不動産投資の勉強に役立つ3つの資格は、これだ!

シェアしていただけると嬉しいです!

数年前から「ブーム」の様相を呈するほどに活況なのが不動産投資。関連書籍の出版点数も増え、さまざまなセミナーが開催され、ウェブサイトやニュースでも見かけることがとても多くなっています。

そんな中、あまり勉強もせずに不動産投資に手を出そうとしている人も少なくないのでは?というのが、私が見ている限りでの正直な感想。先日のブログ「不動産投資で成功する人、失敗する人」でも、「勉強することの大切さ」を書いたつもりです。

ただ、「不動産について勉強する」と言っても、いろいろな方法があることは事実。本を読む、セミナーに行く、仲間を作る・・・。さまざまなやり方があるわけですが、全体の基礎をおさえること。土台となる基盤をかたちづくること。そういう意味で意外とオススメなのが「検定」や「資格」にチャレンジしてみること。

今回はこれについてブログにまとめたいと思います。

スポンサーリンク

不動産投資に資格は必要? 何のための資格?

不動産投資に資格はいりません。資格が無くてもできてしまうのが不動産投資なわけですが、だからこそ、深く勉強することなく業者任せにしてしまったり、あまり調べもしないで投資をしてしまったり、あるいは「頭金ゼロで投資できる!」と安易に飛びついてしまったり。

後になって後悔しても、その損害を取り戻すには「金額」面でも「時間」面でも、大きなコストを強いられるはず。

もちろん不動産投資に資格も検定もいらないわけですが、でも、全体の基礎をしっかりおさえておくこと。知識の全体的な底上げをはかるという意味では、オススメです。

検定や資格に特有の、いわゆる「重箱の隅」問題もあるんですよ。「そんなことまで覚えなくてもいいじゃん!」みたいなことも覚えなくてはいけない。「そんなことして意味あるの?」と思うかもしれませんが、そういうところまで学習しなければいけないからこそ見えてくるものがあるはず!というのが、実際にいくつかの検定や資格をクリアしてきた私の率直な感想です。

では、私がオススメする3つの資格をご紹介しましょう。

不動産実務検定(旧:大家検定)

まずは「不動産実務検定」。もしかしたら聞き慣れない検定かもしれませんが、もともとは「大家検定」という名前でした。

大家さんのためのテスト。つまり、アパートやマンションをもち、賃貸経営をしていくのに欠かせない知識を学ぶことのできる検定試験です。今回ご紹介する3つの資格の中では、もっとも不動産投資に近い存在のテストかなと。

「2級」と「1級」、さらに上級資格である「マスター」という3種類が用意されています。「2級は主に賃貸管理運営に関する知識・技能。1級は不動産投資及び土地活用に関する知識・技能」が試験の対象になっています。そして1級と2級の両方に合格すると、「マスター認定」にチャレンジすることができるようになっています。(検定協会の説明文より)。

不動産実務検定を主催する「日本不動産コミュニティー」のホームページ【画像:不動産実務検定を主催する「日本不動産コミュニティー」のホームページ】

自分で教材を使って勉強し、その知識をもって検定試験に望む!というのも「あり」なのですが、私がぜひオススメしたいのは、不動産実務検定を主催する「日本不動産コミュニティー」の検定講習に参加すること。

不動産のプロから学ぶことができるだけでなく、一緒に学ぶ生徒たちからも大きな刺激を受けることができるはずですよ。

私は講習から参加しましたが、さまざまに異なるノウハウをもった複数の講師が丁寧に教えてくれて、私の関心に応じてテキスト以外の話もたくさん話してくれて。私はここで世界が広がりました。また、講師によって専門領域が異なることから、不動産といっても実に幅広い領域があるんだな・・・と感心させられ、さらなる興味を惹きつけられたというのも事実。

ぜひ講習の段階から参加されることをオススメします。意外な仲間ができるかもしれませんよ。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年11月20日up
 不動産実務検定の1級と2級に同時合格!内容と背景、感想のまとめ!

FP(ファイナンシャル・プランニング技能士)検定

続いてご紹介するのは、FP(ファイナンシャル・プランニング技能士)検定。国家資格の一つでもありますが、「1級」と「2級」が用意されています。

また、これとは別に「日本FP協会」が運営する「AFP資格」、その上級版の「CFP資格」もあります。

FPは、人生のライフプランをお金という観点から設計していくというもので、不動産に限らず、さまざまな金融商品や保険、年金といった、多種多様な商品について学ぶことが出来ます。また、人生の中のライフイベントをふまえ、いつどんな出費があり、どのように備えていくべきかを考えたり、住宅ローンや保険の設計をどう考えるべきか・・・など、「人生とお金」というテーマ全般についてを学習することが可能です。

「不動産投資」も、単なる投資として位置づけるだけでなく、人生全体の中でどうあるべきかを考えることが重要。だって、人生を輝かせるための不動産投資であるべきですからね。

FPは、不動産についてのみを学ぶものではないので「不動産投資」に直結するとは言い難い側面もありますが、不動産も含めた人生全体のプランニング、という点で、大いに学ぶべきところがあると私は考えています。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年7月9日up
 FP(ファイナンシャル・プランニング技能士)2級に合格!

■2018年1月21日up
 9分弱のミニドラマ映像、これなら「ファイナンシャルプランナーって、どんな仕事?」がわかりやすい!

宅地建物取引士(宅建)試験

最後にご紹介するのは不動産分野の王道、宅地建物取引士(宅建)試験です。これも国家資格ですね。合格率の低い難関資格としても知られています。

ホントに難しくて、最初に問題集を見た時「なんじゃ、こりゃ!」と思ったこと、今でも覚えています。日本語の文章なのに何を言っているのか全くわからないという。宅建は生半可な気持ちでは受かりません。でも、それだけにやりがいのある資格。

不動産投資そのものについての学習というよりも、不動産の仕組み、不動産取引全般についての学習になります。

重箱の隅を突くような問題も多く、覚えることもたくさん。でも、歯を食いしばって頑張ることで、少しずつ覚えていきますし、やっているうちに「あー、これってこういうことなのか!」とか、不動産について見えてくることがたくさんあるんです。

また、意外な効果として言えるのではないかな・・・と思うのが、不動産投資を進めていくにあたって「宅建士合格」という肩書は、不動産業者とのコミュニケーションに役立つような気がします。営業マンも、「この人、宅建もってるのか!」と、より違った対応になる可能性もあります。「この人には、ちゃんとした説明をしなくちゃ!」となるかもしれないし、逆に「この人は勉強している人だから、より高度な提案ができるかも!」となる可能性も考えられますよね。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年11月29日up
 宅地建物取引士(宅建)試験に合格! 内容と背景、秘訣と感想のまとめ!

その他の資格は?

というわけで、3つのオススメ資格をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 前述の通り「不動産」はとても幅広い範囲を扱うもので、上記の3つを見ても、それぞれ取り扱う範囲だったり、切り取る角度が違っていたりしますよね。

「不動産」をテーマに見ていくと、他にもたくさんの検定や資格があります。

不動産鑑定という観点もあれば、不動産管理という観点もあり、また、賃貸経営に特化したものもあれば、住宅のメンテナンス、不動産営業スキル、あるいは相続や承継に焦点をあてたものも・・・。ホントにたくさんあるんですよ。

でも、やたらと難しかったり、合格までに要する時間が長すぎたり。という意味では、私はオススメに入れませんでした。検索するとたくさん出てくるので、もし興味のある方は、調べてみるといいかと思います。

もちろん、実践して経験を積み、経験から学ぶということも大事。でも不動産投資は高額なだけに、おいそれと失敗できないのも事実。だからこそ大いに勉強することが大切だと私は考えています。以上、何らかの参考になれば幸いです!

■不動産の売却や投資でお悩みの方へ

不動産の売却や活用、不動産投資のことでお悩みではありませんか? ファイナンシャルプランナーの国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士2級」と日本FP協会認定「AFP」資格をもち、宅建士資格合格、不動産実務検定1級、「事業承継・M&Aエキスパート」の合格者でもある私(渡邉)が、みなさんの相談に乗ります。もし相談したいことがありましたら、「お問い合わせ」窓口より、お気軽にご連絡下さい。
詳細について

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク