ついに1万部を突破!!「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアに関する入門書の一つ、「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」が、ついに1万部の大台を突破しました。

正直なところ、そもそも「インドネシアに関心がある」という人は限られているはずで、「インドネシア本」というのは、それほど多くの部数が期待できるジャンルではありません。

しかも、折からの出版不況で「ビジネス書であれば1万部も出てば合格」と言われている中、なんとか1万部をクリアできたことは本当にびっくり。

望外の喜びです・・・と書くと「?」と思われる人もいるかもしれませんが、はい、わたくし、共著者の一人でございます。最初に「本が出る」と決まった時、私の中の目標は「まずは1万部」だったので、今回の1万部突破は本当に嬉しいです・・・。

あるインドネシアイベントで、知人が手作りで作成してくれたPOP。嬉しい!!
【写真:あるインドネシアイベントで、知人が手作りで作成してくれたPOP。嬉しい!!】




「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」の内容は?

本書が出たのは2013年11月のこと。私がインドネシアへ移住してから、すぐのことでした。新たに住み始めたアパートの中で、必死になって書きました。だから本当に思い出深いです。

■内容紹介
2億人を超える人口を誇り、若い力が国をけん引するインドネシア。
空前の企業進出ブームにある中で、ビジネスの現状、政治経済情報、進出の手引き等々を、マンガとわかりやすい解説でコンパクトにお伝えします。

■出版社からのコメント
世界第四位の人口、アジア通貨危機以降の安定したGDP成長、豊富な天然資源、爆発する内需、世界最大のイスラム教国。 いま、空前のインドネシア進出ブームが到来している。 インドネシアに進出済みの日系企業は、2010年の1000企業から2012年には1200企業へと急激に増加しており、合わせて在留日本人の数も2010年の1万人から2012年には1万2千人となっている。首都ジャカルタでは、トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、ヤマハが所狭しとクラクションを鳴らして走っている。2012年末にはトヨタの首脳陣がユドヨノ大統領を訪問し、今後さらなる投資を行っていくことを発表した。工場地帯付近に人が増え、新しいモールが立ち上がり、新しいアパートができる。トヨタを支える自動車部品メーカーが大挙して押し寄せ、さらに人が増え、新しいモールが立ち上がり、新しいアパートができる。そして、雇用が生まれる。 このように勢いよく変化するインドネシアにおいて、日本は常に大きな存在感を放つ国である。上記の自動車はもちろんのこと、あらゆる「日本」がインドネシアの生活に密に存在している。 インドネシア。 新しい市場へ、ようこそ。

■内容(「BOOK」データベースより)
2.5億人の若い市場が待っている!ASEANの雄への進出はまさに今!豊かな資源を持つ海上の大国が、インフラを整えた。安定的なGDP成長と、磐石な政情で安心。圧倒的親日国で、仕事がしやすい。身近なイスラム教徒の国からイスラム市場への進出も。

amazonで、読者からのコメントを見ると、最近の投稿では、

「アジア各地に支社がある会社に勤めているこの友人の会社では、海外赴任前にこのシリーズ本を読むのが定番になっているそうです」

なんて書いてくださっている方もいて、本当に嬉しいな・・・と。

縁をつなぐツールとしての側面も

最初に本書が出たのは2013年11月なので、すでに4年半が経過。それだけの時間がかかっているのに、まだ1万部・・・という状況。

正直なところ、それほど売れている本ではありません。でも、4年半が経過してなお「増刷」が決まるということは、ジワジワと末永く売れ続けているということ。本当に嬉しいし、本当にありがたいものだなと思います。

実際にインドネシアで暮らしている中、インドネシアへの出張者に出会うと「えーっ、あの本の方なんですか! 私、いま手元に持ってきてますよ!」なんて言われたり、「あ、あの本? 私読みましたよ!」という反応をいただくことがあります。

私は「インドネシアLove!!」な方が好きで、本書をきっかけにインドネシアを好きになってくれる方がいたり、あるいは、本書をきっかけにして出会うことができた方もいたりして、まさに「縁をつなぐツール」になっていることは、とても不思議な気分です。

そうそう、インドネシアからも「ぜひインドネシア語版を出してくれませんか?」なんて声もあったりするんです。

もしまだご覧になっていない方があれば、ぜひご覧ください。また、お知り合いで「インドネシアへの出張予定がある」という方があれば、ぜひご案内いただければ有り難いです!

「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」の表紙
【画像:「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」の表紙】

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年11月2日up
 「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」書きました。
■2013年11月6日up
 「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」、ついに実物が完成!!
■2013年11月9日up
 週刊「Lifenesia」で書籍「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」が紹介されました。
■2013年11月20日up
 「マンガで3時間でわかる本」東南アジアシリーズ・フェア開催中
■2013年12月7日up
 【12/20(金)代々木】書籍「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」食事交流会
■2014年2月6日up
 「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」シンガポールでも発売中!!
■2014年5月15日up
 「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」増刷されました。
■2014年10月23日up
 「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」さらに増刷されました。
■2015年6月28日up
 「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」1年半で3度目の増刷に
■2016年6月13日up
 4回目の増刷に感謝!!「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本」

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする