『ファンランへの招待(もっと楽しい走り方)』

シェアしていただけると嬉しいです!

ファンランへの招待(もっと楽しい走り方)
(衿野 未矢 著、中央公論新社 (2009年04月発行)
 
☆ 今回のポイント ☆ <簡単な内容紹介>

■内容紹介(アマゾン「BOOK」データベースより)
マラソンには「耐」や「孤」の字がよく似合う、はもう古い!記録よりも走ることを純粋に楽しむ人々によって迎えた空前のブーム。ファンラン実践歴七年の著者が、その一端を紹介する。

 


 
 
     □     □     □
 
 
今回ご紹介するのは、
ジョギングを楽しんでいる全ての人におすすめしたい一冊。
また、ジョギングをしていなくても、
「ジョギングに興味があるけど、始めようかどうか迷っている・・・」
そんな人には、なおさらおすすめの本です。
 
 
     □     □     □
 
 
ジョギングやマラソンの本というと、
コーチや監督、プロランナーによる著書が多く、
その多くは、練習法だったり、スピードを上げる方法だったり、
筋肉の鍛え方や、マラソン大会での技など、
割とテクニカルなものが多く見受けられます。
初心者からすれば、まだまだ先の別世界、という印象すら
受けるケースがあるように思います。
 
 
     □     □     □
 
 
それに対して本書の特徴は、
「スピードや記録などを追いかけるのではなくて、
 ジョギングそのものを楽しみつくそうよ!」という内容であること。
ある意味では、
ある普通の個人のマラソン好きを語っただけの本(笑)なのですが、
(でも、相当ハイレベルなファンランでいらっしゃいます)
スピードとか練習法とかを省いてしまって、
純粋に走ることを楽しもう!というスタンスの本。
こういう本は、今まで、なかなか無かったと思います。
 
 
     □     □     □
 
 
イメージとしては・・・、
「フルマラソンで3時間を切るには?」などの本が多い中で、
「私はフルで5時間以上かかるけど、
 3時間ランナーよりも、2時間も長く楽しんじゃってる! 楽しい!」
みたいなノリです。笑
そして、その具体的な楽しみ方も満載。
 
 
     □     □     □
 
 
しかも、かなりお酒好き、旅行好きということもあって、
(そのお酒好きぶりについては、
 著者のご自宅で開かれる飲み会のネーミングが、
 お名前である、「えりの・みや」様から取って、
 「えり飲み屋」と命名されている程だそうです)
ジョギングだけでなく、
それに付随したかたちでの、お酒、旅行、温泉・・・、
そういった趣味と、人々との交流の楽しみとを両立させた、
そんなライフスタイルが、非常に楽しくワクワクする感覚で展開されています。
特に若い女性が読めば、
思わず「ねえさん!」と、慕いたくなるのではないかと思います。
特に酒好きランナーは必読です。
(余談ですが、
 正直なところ、酒好きの多いランナーにとって、
 「酒を絶て」というのは、適切なアドバイスとは思えません)
 
 
     □     □     □
 
 
ものすごく軽く読めますが、
とにかく「人生を楽しみ尽くすためのジョギング!」という位置づけがなされ、
読んでいて、とても楽しくなる本です。
ジョギングの楽しみの原点があるような気がしました。
「純粋に楽しい」という原点。これは本当に大事ですよね。
 
 
     □     □     □
 
 
その原点から逸脱してしまったような、
しかめっつらしているシリアスランナーの方で、
もし記録が伸び悩んでいるような方があれば、
ぜひ読んでみると良いのでは? と思いました。
楽しくなければ、趣味とは言えませんからね・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
ジョギングを始めようか悩んでいる方にも、ぜひおすすめです。
「楽しそうだけど、大変そう」と思っている方には、
「大変そう」な情報があふれるなかで、
「楽しそう」な情報をたくさん伝えてくれる、非常に良い稀有な本だと思いました。
 
 
■追伸:
著者の方の当該ブログ記事は、こちらです。
 
 
 2009年6月22日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク