買う」という可能性を考えたとたん、「面白いかもしれない!」と思うようになりました。

お金さえ用意できれば、事業がまるごと手に入る! なんてワクワクするような話なんだろうと思いました。しかもその事業は私の持つノウハウが活かせる事業だったのです。

会社を買う、事業を買う。そのために取り組んだ3つの方法

会社を買う チェックリスト

それから私は「会社を買う」という魅力に目覚め、情報を集め始めました。当時はまだ「小規模な事業買収」が知られていない時代。書店で本や雑誌を探してみても、多くは規模の大きな事業買収ばかり。

「数百万円で会社を買う!」という前提での解説本は見つからなかった時代です。まさに手探りで探していくような時期でしたが、そんな中で会社を探すためにやったことは次のとおりです。

(1)知人のツテをたどる
(2)ネットで探す
(3)M&A仲介会社にアプローチする

最近では(2)と(3)の合わせ技として、オンライン上で無料の会員登録をすると、会社の売買情報にアプローチできるという、ウェブ上のM&Aサイトも。「会社を売却したい」という案件の一覧を見ることができるWEB上のプラットフォームもあります。これも含め、それぞれ順番にお話しします。

(1)知人のツテをたどる

個人で会社を買う方法 知人のツテをたどる

まずは会社経営に詳しい知人のツテをたどることにしました。具体的には中小企業やベンチャー企業の経営者たちです。小さな会社や小さな事業について「買って手に入れる」ことに関心があるということを伝えました。

ごくごく親しい人たちだけにアプローチしただけですが、みんな面白がってくれて「関連の情報があれば、すぐに伝えるよ」ということに。

前述の通り、最初に「会社を買う」ということに目覚めたケースは、知人からもたらされた何気ない情報がきっかけでした。だから知人のツテをたどることから始めたのです。

たしかに時間がかかる方法です。いつ情報が来るかもわからず、どんな話が来るかもわからず・・・。でも、声をかけないことには情報すら来ない。でも声をかけておくと、いざという時に話が来るようになります。自分にとってキーマンとなる人をみつけて声をかけておく。これはオススメです。

当時はまだ「小規模な事業買収」が知られていない時代で、思い返せば、これより数年前、別の知人からこんな話もありました。「うちの会社の事業のひとつ、もう面倒だからしめちゃおうと思っているんだけど、もし興味があったら無料で譲ろうか?」って。その頃の私は「事業を買う」ということが念頭になかったので断ってしまったのですが、今となっては「チャレンジしてみたら良かったのに!」と後悔しています。「知人のツテをたどる」というのは、意外とあなどれない方法ですよ。

(2)ネットで探す

個人で会社を買う方法 ネットで探す

書店に行って書籍や雑誌を探してみても、小規模M&Aに関するテーマが見つからない時代。情報を探すとなれば、知人のツテをたどるしかなく、他にできる方法は・・・と考えた時に思いついたのは「ネットで探す」ということ。とにかく情報が少ない時代だったので、できることが限られていました。

ネットで検索しまくりました。「会社を買う」で検索しても、出てくるのはM&A仲介会社の情報だったり、もっと高額のM&A案件にまつわる話だったり。もちろん、具体的な「売り物情報」なんて出てきません。

一生懸命に探してみましたが、もちろん、大手メディアの記事が出てくることはありません。出てくるとしたら「休眠会社を売ります」とか「売りものの宗教法人一覧」とか、あやしそうなサイトが・・・。なかなかいい情報にはめぐり会えませんでした。

ただ、「ウェブサイトの売買仲介」をうたうサイトが出始めた頃で、登録して情報を得る中で、自分なりに考えるきっかけを与えてくれるところはありました。

(3)M&A仲介会社にアプローチする

個人で会社を買う方法 ミーティング

知人のツテをたどる。ネットで探す。他にできることは・・・と思って取り組んだのは、M&A仲介会社にアプローチするということでした。

ネットから問い合わせをして、担当者からメールをいただいて。実際に訪問して面談させていただいたこともあったように記憶しています。ただどうしても、金額の小さなM&A案件がほとんど無いような状況でした。また、小さな案件を取り扱っても仲介手数料は小さい・・・となれば、動きもそれなりになりますよね。

なので、M&A仲介会社にアプローチするという方法は、敷居の高さだけが感じられて、私はあまり積極的にはなれませんでした。

というわけで、

(1)知人のツテをたどる
(2)ネットで探す
(3)M&A仲介会社にアプローチする

というのが、会社を探すために私がやったことです。

「会社を買う」ということが身近になってきた!!

でも今は本当に恵まれているな・・・と思います。なぜかというと、私が2つの事業を買った時代に比べれば、はるかに多くの情報がとびかっているからです。

冒頭で紹介した「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本もあれば、関連するテーマを扱った雑誌記事もあり。

廃業予備軍127万社の衝撃|中小企業の事業継承と後継者問題の処方箋
「6割以上の経営者が70歳を越え、半数の企業で後継者不在」 こんな衝撃的な内容を取り扱っているのが、『週刊ダイヤモンド』1月27日号の...

ネットで検索しても、良質な情報記事や考察ブログなどが出てきます。中小零細企業を専門にしたM&A仲介会社も誕生し、はるかに情報取得がたやすくなってきた印象です。

今は時代環境も変わり、むかしと違って「会社を売る」ということにつきまとっていたマイナスイメージもなくなりつつあります。事業承継の手段として、昔は跡継ぎが見つからなければ「会社を閉じる」という選択をするところもありましたが、最近では「売却」を選択肢に加えるケースも増えているようです。

また、若くして創業した方が、いったん事業を売却し、また再度新たにスタートする・・・というケースもありますね。本当に恵まれた時代です。一方で、情報があふれているがゆえに事業取得のための競争も上がってくるはずで、それについてはデメリットと言えるかもしれません。

中小零細の事業を探すためのオススメ方法は?

そんな時代にあって、中小零細の会社や事業を買うという場合、どんな方法がオススメなの?という話になりますが、

(1)知人のツテをたどる
(2)ネットで探す
(3)M&A仲介会社にアプローチする

これは全部やった方が良いと思います。私の時代は(2)も(3)もイマイチでしたが、時代環境が変わってきて、はるかに得られる情報が多いはずです。できることは全部チャレンジした方が良いと思います。

(1)については、より具体的に言うと、できれば中小企業の経営者か役員クラス、会計士や税理士、FP(ファイナンシャル・プランナー)。金融機関にお勤めの知人だったり・・・。

また、地元の商工会議所に訪れてみるというのも一つの方法です。商工会議所では地元の中小企業のパートナー的に動いているところもあり、また商工会議所が運営する「事業引継ぎセンター」では事業承継の後継者探しの観点から、思わぬM&A案件にたどりつけることもあるかもしれません。

会社売却の案件一覧をチェックできるWEB上のプラットフォームも

さらには、最近では(2)と(3)の合わせ技として、オンライン上で無料の会員登録をすると、会社の売買情報にアプローチできるというサービスも出てきています。ウェブ上のM&Aサイトですね。

例えば、このサイト。中小企業に強いM&A仲介会社、株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)が運営するもので、「会社を売却したい」という案件の一覧を見ることができるWEB上のプラットフォームです。

無料で登録をすることが可能なので、中小企業の買収に少しでも関心のある方は、ぜひ登録をされてみると良いと思います。こうしたサイトに登録することで得られるノウハウや情報も少なくないはずです。

「少額で会社を手に入れる」ことは本当に可能なのか?

「個人で会社を買う」ということについては「本当にそんなことができるの?」という声があることも事実です。以下のブログでも書きましたが、そんなに簡単にできることでもありません。それなりにリスクもあり、必要な経験やノウハウもあります。

2つの事業買収を経験した私が「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」を読んでみた
今回ご紹介するのは「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本。 副題に「人生100年時代の個人M&A入門」とあるよう...

そもそも「事業」は人で成り立っているものであり、ただお金を入れれば利回りが発生する・・・という「投資商品」とは異なるものです。まさに「経営する」ということですから、泥臭い人間模様もあるわけです。中小企業の場合はなおさらで、それこそ小さな会社ならではの問題も。大企業のサラリーマンでは経験できないような世界があり、それなりの経験や胆力が求められる場面もたくさんあるはずです。

そのあたりについては、また機会をみつけてブログにまとめてみたいと思います。今回のブログでは、「会社を買う」という場合の案件の探し方、見つけ方について、私の経験をまじえてお伝えさせていただきました。何らかのお役に立てれば幸いです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする