新しい街に行ったら、とにかく自分の足で長距離を歩き回ることをオススメする理由

シェアしていただけると嬉しいです!

今日からベトナムのホイアンに行きます。昨年9月に2週間滞在したのが最初。その後、年末に2週間。そして今回は1ヶ月ちょっとの滞在です。

初めてホイアンを訪れたのが昨年の9月なので、まだ半年も経過していません。




とにかく自分の足で長距離を歩き回る

初めてのホイアン。私が最初に迎えた朝にやったことは、ホイアンの町並みを歩くこと。1日で、距離にして15キロを歩きました。

「なんでまた、そんなことするの?」と感じるかもしれません。

私は、新しい街に行った時には、とにかく自分の足で長距離を歩き回ることをオススメしています。それにはいくつかの明らかな効用があるからなのです。

ウォーキング!

photo credit: Beegee49 Exit via photopin (license)


     □     □     □

懐かしいな・・・と思って、過去のfacebookの投稿を見ていたら、初めてホイアンを訪れた時の投稿を見つけました。

まずは、昨年9月8日の投稿をご紹介しましょう。

昨晩遅くに、生まれて初めてベトナムのホイアンに入りました。

私が初めて訪問する都市で最初に行うことは、とにかく自分の足で歩きまわることです。地図は、実際に自分の足で歩いて感じることで、初めて自分なりの環境認識ができあがると思っています。足で歩いてみないことには、自分の中にきちんとした地図は形作られないんですよね。

今日は、朝食前に3キロ、朝食後に7キロ、そして夕食前に5キロ。合計15キロを歩きました。

地図を見ただけでは頭に入らないですが、実際に歩くと現場のイメージが、まざまざと表れてきて地図と融合するんですよね・・・。人間の脳に与える肉体の影響というのは実に神秘的で、いつも神を感じます。足の疲労の休養をして、明日以降に備えます!

ホイアン15キロウォーキング

ホイアン15キロウォーキング

ホイアン15キロウォーキング

ホイアン15キロウォーキング

ホイアン15キロウォーキング

人は「考える生き物」、でも「歩く生き物」でもある

人は歩き、そして走る動物。
やはり、街を理解するには、「歩く」ことが不可欠なんです。

先ほどの投稿でも書いた通り、実際に自分の足で歩いて感じること。
どこに何があって・・・ということが、全部目に入ってきます。

車に乗って移動しながら見える景色は、歩きながら得られる景色と違います。明らかな違いがあります。

自分の「体」で、環境認識をつくる

こんなところに、こんなものが・・・とか、町の人たちが寄せる視線だったり笑顔だったり。
ふと目の前にある店の看板だったり、足元の道にあるゴミだったり、穴だったり段差だったり。

そういう「現場」を、実際に「感じる」ことは、すごく大事だと思うのです。

そういう作業を重ねていくことで、自分なりの街の認識ができていくんですよね。投稿で書いた通り、そこで「初めて、自分なりの環境認識ができあがる」わけです。

あえて効率よく動く必要はない

歩き回るのも、ただ単に効率よい経路を歩くのではなくて、「歩き回る」・・・つまり、同じ場所に戻ってくるのもOK。

同じ場所でも、朝に見るのと昼に見るのとでは、違った景色を見せてくれます。時間を変えて、同じ場所を訪れることで、自分なりに認識する地図が、より鮮明なものになっていきます。

時間によって異なる景色を見せることがわかれば、自分なりの認識地図が、より立体的になっていくわけです。

とにかく歩き回る!

というわけで、新しい街に行った時には、そしてその街のことを少しでも理解したいと思うのであれば、とにかく自分の足で長距離を歩き回ることをオススメしています。

いろいろ理屈や理由を紹介しましたが、とにかく歩き回ってみてください。感じてみてください。
きっと「へぇ・・・」と思うことがあるはず。

そして歩き回ったあとで大事なこと。

ホテルに戻るなり、カフェで休むなりしながら、また地図を開いて見てみるんです。
自分の歩いた経路を、地図の上で再びたどってみる。
そうすると、「へぇ・・・」と感じることがたくさんあるはず。

ぜひやってみて下さい。

とにかく自分の足で歩いてみること。おすすめですよ!

■このテーマに関連するブログ記事です。

ホーチミンの街をウォーキング!8.5kmを歩き通して見えたもの
今回ご紹介するのは、ベトナムのホーチミンをウォーキングした時のこと。この8月、9月と訪問していたベトナム。あまりブログに書いていなかったので...
海外生活のコツ|外国人だから仕方がない、という言い訳をしない
海外で暮らす上で、欠かせない点の一つ。それは、「外国人だから仕方がない」という言い訳をしないこと。私はそう考えています。 例えば、海外...
10代から狩猟採集生活!! という著者の本『ぼくは原始人になった』
こんな人物がいたのか! と驚きましたよ。「10代から狩猟採集生活を送る冒険家」がいたなんて。 11/4発売の新刊本「ぼくは原始人になっ...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする