やりたいことをやりとげたいあなたは要チェック! 新刊「“ありえない”をブームにするニッチ戦略」

シェアしていただけると嬉しいです!

今回ご紹介する書籍は、新刊「“ありえない”をブームにするニッチ戦略: パクチーハウス東京の10年」。

「自分がやりたいことを、絶対にやりとげたい!」
「他人のレールを走るのではなく、自分のレールを走りたい!」
という、元気なあなた。

そして、
「みんなに反対されて、自分に自信がなくなっている・・・」
「やりたいことで生き抜く自信がない」
というあなた。

いずれの皆さんに対しても、ぜひオススメしたい本です。

(現在は、Amazonの電子書籍「kindle」のみでの発刊です)

著者の佐谷さんは、私が尊敬する同世代経営者の1人。世田谷区の経堂にあるパクチー専門レストラン「パクチーハウス東京」の経営者です。

「できるか、できないか」ではなく「やるか、やらないか」が人生を切り開く大きな一歩であることを信じて疑わない私にとって、著者である佐谷さんは、非常に波長の合う経営者。何でもやってやろう!というアグレッシブさが半端ないのです。

誰かのレールに乗って生きるのか、自分でレールを引くのか

世の中には、前例にとらわれたり、社会の慣習に縛られたりしている人がたくさんいます。もちろん、それが悪いことだとは言いません。社会の秩序が保たれたり、あるいは家族の平和が保たれたりという側面もあるでしょう。

でも、もし自分のやりたいことが明確だったり、あるいは「自分なりに何かを成し遂げたい!」と強く願うなら、ぜひチャレンジすべきではないかというのが私の考えです。

そんな佐谷さんが、どういう発想をして起業に至り、起業してからの十年間をどのように戦ってきたのか。特にその「発想」や、「その行動を選択した理由」が非常によく伝わってくるのが本書です。

最初にお会いしてから十年が過ぎますが、そんな私でも「へぇ・・・」と思えるところがいくつも。そして、アグレッシブな佐谷さんならではの発想のスタイルが透けて見えてくる良書だと感じました。

「自分がやりたいことを、絶対にやりとげたい!」
「他人のレールを走るのではなく、自分のレールを走りたい!」
という、元気なあなた。

そんなあなたでも、
「みんなに反対されて、自分に自信がなくなっている・・・」
「やりたいことで生き抜く自信がない」
ということもありますよね。

そんなあなたには、実に刺激にあふれた本になっているはず。短いのに、とっても大事なことをコンパクトに伝えてくれるオススメ本。私もあらためて刺激を受けましたよ。

思いつきのアイディアのようでいて、きちんと結果を出せるすごさ

本当にアイディアマンで、何か思いつくと「さぁ、やってみよう!」という行動力が半端ない。例えば、これ、見てください。彼の経歴に付記されているものです。

■その他関わっていること

・日本パクチー狂会会長(2005年7月1日~)
・Chairman of International Paxi Organization(IPO)(2006年8月9日~)
・パクチー銀行頭取(2007年1月1日~)
・日本手食協会理事長(2010年2月19日~)
・全国がビアガーデン協議会総裁(2010年6月20日~)

ふざけていると思います? 普通はそう思いますよね。

でも・・・ですね。この十年の彼の活動を見てきた私だからこそ言いますが、これらの肩書を名乗ることで、さらにさらに彼は活動の幅を広げることに成功できているんです。なんでもやってみるものでしょう?(ホントなんです)

最後に、特に印象に残った部分を抜粋してご紹介しましょう。皆さん、ぜひ読んでみてください。そして「なるほど!」と思った方は、ぜひ経堂の「パクチーハウス東京」を訪れてみて下さい。佐谷さんとおしゃべりしてみて下さい。

お店に行って、実際に「パクチーハウス」を体験してみると、必ずや本書をもう一度はじめから読みたくなること、間違いなしですよ!

■印象に残った部分:

人と違う考えでも、自信を持って主張することで初めて認められる—。これは僕が旅を通じて、文化の異なる人たちとたくさん出会ったことで気づいたことです。誰がなんと言おうと自分のしたいことをするのは絶対的に大事で、規模の大小は関係ありません。独自の世界観を持つことで、世界に通じることができると思っています。

「いいね!」が少なくても信念を貫き、視野を広くして世界のどこかに同志を見つけるということです。そのために必要なのは情報発信を続けることと、目先をコロコロ変えずにしつこく対象を追っていくこと

トレンドを追うことは、「時代を作る」という観点から最も真逆な行為だということがわかると思います。しつこく行動を繰り返せば時代ができちゃうかもしれません。

■内容紹介(amazonより)

「ありえない」とされたパクチー料理専門店。ビジネスとして成立させるだけでなく、唯一無二の場所として確立させるためにしてきた工夫とは。マニアックと言われようと「パクチー料理」というジャンルを勝手に作り、それを広めるためにしていたのはパクチーを愛することだけでなく、世の中の全ての現象をパクチーと結びつける強引さであった。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2008年1月1日up
 旅と平和、佐谷恭社長(日本パクチー狂会会長)とのお食事

■2009年12月1日up
 「パクチーハウス」で「手食」で味わう「地球を救うカレーライス」

■2010年6月17日up
 「手食特集」(雑誌「ソトコト」6月号)iPhoneをいじる我が娘が全面カラーで登場

■2015年8月3日up
 マーケティング領域にまで広がる、手で食べる「手食」の楽しみと喜び

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク