サムスル渡邉裕晃:社長ブログ

photo
メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul's Choice】
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

インドネシアのLINEの快進撃はどこまで続く?ユーザー数は2年で2倍へ

2016年3月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加  Check 

3月24日に舞浜で開催された、LINEの事業戦略発表イベント
「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」。

現在の事業の状況や、今後の方向性、
新たなサービスなどが発表されたイベント。
LINEはインドネシアでも着実に成長をとげていて、
現地の代表的メディア「Kompas」でも、取り上げられていました。

インドネシアでは、LINEに限らず、
WhatsAppやBBM、facebookのメッセンジャーなど、
様々なコミュニケーションアプリが活発に利用されています。

そんなインドネシアの競争の中、
LINEはインドネシアを注力エリアと見て、果敢に取り組んでいるようです。

「インドネシアの名前がLINEカンファレンスで何度も呼ばれる」と題するKompas記事より【画像:「インドネシアの名前がLINEカンファレンスで何度も呼ばれる」と題するKompas記事より】

     □     □     □


今回のKompas記事は、

「インドネシアの名前がLINEカンファレンスで何度も呼ばれる」"Indonesia" Berkali-kali Disebut di Hajatan Akbar Line - Kompas.com(24 Maret 2016 | 17:34)

というもの。内容は次の通りです。

LINEは「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」と題する毎年恒例のイベントを2016年3月24日に開催した。

興味深いのは、様々な国から集まる参加者たち、約2000人のビジネスパートナーやメディアパートナーを前にして、CEOの出澤剛氏が何度も「インドネシア」という名前を呼んだことだ。

出澤氏によれば、インドネシアは月間アクティブユーザーの成長が最も高い国の一つとなった。

LINEが伝えた情報によれば、現在LINEアプリに登録されているインドネシアのユーザー数は6000万アカウントに達する。

「2014年から2016年にかけて、インドネシアの月間アクティブユーザーの成長は200%を超えています」と、「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」の席上で出澤氏は語った。

それに加えて、インドネシアのビジネスユーザーに向けたLINEサービス、つまり「LINE@」についても、出澤氏によれば急速な成長をとげているという。インドネシアで開設されている「LINE@」のアカウントは100万を超えている。

「このアプリはインドネシアで急速に成長しています。現在すでに100万のLINE@アカウントがあるのです」と語る。

出澤氏によれば、インドネシアの「LINE@」利用者の数は他のアジアの国々よりも多いという。

具体的には、インドネシアにおける「LINE@」のユーザー数は、101万8634アカウントに達する。一方で、隊は47万5497アカウント、台湾は38万5832アカウントとなっている。


     □     □     □

上記スピーチによれば、
インドネシアのLINEユーザー数は6000万アカウント。
「LINE@」のアカウントは100万を突破したとのこと。

これがどれくらいのインパクトかというと、
日本では、2016年1月1日現在(確定値)で、
LINEの国内利用者数は6800万人と発表されています。
インドネシアが日本を超えるのは時間の問題。

また、インドネシアで100アカウントを突破したとされる
「LINE@」について見てみると、
2015年9月末時点での国内累計アカウント数は60万件とされていて、
インドネシアが日本の2倍近くになっていることがわかります。


     □     □     □


数年前まで、インドネシアのコミュニケーションアプリといえば、
BBM(ブラックベリー)が圧倒的なシェアをもっていました。

その後、さまざまなアプリが出てくるにつれてシェアは変化。

私自身インドネシアで暮らしていての体感値として言えば、
以前はSMSやブラックベリーの利用が多いなという印象で、
LINEは後発としての出遅れを余儀なくされているような感触でした。

しかしながら、その後はBBMを使うユーザーは減って、
私の周りでは、WhatsAppを使う人の割合が増えていきました。


     □     □     □


以前までのLINEは、
どちらかというと、日本好きのインドネシア人、
あるいは日本の友人が多いインドネシア人に
利用されているような感覚がありました。

でも最近は、日本との関わりいかんを問わず、
次第にシェアを伸ばしているようです。

先月のブログでも紹介しましたが、
インドネシアの主要メディアである「Kompas」も、
LINEを使ったニュース配信をスタートさせています。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年2月3日up
 インドネシア有力メディア「Kompas」がLINEを使った情報発信をスタート


     □     □     □


そもそもLINEがインドネシアを注力エリアと見ていることについては、
昨年7月の業績発表コメントでも明らかになっていました。

【コーポレート】2015年4-6月期、業績についてのお知らせ | LINE Corporation | ニュース
LINE株式会社 代表取締役社長 出澤剛のコメント: 2015年の戦略キーワードの一つである「グローバル展開」については、徹底したローカライズにより、各国ごとに着実にトップシェアを獲得していくことに注力しており、なかでも注力地域であるアジア地域では特にインドネシアにおいて成果を出してきています。引き続き、インドネシアでのトップシェア獲得のための活動を行いつつ、インドネシアで習得した海外におけるユーザー獲得ノウハウの応用や、軽量版LINE「LINE Lite」の提供などにより新たな地域でのシェア獲得を推し進め、グローバル展開をさらに加速してまいります。

世界戦略の中でも、

「なかでも注力地域であるアジア地域では
 特にインドネシアにおいて成果を出してきています」

という、これだけの強いコメントを出していることには、
それだけの意気込みを感じさせます。

市場として見た時のインドネシアの大きさと可能性に加えて、
現在すでに着々とシェアをあげていること、
その手応えもあっての強調ということなのかもしれません。


     □     □     □


インドネシアにおけるインターネットマーケットは
これからも伸びていくことが確実視されています。

LINEがどのようにしてユーザーの支持を集め、
「常に使い続けてもらう」ための策をどう打っていくか、
それに対して、インドネシアの人々がどう動いていくか・・・。

インドネシアのインターネット市場を見据える上で、
今後も注目すべきテーマです。


(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年2月11日up
 インドネシアのヒット映画「ビューティフル・デイズ」の続編が2016年4月に公開へ

■2016年2月16日up
 インドネシアのLINEが「LGBT」をテーマとするステッカーを削除へ


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • この記事をブックマークに追加!
  • このエントリーをtwitterする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加するはてなブックマーク - インドネシアのLINEの快進撃はどこまで続く?ユーザー数は2年で2倍へ
  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加する
  • このエントリーをGoogleBookmark に追加
  • このエントリーをイザ!に追加する
  • このエントリーをnewsingに追加する
  • このエントリをニフティクリップに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • このエントリをFC2ブックマークに追加
  • このエントリをFC2ブックマークに追加
■twitterでフォローする ■facebookでフォローする
  ■RSSリーダーでフォローする follow us in feedly
■著書の紹介「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本 」
インドネシアの基礎が簡単に概観できる入門書。2013年11月に発売以来、3回の増刷を迎えました。明日香出版社さんの人気シリーズ「マンガで3時間でわかる」シリーズの一冊です。
PVアクセスランキング にほんブログ村


2016年03月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 ダンボールのことなら、オーダーボックス・ドットコム