「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」

シェアしていただけると嬉しいです!

「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」

これは、最近の私が意識的に自分に言い聞かせている言葉です。

1974年生まれの私は今年の9月で43歳に。
平均寿命が80歳前後という中では、まさに折り返し地点です。

「まだまだ半分あるではないか」と思われるでしょうが、
それでも私は自分に言い聞かせるようにしています。
「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」と。

なぜならば、第一に、誰もが平均寿命まで人生を全うできるとは限らないこと。
第二には、いつどんなことできっかけで急逝するかわからないから、です。

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

千田 琢哉 あさ出版 2013-01-08

by ヨメレバ




人はいつ死んでしまうかわからない

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない
これは、2013年に出版された千田琢哉さんの著書の題名です。
実はまだ読んでいないのですが、題名がとても気に入っています。

「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」と聞いて、
「そんなことは、あたりまえじゃないか」と感じた人も多いと思います。

「人はいつ死んでしまうかわからない」

確かにその通り。これに異論を挟む人はいないと思います。
まさに厳然たる事実。

でも、私を含めて多くの人は、
誰もが平均寿命までの期間をまっとうできると信じて、
生きているのではないかと思います。

少なくとも「明日急に死んでしまうかも」ということを想定している人は、
多くはないはずです。可能性的には「あり得る」にもかかわらず。

自分との約束を先延ばしにしがちな理由

だから、多くの人は、
「まだまだ余裕はある」と思って、時には休憩をしたり、
時には息抜きをしたり・・・。

時には、締切が決まっていることであっても、
ついつい、「ま、いっか」と思って、締切を破ったり、
なんてこともあるのではないでしょうか。

それが、他人との約束ではなくて、
自分との約束だったりする場合には、なおさら。

知人の突然の急逝、まだ50歳!!

今日、私のもとに訃報が寄せられました。

数年前、私がまだ日本に住んでいた時、
新宿区から任命されて、「産業振興会議」の委員を
担っていたことがあります。

有識者を中心に、十人くらいのメンバーで毎月会合を開いていましたが、
その中の一人、高千穂大学の川名和美先生がお亡くなりになったと。
何かの冗談ではないかと思いました。

だって、つい最近までfacebookを元気に更新されていたし、
年齢から見ても、まだ50歳だったからです。

人生は、いついかなるかたちで終わるか、わからない。

改めて思いました。

ソーシャルメディアから感じられる娘さんとの愛情

しかも、川名先生の逝去を知ったのは、
facebookでの川名先生のアカウントから。

「?」と思うかもしれません。

そうです。川名先生の娘さんが、
お母様のアカウントを通じて、逝去のお知らせを発信されたのです。

3月11日の投稿では、川名先生自らが、
メディアに娘さんが取り上げられたことを書かれていて・・・、

もうすぐ卒業の娘が紹介されててビックリ。
親バカ最終章です。
自分の子育てが、少しでも肯定された気がしました。ありがとう。

本当に涙がでるようなコメント。
その娘さんが、気丈にも、お母様の逝去を皆さんに発信・・・。
まさに、立派な子育てだったに違いないなと。

知人の突然の急逝、まだ56歳!!

実は、この1ヶ月前にも、私は知人を亡くしています。

彼もまた、若くして亡くなりました。
1961年生まれだから、まだ56歳。

私が日本で会社を経営していた時、
折に触れて気にしてくれて・・・、
「どんな人を紹介したらいい?」とか、
「どんな応援をすべきだろうか?」とか、
いろいろと気にかけて下さった方でした。

同じ、青山学院大学の出身ということもあって、
「青学だよね!」と、すごく親身にしてくださった方。
そんな彼の急逝は、本当に驚きでした。
 

一般的な平均寿命までを全うできる人は全員ではない

自分の人生が、いつ、いかなるかたちで終わりを告げることになるのか。
これは、誰にもわかりません。

ただ確実に言えることは、
「一般的な平均寿命までを全うできる人は全員ではない」
ということです。

人生には息抜きも大事。
でも、残り時間が有限であることも事実。

であればこそ、時々振り返ってみることには価値があるのではないか、
と私は思うのです。
「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」と。

「残り寿命」を意識する

ストイックすぎますか?
でも、実際がそうなんですって。

私の周りの知人を見てみると、
残り寿命を意識しているかどうかはわかりませんが、
それでも、一秒一秒を、本当に大事にしている人が多いと感じます。

だからこそ、相応の実績を残しているんだろうなと。
だからこそ、真剣に打ち込むゆえに得られる喜びがあるんだろうなと。
だからこそ、同じようにワクワクする仲間との出会いがあるんだろうなと。

日々を真剣に、
日々を一生懸命に、
日々を死に物狂いで。

かっこ悪いと言う人もいるでしょう。
でも、そういう人のために生きているわけじゃないですよね。

「ゴール」のある限られた自分の人生を、どう生ききるか。
やはり必死で走りきることにこそ、やり甲斐があるのだと私は信じます。

必死で生ききるということ

だから私は思います。

「ストイックすぎる!」って思われるかもしれないけれど、
時々、自分の暮らしを振り返りながら、
「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」と、
問いかけることが大事なのではないかと。

ついつい「易きに流れる」人間だからこそ、
これくらいの強い言葉が大事なんじゃないかと。

この言葉は、本当にオススメです。
先月、そして今月と急逝した2人の知人のためにも、
私は今以上に、さらにさらに真剣に走り抜けていきたいと思います。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする