10代から狩猟採集生活!という人物が書いた新刊「ぼくは原始人になった」

シェアしていただけると嬉しいです!

こんな人物がいたのか! と驚きましたよ。
「10代から狩猟採集生活を送る冒険家」がいたなんて。
11/4発売の新刊本「ぼくは原始人になった」。
amazonの内容紹介を見ると、次の通り。

腰布とサンダルというスタイルで狩猟採集生活を始め、荒野を走って過ごすことで知った、人間の驚異的な生命力と人生のすばらしさ!

見てください、これ。
表紙のインパクトは半端ないです。

ぼくは原始人になった

マット・グレアム,ジョシュ・ヤング 河出書房新社 2016-11-04
売り上げランキング : 77909

by ヨメレバ


     □     □     □
いま、インドネシアから一時帰国中です。
日本は、本当に本にあふれた国で、
一時帰国する時は、いつも移動中のスキマ時間を使って、
いろいろな書店に立ち寄るようにしています。
そんな中で「ぼくは原始人になった」を発見。
こんな人物がいたとはびっくり! いやはや世界は広い・・・。
     □     □     □
これを見て思い出したのは、次の3冊。

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

クリストファー・マクドゥーガル 日本放送出版協会 2010-02-25
売り上げランキング : 11693

by ヨメレバ

「人は走るために生まれてきた」と。
とんでもない距離を走り抜ける民族の話。

GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス[Kindle版]

ジョンJ.レイティ,リチャード・マニング NHK出版 2014-12-24
売り上げランキング : 3192

by ヨメレバ

続いて、続編ともいうべき書籍。
野生の体を取り戻せ! と。
そしてもう1冊。
これ、本当にオススメですよ。

人生生涯小僧のこころ

塩沼 亮潤 致知出版社 2008-03-10
売り上げランキング : 18334

by ヨメレバ

往復48キロ、高低差1,300mの山道を、
毎日毎日、16時間かけて、実に9年間もの長きに渡って、
継続して歩き続けるという、とんでもない修行の話。
この本は、ビジネスや人生にも通じる話で、
コツコツと継続することが、いかに偉大な成果をもたらすか、
本当によくわかる本です。
     □     □     □
体を使って、何かをする・・・。
これ、本当に大事なことだと痛感します。
自分自身、ジョギングをやっていて、その恩恵は本当に感じますし、
私の周りの運動家の皆さんを見ていても、
「自然にまみえて、体を使って運動することは、実に偉大だ」
ということを心の底から感じます。
私はインドネシアに住んでいますが、
8歳、7歳の子供たちを、
ジャワの高原の山歩きにつれていくのも、
この「運動習慣の偉大さ」ゆえです。
     □     □     □
しかしながら、10代から狩猟採集生活を送るって、
半端ないですよね。
そこから見えてくるものが、きっとたくさんあるのでしょう。
ぜひとも読んでみたい一冊です。
すみません、まだ読んでいないのにブログで紹介して。
でも、読む前から紹介したい・・・、
それくらいにインパクトのある一冊なのです。
■追伸:
私の知人で、シーカヤックで海を移動しながら、
島から島を、まさに狩猟採集スタイルで渡り歩くという人物がいます。
だいぶ前にお会いしたきりなのですが、やはりすごい人はすごい。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2008年1月21日up
 カヤックでフィリピンまで行ってみる(八幡 暁さんのグレートシーマンプロジェクトの話)

■著者について(amazonより):10代から狩猟採集生活を送る冒険家。ディスカバリーチャンネルの人気番組『デュアル・サバイバル(Dual Survival)』に出演し、多くのファンを得ている。エンターテインメント、スポーツ、ビジネス、科学、政治など、多岐にわたるジャンルを手がけるライター。共著のうち5冊がニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストにランクインしている。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする