自らに伝説をもって生きる(伝説の料理店「竹慈庵なかだ」から学ぶ)

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、こんなメールをいただきました。

 渡邉 裕晃様
初夏の候となりました。
日頃はお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。
さて、6月1日(金)で残すところ365日を迎えさせていただきます。
皆様の暖かなご支援のおかげで、今日まで参りました。
今後ともお見守りいただければ、幸いに存じます。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
季節は暑さに向かいます。どうぞご自愛下さいませ。
           平成19年5月吉日    竹慈庵なかだ


渋谷の松濤にある小さな料理店、「竹慈庵なかだ」さんからいただいた
メールです。
「残すところ365日」というのは、あとちょうど1年で、
ここのお店が閉店になってしまう
というお知らせ。
お客様が来ないから等の、後ろ向きの理由からではありません。
それどころか、連日のように満席御礼状態だといいます。
それなのに閉店までのカウントダウン・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
実はこの「竹慈庵なかだ」さん。開店当初から、
「1001日で閉店する」という設定でスタートしているのです。
競争の激しい飲食業界にあって、連日の大盛況。
そんな中で閉店をするというのは、まさに贅沢な選択肢。
私が初めて行ったのは昨年のこと。尊敬する大社長からのご招待でした。
お店には、カウントダウン日数を示すための日めくりがあり、
「六四二日」と記されていました。
それが、もう「残すところ365日」です。
 
当時撮影したもの。あぁ、あと1年しかない・・・
【写真:当時撮影したもの。あぁ、あと1年しかない・・・】
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2006年9月3日up
 「竹慈庵なかだ」(東京・松濤)1001日間限定の侘び寂びフレンチ懐石


 
 
「どうして閉店されるのですか?」
「いつまでもあるよりは、
 最高の状態で惜しまれて閉店する方が良いだろうということで・・・」
アラビアンナイトの「千と一夜の物語」にひっかけたコンセプト。
お店の雰囲気や、味の素晴らしさ、お酒のこだわり。
絶妙なまでにあたたかさと、適度な距離感ある特有のおもてなし。
期日限定ゆえに全力を出し切ろうということのきらめきが、
そこにはあるのかもしれません。
 
 
     □     □     □
 
 
厳然たる事実なのに日ごろ目をそらしがちになるのが、
「寿命」という有限性。
お店に入り、この素晴らしいお店が消滅する期日を知らされる。
終わりの日を認識しながら、自然の美味をいただく。
こうして生きることの意味を考えさせられるお店。
狭いがゆえに、本当に大事な人としか行かなくなるお店。
だからこそ、大事な人と一緒になって、残り人生の過ごし方に
思いを馳せることになるお店。
これらが相まって、「竹慈庵なかだ」伝説を形成しています。
 
 
     □     □     □
 
 
「伝説」は、現実とは無縁のフィクションの世界のように思いがちです。
でもそれが単なる妄想ではなく、
現実との接点をもち、地に足の着いた伝説(矛盾しているようですが)
になった時、それは、現実に対して大いなる彩を与えることになるのだ
と感じます。
伝説は、行動の気迫が伴うと、
目標の実現可能性を高める秘薬になるということです。
時間の有限性に気付かなければ、日々を漫然と過ごしてしまいがちですが、
時間が有限ともなれば、日々を大事にする気持ちが俄然高まるはずです。
 
 
     □     □     □
 
 
伝説は、夢と似たようなもの。
それを実現させていこうと、真摯に取り組む時、
そこには特有の力が生み出されるのだろうと思います。
何事に対しても、自分で時間を区切ってみる。
そしてその締め切り期日までの限定された時間を、
猛烈に走ってみるということ。
何かを成し遂げようと思ったとき、
それを例えば3ヶ月という締切までにやりとげようと思うとき、
一日一日が貴重なものに思えてくるはずです。
24時間のうちにできることは限られています。
時間を大事にして、目標を目指して猛烈に走りこむ。
プロを目指す人間だけがもつ輝きがそこに生まれます。
 
 
     □     □     □
 
 
さて、自分に特有の伝説をもって生きていますか?
伝説を打ち立てるべく、日々を真剣に生きていますか?
小さな視点で矮小化して生きていないでしょうか?
(自分に言い聞かせている言葉でもあるのですが)
人生の残り時間で、大いなる伝説を打ち立てていく。
その姿勢を貫く過程の中でこそ、
小さな幸せが生み出されていく

のだろうと確信します。
それが幸せの拡大再生産。
 
 
     □     □     □
 
 
「竹慈庵なかだ」さんは、「残すところ365日」。
それに向かって、日々をたんたんと真剣におもてなしされ続けています。
私たちも、残すところあと●日。
●部分を推し量りにくいだけで、実際には同じような身分です。
大きくても小さくても、その大小にかかわらず、
何かしら、自分だけの伝説というものを打ちたてていきたいものです。
それを追いかけることが、新しい可能性を創出するに違いありません。
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2006年12月23日up
 小山薫堂さんも絶賛した「竹慈庵なかだ」の「フォアグラのプラチナ漬け」


 
このコラムは、2007年6月2日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2007年6月9日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

───────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

───────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク