サムスル渡邉裕晃:社長ブログ

photo
メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul's Choice】
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

『モノを捨てよ世界へ出よう』 (高城剛さんによる海外生活のススメ)

2012年2月 1日
このエントリーをはてなブックマークに追加  Check 

モノを捨てよ世界へ出よう
高城 剛 著、宝島社 (2012/1/23)

☆ 今回のポイント ☆ <簡単な内容紹介>

■内容紹介(amazonより)

いまや海外で生活するのは近所に引越しするのと同じくらいカンタンだ! 一年のほとんどを海外で生活する高城剛が、オススメの都市や海外生活サバイバル術、最先端の学校、さらには混迷の時代を生き抜くための秘訣までを伝授します。未来に不安を感じている方、海外移住、短期留学をお考えの方にオススメしたい一冊です。

■内容(「BOOK」データベースより)

1年の3分の2を海外で生活する高城剛が贈るサバイバル時代を生き抜くための世界移住ガイド。混迷の日本を脱出して、いまこそ海を渡ろう。

 
 
     □     □     □
 
 
高城剛さんの新刊本を読了。

彼の国境を越えたライフスタイルは、つくづくうらやましく思う世界。
十数年前に彼の講演を聞いたことがあるのですが、その時の衝撃は、今でもよく覚えています。

・とにかく話のスケールが大きい。
・とんでもない発想力!
・話すスピードがすごい。
・全ての話が面白い!

その背景には、彼の行動的なライフスタイルにあるということが、
本書を読んでいても、つくづく感じられる内容となっています。
 
 
     □     □     □
 
 
「まずは海外で1ヶ月生活してみようよ」という提言の本。

そして、
「世界で複数の拠点を移動しながら生活することは楽しいよ」という内容になっています。

そこには、どんなメリットがあって・・・、
そのためのハードルは、こうやってクリアしようよ・・・という展開。

「お兄さんのおしゃべり」という感じ(良い意味ですよ)。

軽い内容で、雑誌を読むように、一気に読めます。
 
 
     □     □     □
 
 
これからの日本、そして世界。

激変する世界ですが、
この激変は、さらにジワジワと進んでいく確信があります。

そんな中、ずっと日本だけで暮らし続けるとか、
ずっと、1つの企業の中だけで仕事をしていくとか、
そういう従来のライフスタイルは、次第に姿を変えていくはず。
 
 
     □     □     □
 
 
特に私の場合は、混血ということもあり、
同じ国の中だけで世界観を構成することには、とても違和感があります。

これからの長期的な世界を見据えた上で、
どんな生き方をしていけば、もっと楽しくなるか。

もちろん、その答えは自分の中にしかないわけですが、
そのためにも、「まずは1ヶ月海外で暮らしてみようよ」という提言には、
大きく同意できます。
 
 
     □     □     □
 
 
「だから海外に長期滞在してみるべきだ!」という本書の主張には、
その「なぜならば・・・」の部分が意外と弱く、
(同じ根拠付けの繰り返しが多く)
ともすれば、強引な主張展開にも見えるのですが、

でも、本書の読み方は、
「あえて、そこを突っ込まないこと」だと私は考えます。

読み進めながら、
「自分だったらどうやったらそういう生活スタイルに至れるだろう?」と
考えてみるきっかけとして、ぜひどうぞ。
 
 

■目次

はじめに PROLOGUE

CHAPTER1 沈む国ニッポン
 甚大な被害の3.11、それ以降日本は復活したのか?
 【日本の問題点1】絶望的に遅い日本の政治システム
 【日本の問題点2】急激な円高、経済基盤の脆さ
 【日本の問題点3】自浄作用を失ったマスメディア
 問題だらけの日本、では日本に生きる我々はどうサヴァイブするべきか
 ...ほか

CHAPTER2 海を越えた先に待つすばらしき世界
 幕末の状況とそっくりな現代ニッポン
 維新志士たちの格言:坂本龍馬
 維新志士たちの格言:高杉晋作
 維新志士たちの格言:福沢諭吉
 維新志士たちの格言:陸奥宗光
 ...ほか

CHAPTER3 海を渡るのはとにかくカンタンだ!
 海外へは行きたいが数多くの不安要素がある
 【ケーススタディ1】国の許可なしに長期滞在は可能なのか?
 【ケーススタディ2】居住地はどのように設定するのか?
 【ケーススタディ3】英語力に不安がある場合はどうすればいいか
 【ケーススタディ4】いまの日本での仕事はどうすればいいか
 ...ほか

CHAPTER4 高城剛的 オススメ海外スポット
 ニューヨークでのはじめての長期滞在
 僕が海外で生活することを決意した理由
 モノを捨てて僕は何を得たのか
 理解者のいなかった2007年、理解を得られた現在
 高城的国選びのポイントとテクニック
 ...ほか

CHAPTER5 洋行経験者が日本を変える
 個人の力の時代がやってくる
 日本を覆う古いシステムを打破しなければならない
 質の高い情報力を身につける
 二地点居住をしながらサヴァイブ力を養う
 パラダイムシフト ?未来は大きく変わる?
 ...ほか

あとがき EPILOGUE

世界留学先リスト


 
■著者について

高城 剛 (たかしろ つよし) プロフィール (amazonより)

1964年葛飾区柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。著書に『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。自身も数多くのメディアに登場し、NIKE、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。2008年より、拠点を欧州へ移し活動。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTV シニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。現在メールマガジン『高城未来研究所』を発信中。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高城 剛
1964年葛飾区柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。2008年より、拠点を欧州へ移し活動。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


 
 
 
 2012年2月1日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスル
ダンボール専門ECサイト】「オーダーボックス・ドットコム
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • この記事をブックマークに追加!
  • このエントリーをtwitterする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加するはてなブックマーク - 『モノを捨てよ世界へ出よう』 (高城剛さんによる海外生活のススメ)
  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加する
  • このエントリーをGoogleBookmark に追加
  • このエントリーをイザ!に追加する
  • このエントリーをnewsingに追加する
  • このエントリをニフティクリップに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • このエントリをFC2ブックマークに追加
  • このエントリをFC2ブックマークに追加
Google+


2012年02月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
■ブログ内の記事を検索
 ダンボールのことなら、オーダーボックス・ドットコム