日本語教師にならなくてもオススメしたい、夫婦そろって最短6ヶ月で取得した「日本語教師」資格の魅力

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアに移住する前、私たち夫婦は「移住の準備」の一環で、「日本語教師」の資格を取りました。

厳密に言うと「日本語教師の資格」というのは存在しないのですが、一般的な日本語教師の募集条件を見ると、大抵の場合、「日本語教育能力検定試験」の合格か、「日本語教師420時間コース」の修了を求めています。

私たちの場合は後者。420時間を半年で・・・って、単純に計算すると土日も休まず毎日やっても1日あたり2時間超。時間もお金も意外とかかる・・・。結構大変な研修なんですよ。

でも、私は日本語教師になりたくて受講したわけではありません。日本語教師になりたいという人でなくても、「これから海外に出ていきたい!」と思う人、「国境を超えた友達づくりをしていきたい!」と願う人。そういう人であれば、ぜひともオススメしたい資格の一つです。

日本語教師にならなくてもオススメしたい、夫婦そろって最短6ヶ月で取得した「日本語教師」資格の魅力【写真:インドネシアの小学校。日本文化クラスをボランティアで教える我が妻】

     □     □     □

「日本語教師420時間コース」を修了した時、ブログで私は次のように書きました。

「確実に世界が広がると保証する」と。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年7月22日up
 「日本語教師養成講座420時間コース」最短6ヶ月での卒業体験記

でも、なぜそう思うのか、具体的なことは書いていなかったな・・・と気づきました。

またベトナムでのビジネインターン「武者修行プログラム」でファシリテーターを担当させていただく中、たくさんの日本の学生さんと触れ合っているうちに「日本語教師って、どんな内容なんですか?」と聞かれる機会が増えてきました。

そこで改めて、この資格の魅力をまとめておこうと思います。

「日本語教師養成講座420時間コース」の修了証
【写真:「日本語教師養成講座420時間コース」の修了証】

     □     □     □

詳しく書くと、ものすごく長くなるので・・・、あえて冷たく箇条書きで(笑)

(1)取ろうとした動機

・日本語への純粋な興味から(もともと日本語が好き)
・インドネシアに渡航したら役立つのでは?(仕事としてではなく)
・先生になりたいという気は無かった

(2)取ってみて、得られたこと

・日本語の面白さと奥深さを改めて痛感
・日本語教育の世界の面白さを実感
・仕事の幅を広げることができた(ビジネスの可能性:業界人とのふれあい)
・日本語学習者たちの気持ちがわかった。寄り添えるように。
・妻はインドネシアでボランティアにも活かせることに

(3)この資格について私が思うこと

・とるのはコストも時間も大変!
・でも、すっごく面白いよ!
・世界が広がるよ!日本語は面白い。日本語学習者とのふれあいは楽しい!言語も面白い!

     □     □     □

よく「それをやると、どんな意味があるんですか?」とか「それをやると、どんな利益が得られるんですか?」という質問がありますよね。「意味が見いだせないと、やってもしょうがないじゃないですか?」なんて。そういう人には私はオススメしません。

これをやることで、どんなことが起きるのか。それにワクワクできる人にこそオススメしたいです。日本語教師になりたいという人でなくても、「これから海外に出ていきたい!」と思う人、「国境を超えた友達づくりをしていきたい!」と願う人。そういう人であれば、ぜひともオススメしたい。冒頭で書いたのは、そういう私の想いゆえです。

「資格を取るから何かが与えられる」ではない。
「資格をとって何を得るかは君の行動が決めるんだよ」です。

日本語教師にならなくてもオススメしたい、夫婦そろって最短6ヶ月で取得した「日本語教師」資格の魅力

日本語教師にならなくてもオススメしたい、夫婦そろって最短6ヶ月で取得した「日本語教師」資格の魅力【写真:妻がボランティアで教えるインドネシアの小学校での「日本文化クラス」の様子】

一般的な日本語教育って、日本語で教えるんですよ。日本語で日本語を教える。これを「直接法」というのですが、一般的な日本語教育では、この「直接法」にこだわっています。これだけでも私は面白いなと思いました。入門者に対しても、この方法をとるのです。

「どうやって?」って思いませんか? 「どうやるの?」って思いませんか? 
「みんなどんな反応をするの?」って思いませんか? 「なんでそんな手法が一般的なの?」
って思いませんか? 例えばそんなこと。

     □     □     □

日本語を教えるにしても、私たちが日本の学校の「国語」の時間で教わった日本語文法と、海外の人が日本語を学ぶ時の日本語文法とでは、文法の説明方法も違うんです。「なんで?」って思いませんか? 

「おじさん」「おじーさん」のように、伸ばす音を意識できない話者もいます。そもそも、なんで認識できないのか「なんで?」って思いませんか? そういう人たちに対してどうやって教えたら良いの? 教えるコツがあるんですよ。「へぇー」って思いません?

日本語教師にならなくてもオススメしたい、夫婦そろって最短6ヶ月で取得した「日本語教師」資格の魅力【写真:妻がボランティアで教えるインドネシアの小学校での「日本文化クラス」の様子】

中国語話者の多くの人は、「T」と「D」の音が識別しにくいそうです。「なんで?」って思いませんか? だから多くの人が「わたしは・・・」っていうのを「わだしは・・・」って発音してしまうんですよね。どうやったら認識可能にできるの? って思いませんか?

逆に私たち日本語話者にとっても、海外の言語を覚える際に、認識が困難な発音があったりするわけです。そういう時、どうやって攻略すれば良いんだろう? そんなコツも見えてきたりするんです。

日本語教師にならなくてもオススメしたい、夫婦そろって最短6ヶ月で取得した「日本語教師」資格の魅力【写真:妻がボランティアで教えるインドネシアの小学校での「日本文化クラス」の様子】

     □     □     □

研修を受けていると、実際に日本に来て、一生懸命に日本語を学習している外国人たちと交流することになります。この若者の一生懸命な姿が、これまた胸を打つわけです。

毎日毎日、難しい言語にアタックして、生活面でもいろいろな苦労をして。もちろんお金も大変だし、母国で応援しているご両親のことも忘れられない・・・。

東京で日本語を勉強するインドネシアの若者たち【写真:東京の日本語学校で日本語を勉強中のインドネシア人たち】

そんな彼らと触れ合っていると、海外に行って頑張って言語を覚えようとしている。日本語を学ぶことで次なる未来を獲得しようとしている・・・。それに対して、日本語教師はさまざまな手法を駆使して、彼らの期待に応えてあげることができる。なんと素敵なことじゃないですか。

     □     □     □

実際にインドネシアに暮らすようになると、インドネシアで日本語を勉強している若者たちに出会います。「なんで日本語を勉強したいと思ったの?」って聞くと、「お金がほしいから」とか「いい仕事に就きたくて」なんて回答は、もはや少数派。

多くの場合「日本が好きだから」とか「日本のアニメが大好きで」とか、「日本のアイドル、最高です」とか。日本が好き、だから一生懸命に日本語を勉強しているんです・・・って。そんな素敵な人たちを応援できるんですよ。

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「日本へ行きたいんです」ジャカルタの日本祭りの会場にて】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「日本語能力試験N2 合格するように」ジャカルタの日本祭りの会場にて】

もちろん、日本語教師の資格が無くても応援できる。でも、日本語をよりよく効率的に教える手法を身につけることができれば、よりよく彼らの力になってあげることができるんです。

日本語教師にならなくたって、海外に住んでいればそんなことはいくらでもできる。寄り添ってあげることができる。だから、そんな手法を学んでみませんか? って私は言いたいのです。

     □     □     □

冒頭に書いた通り、時間もかかるしお金もかかる。それなりに大変な研修です。私自身も「420時間コース」を受講する中で、何度も挫折しそうになったことがあります。最後の方は本当に辛かったな・・・。

でも、やりとげてみると実に爽やかなんですよ。しかも「日本語教師の資格あり」という人は、まだまだ多くないので、日本語学習者に対してアピールすると「へぇ・・・」って、インパクトもあるんです。

海外にいる日本語教師に出会った時も、妙な仲間意識が芽生えたり。あるいは、海外で日本語を勉強したい!という人に出会うと、興味を感じてくれたり。

「インドネシア日本語教育学会」東ジャワ支部の勉強会
【写真:2014年6月に開催された「インドネシア日本語教育学会」東ジャワ支部の勉強会】

     □     □     □

そもそも私は日本語教師になりたくて受講したわけではありませんでした。インドネシアは日本語学習者が多いので、移住後に何らかの役に立つかもしれないな・・・と軽い気持ちで。そして何よりも私自身が、言語としての日本語が大好きだったから。でも、やってよかったなと思っています。

日本語教師になりたいという人でなくても、「これから海外に出ていきたい!」と思う人、「国境を超えた友達づくりをしていきたい!」と願う人。そういう人であれば、ぜひともオススメしたい資格の一つですよ!

■追伸:
「日本語教師」の資格については、様々な学校が「通学コース」や「通信教育」などを設けています。興味を持たれた方は、通信講座の資料請求をしてみたり、実際に説明会に足を運んでみると良いと思いますよ!

以下は、「420時間コース」とは別の、「日本語教育能力検定試験
」の対策講座です。



(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年7月22日up
 「日本語教師養成講座420時間コース」最短6ヶ月での卒業体験記

■2017年4月9日up
 インドネシアの若者たちの日本語メッセージ、強烈に発信される「純粋さ」

■2016年4月30日up
 東京で日本語を勉強するインドネシアの若者たち、未来を見つめる視線が熱い!

■2014年6月23日up
 週刊アスキー:インドネシアの日本好き事情のインタビューで紹介されました。

■2014年6月26日up
 東ジャワ、秀才校の日本語クラスを訪問、学習動機はアニメ

■2017年3月25日up
 親日国インドネシア、大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」に行ってみた。

■2014年7月11日up
 インドネシアで急増する日本語学習者。日本語教員の「数」と「質」の課題

■2014年7月12日up
 「インドネシア日本語教育学会」の試みと、国際交流基金「日本語パートナーズ」の試み

■2016年2月17日up
 日本語の「AながらB」には意味が6種類も!多言語国家インドネシアで感じる言語の奥深さ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク