松田龍平さんがインドネシア映画「ザ・レイド2」に出演へ

シェアしていただけると嬉しいです!

俳優の松田龍平さんが、
インドネシア映画「ザ・レイド2」に出演するとのニュースがありました。
松田龍平さんにとって、海外映画の初出演作品となるようです。

在インドネシアの日本人ヤクザ役。
映画の公開は2014年の予定です。

撮影はすでに1月19日からスタートしていて、
松田龍平さんのジャカルタ撮影は、6月13から18日とのこと。

俳優の遠藤憲一さん、北村一輝さんも、同時に出演されます。

「ザ・レイド2」に出演する、左から遠藤憲一さん、松田龍平さん、北村一輝さん
【写真:「ザ・レイド2」に出演する、左から遠藤憲一さん、松田龍平さん、北村一輝さん(映画.comサイトより)】


 
 
     □     □     □
 
 
前作の「ザ・レイド」は、全米でも公開され、
世界各地の映画祭で多くの賞を獲得した作品です。

続編である今作は、期待度が高い作品ですね。

ここのところ映画出演の続き、ノリに乗っている松田さん。
しかもそれが「インドネシアの作品」ということも相まって、
完成がとても楽しみな作品です。
 
 
     □     □     □
 
 
「映画.com」では、このように紹介されています。

松田龍平、インドネシア発「ザ・レイド2」で外国映画初出演!遠藤憲一&北村一輝も参戦 : 映画ニュース – 映画.com
俳優の松田龍平が、インドネシア映画「ザ・レイド2 ベランダル(仮題)」で外国映画初出演を果たすことがわかった。また、遠藤憲一と北村一輝の参戦も決定。3人は在インドネシアの日本人ヤクザ役に挑み、インドネシアマフィア、ジャカルタの汚職警官との三つ巴の抗争を繰り広げる。

実は、以前、松田さんとは別の映画で共演させていただいたことがあります。
といっても、単なるエキストラですが・・・(笑)。

撮影で、ご一緒させていただいた時、
松田さんの独特の雰囲気が、とても印象的でした。

沈着な中にも醸し出される重厚なオーラには、
私自身、強く圧倒されたのを今でも覚えています・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
ちなみに、前作「ザ・レイド」は、
インドネシアの伝統武術である「シラット」が取り上げられていました。

ザ・レイド : 作品情報 – 映画.com
解説
ジャカルタのスラム街を舞台に、警察の特殊部隊とギャングが繰り広げる壮絶な戦いを描いたインドネシア発のバイオレンスアクション。麻薬王が支配し、ギャングや殺し屋、ドラッグの売人の巣窟となっている高層ビルに、ジャカルタ警察のSWATチームが強制捜査に入る。しかし作戦の情報は筒抜けになっており、20人の隊員は無数のギャングを相手に激しい戦いを強いられ、ひとりまたひとりと命を落としていく。世界50カ国以上の軍隊で採用されている格闘術「シラット」を駆使したアクションシーンなどが話題となり、第44回シッチェス・カタロニア国際映画祭ほか世界各国の映画祭で高い評価を獲得。全米でも公開され、続編の製作やハリウッドリメイクも決定した。

今回は、俳優の遠藤憲一さんと北村一輝さんも出演されるそうです。

「在インドネシアの日本人ヤクザ役」という、実に面白い配役。
「インドネシアマフィア」、そして「ジャカルタの汚職警官」、
それぞれとの抗争が展開されるとのこと。
 
 
     □     □     □
 
 
アクション映画という中で、
成長の著しいジャカルタの都市がどのように描かれるか。
これも、映画を見る一つの楽しみですね。

松田さんは、こう語っています。

松田龍平、海外デビュー…来年公開インドネシア映画「ザ・レイド2―」:芸能:スポーツ報知
松田は「パート1は、とにかくアクションが満載で、その展開に息つく暇がないという感じでした。インドネシアを舞台にしたギャレス監督の描くグレーな世界に、どう入っていけるか楽しみです」と話し、ジャカルタ入りに心を躍らせている。

 
     □     □     □
 
 
松田さんをはじめとする日本人俳優が出演するということもあり、
「ザ・レイド2」は、日本でも高い関心を集めるのではないでしょうか。

インドネシアは、親日度の高さが際立っていることでも知られています。
映画のシナリオがどのような展開を見せるかわかりませんが、
日本とインドネシアの深い友情が感じられるような作品になっていると、
良いですね・・・。

期待大の作品です。
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク