経営者になる3つの道|ゼロから起業か、昇進か、M&Aで会社を買うか

シェアしていただけると嬉しいです!

今回のテーマは、経営者になるための方法について。皆さんは、「会社の経営者になりたい」と考えたことはありますか? 私は24歳で会社の経営者となり、その後14年ほど会社を運営してきました。

企業の経営者になる道にはいくつかありますが、

(1)会社に入って、昇進を重ねて社長になる
(2)自ら起業して、会社の社長になる

という2つの方法が、今までのあり方でした。




「300万円で小さな会社を買う」という方法

でも、「経営者になるための道は、その2つだけなの?」と、一石を投じたのが、いま注目のビジネス書「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」。

2018年4月に発売されてから、わずか3ヶ月足らずで8万部を売り上げたというベストセラーです。資産運用を考えるサラリーマンたちを中心に、いま大きな注目を集めているようです。

詳しい内容や感想はこちらをどうぞ。

2つの事業買収を経験した私が「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」を読んでみた
今回ご紹介するのは「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本。 副題に「人生100年時代の個人M&A入門」とあるよう...

経営者になる道はさまざま。会社を買う=M&Aも手法の一つ

同書の特徴は「経営者になる道」として、上記2つの方法とは別に、第3の道があるでしょう? と主張しているところ。

それはズバリ、
(3)会社をM&Aで買収して、オーナー経営者になる
という道です。

題名にある通り、「300万円でも買える会社があるよ」と。

ゼロから立ち上げる「起業」には様々な困難があるけれど、すでに利益の出ている会社を買ってしまえば、もうその瞬間から利益が出ている状態だよ、と著者は言います。

なぜか注目されなかったのがM&Aによる手法

「えっ、そんなこと可能なの?」と思う人が多いでしょうか。
でも私自身、今まで(2)と(3)を両方とも経験してきました。

私は24歳で起業をしました。(2)ですね。
その後30代で、事業の買収を2つほど経験しました。(3)ですね。

その2つとも経験してきた私としては、「なぜ今まで(3)が注目されなかったんだろう?」と思うくらい。

この、
(3)会社をM&Aで買収して、経営者になる
という方法は、とても魅力的な手法なのに、なぜか注目されずにいた手法なのです。

M&Aで会社を買う。ゼロからイチを作り上げる起業とは異なる魅力

「いつか起業したい」という人は多いです。
でも、「なかなかネタがなくて・・・」という人も多いです。

そういう人に私がいつも言っているのは、まさに(3)の手法です。
自分のやりたいネタが無いのなら、すでにあるものから選べば良いのでは? と。

これは本日の日本経済新聞の広告。
何人かの書評コメントが掲載されていますが、一番右にある1人目のコメントは、私です。

掲載されたコメントはこちら。

起業とM&Aを両方経験しました。初月から利益が享受できるM&Aは、資本主義のルール違反と感じられるくらいに奇跡的。ゼロイチ起業で味わった苦労は何だったの?

元は、twitterに投稿した以下の内容でした。

(2)の「自ら起業して、会社の社長になる」というのも魅力的ですが、(3)の「会社をM&Aで買収して、経営者になる」というのも、また異なった魅力があるのです。今までは、(2)の魅力ばかりが喧伝されてきた気がします。

「M&Aによる起業」という新しい道

いま、書籍「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」がすごい勢いで注目されています。

今まで経営者になる道と言えば、
(1)会社に入って、昇進を重ねて社長になる
(2)自ら起業して、会社の社長になる
が主流でした。

でも
(3)会社をM&Aで買収して、経営者になる
という方法もあるんですよね。

どんどん社会が流動化する中にあって、ぜひ注目されてほしい手法だなと思います。

中小企業の買収にチャレンジしてみたいなら

また、実際に中小企業の買収にチャレンジしてみたいという方は、実際にM&A会社に接触してみることをオススメしています。でも「実際に接触する」ことのハードルが高いとお感じの方も多いと思います。そういう方には、ウェブ上のM&Aサイトへの登録をオススメしています。

例えば、このサイト。中小企業に強いM&A仲介会社、株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)が運営するもので、「会社を売却したい」という案件の一覧を見ることができるWEB上のプラットフォームです。

無料で登録をすることが可能なので、中小企業の買収に少しでも関心のある方は、ぜひ登録をされてみると良いと思います。私自身、2件の買収をしてことがありますが、こうしたサイトから情報を得る中で得られたノウハウや情報も多かったです。

「起業して経営者になる」以外にも道はある

ゼロから起業して創業経営者になる道もありますが、M&Aでオーナー経営者になる道もあり・・・。

もちろん、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。
この2つの両方を経験してきた私としては、ぜひ今後もブログでその魅力を語っていきたいと思っています。

興味のある方は、ぜひ「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」オススメします。

2つの事業買収を経験した私が「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」を読んでみた
今回ご紹介するのは「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本。 副題に「人生100年時代の個人M&A入門」とあるよう...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする