イケア、被災地支援でおもちゃを乗せたバスを巡回へ

シェアしていただけると嬉しいです!

イケアといえば「インテリア」が有名ですが、
「子供向けのおもちゃ」に対する力の入れようも、なかなか際立ったものがあります。

そんなイケアのおもちゃを満載したバスが、
2012年7月3日から、宮城県石巻市を中心に巡回するというニュースがありました。

「Happy Play Bus」(ハッピー・プレイバス)というもので、
被災地の子供たちに、遊びの機会を提供する狙いがあるそうです。

これ、とても良い取り組みですよね!
 
イケアのハッピー・プレイバス
【写真:イケアのハッピー・プレイバス(「流通ニュース」より)】


 
 
     □     □     □
 
 
記事には、こう書かれています。

イケア/被災者支援で子供向け遊具、バスで巡回 | 流通ニュース
東日本大震災の被災地を継続的に支援する「東日本こどもプロジェクト」の取り組みの一環で、遊び用具を積んだバスを巡回することで、被災地の子どもたちに遊びの機会を提供する取り組み。
被災地の保育園を中心に、実際にイケア・ジャパンの従業員が各施設をバスで訪問し、自社商品の遊び用具を使い、子どもたちと遊ぶという。

我が家の子供たちも、イケアのおもちゃが大好きで、
(4歳と3歳です)
イケアの店舗に行くと、必ず「イケアキッズ」のコーナーに立ち寄ります。

さすがイケアと言うべきか、
素朴で自然な味わいのある、愛すべきおもちゃが多いのです。
 
 
     □     □     □
 
 
そんなおもちゃの数々ですから、
被災地の子供たちの元に「Happy Play Bus」が来たら、
子供たちは、きっと大喜びになるに違いありません。

1台だけでは回りきれないような反響になるのでは?
とすら、思います。
 
 
     □     □     □
 
 
この「Happy Play Bus」は、記事にもあるように、
イケアが取り組む被災地支援活動、
「東日本こどもプロジェクト」の取り組みの一環です。

イケア「東日本こどもプロジェクト」
これ、理念がとても良いのです。
 
イケア「東日本こどもプロジェクト」
【画像:イケア「東日本こどもプロジェクト」ページ】
 
このページでは、

イケアのビジョン「より快適な毎日をより多くの方々に」にもとづき、イケア・ジャパンは震災直後から、微力ながらも東北における復興支援活動を行ってきました。私たちで出来ることはまだまだあるはず、との思いから、このほど「東日本こどもプロジェクト」を立ち上げ、子どもたちの笑顔あふれる未来を応援していきます。活動内容は随時本ウェブサイトにてご紹介してまいります。

と、ミカエル・パルムクイスト社長のコメントが紹介されています。
 
 
     □     □     □
 
 
イケア好きだからかもしれませんが、
イケアのおもちゃを満載したバスが被災地を回る・・・。

特に被災地の子供たちのことを考えれば、
それこそ、夢のような乗り物と言えそうです。

ワクワクするでしょうね・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
私たちは「買いに行きたくても、イケア店舗まで行けない」という方のために、
IKEA購入代行サイト「IKEAショッピング」を運営しています。
 
ikea_shopping
【画像:「IKEAショッピング」トップページ】
「家具としてのイケア」だけでなく、
子供がワクワクするような、キッズ製品としてのイケア。
そういう方面でも、もっともっと光が当たると良いなと願っています。

ワクワクするプロジェクトです。
現地の反響が早く知りたいですね。
 
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2012年6月30日up
 イケア、仙台「あすと長町」に東北初の大型店を出店へ


 
 
 2012年7月9日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスル
ダンボール専門ECサイト】「オーダーボックス・ドットコム
イケア通販専門ECサイト】「IKEAショッピング
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク