海外旅行の感想で「現地の人は、みんないい人ばかりで、やさしくて」という声は本当か

シェアしていただけると嬉しいです!

ちょっと前のことになりますが、ベトナムのホイアンに長期滞在していて、久しぶりにインドネシアに帰ってきた時のことです。

トランジットで訪れたジャカルタ。ホテルの部屋に入り、テレビで現地のニュース番組を見てみたら、さっそく流れていたのは、子供の誘拐未遂のニュース。ある小学校の近くに誘拐犯があらわれて、何人もの子供が声をかけられたと。

小学校低学年と思われる子どもたちが何人もテレビに出てきて、まだまだ声の高い男の子たちがテレビに向かって一生懸命に語っているんですよ。「犯人にこんな風に声をかけられた」とか、「バイクに乗って近づいてきて・・・」とか。

その姿を見ていると「ホントに怖かったんだろうなぁ」と思うわけです。ニュースのインタビューに答えることで、逆に記憶が定着してトラウマになるんじゃないか・・・なんて心配すらしつつ。

インドネシアで流れていた子供の誘拐未遂のニュース【写真:誘拐犯への対処法を説明する、インドネシアの子供対策の専門家】

     □     □     □

もちろん、どんな国に行こうとも、犯罪はつきものです。世界的に見て治安が良いとされる日本ですら、皆さんご承知のとおり、さまざまな犯罪が起きているわけです。

そこで本題になるわけですが・・・、

海外に旅行や留学に行った人たちの声を聞くと、いろいろな思い出を語ってくれますよね。そこでよく聞くのが、「●●人は、みんないい人ばかりで、やさしくて」というもの。ほんわかした話が多くて素敵な思い出もあって、本当に良いな・・・、いつか行ってみたいな・・・なんて感じたり。

日本の人たちからだけでなく、インドネシアの人からも同じような話を聞きます。「日本に行ったら、日本人はホントにいい人ばかりで」とか、逆に「インドネシアに来た日本人たちと交流したけど、日本人は素晴らしい人たちばかりで」とか。

もちろんインドネシア滞在中の日本人たちに意見を聞いても「インドネシア人は、いい人ばかりで毎日が楽しくて」とか。本当に素敵です。

     □     □     □

でも一方で、ニュースをつければもちろん犯罪のニュースが流れています。

外務省が運営する安全情報サービス「たびレジ」に登録をすれば、定期的に地域ごとの安全情報メールが届きます。「大使館からの注意喚起(強盗被害)」という題名のメールも来ます。未遂も含めれば、犯罪的な事象が起きていないというわけではありません。

外務省が運営する安全情報サービス「たびレジ」【画像:外務省が運営する安全情報サービス「たびレジ」ホームページより】

どこにだって犯罪はある。「そんなことは、当たり前だろ」と言われるような、本当に当たり前のこと。でも、旅や留学の感想で聞くのが「●●人は、みんないい人ばかりで、やさしくて」という内容。

でも、つまりはこういうことなんですよね。「私が交流させてもらった人たちは、みんないい人ばかりで、やさしくて」って。そう。「私が交流させてもらった人たちは」なのであって、「●●人は・・・」ではないはずなのです。だって悪い人たちによる犯罪は、どこかで毎日のように起きているのですから。

     □     □     □

だからこそ、海外に行く機会があれば、こういう自覚をもった方が良いのではないかなと私は思っています。

つまり、「もちろん犯罪的なことは起きているはずだけど、そういう目にあうことがなく幸せだったな」と。「もちろん犯罪をおかすような人たちもいるはずなんだけど、そういう人たちに出会うことがなくて幸せだったな」という自覚です。

「自分が接触した人たち」との良い思い出だけを根拠にして、「●●人はみんなやさしくて」って、国籍や民族を単位に決めつけのはおかしいですよね。逆に考えてみたらどうでしょう? 例えばちょっと嫌な思いをしたりとか、たまたま財布をすられたりとかしたとしたことで、「●●人は悪人で・・・」っていう発想につながりかねないわけです。やさしい●●人だっているのに。

     □     □     □

考え過ぎだろうと思われるでしょうが、こういう些細なことが、偏った「対外イメージ」を醸成していくんですよね。個人との交流での楽しさを根拠に国籍や民族を単位にした目線になるというのは、誤った認識をもたらしかねません。

インドネシアに留学した人たちが言うんです。
「インドネシア人は、みんなやさしくて・・・」って。

でも、それは「インドネシア留学中に私が交流した現地の人たちはみんなやさしくて」であって、「インドネシア人全員と断定できるんですか?」という話。もちろんそれはそれで良いのかもしれないですが、逆を考えたら怖いよねという意味です。

そして、だからこそ感じることができるはずなんですよね。私が交流させてくれた皆さんは「私にいい思い出を与えてくれた素晴らしい方々だったな」と。民族や国籍を単位にするのではなくて、相手をきちんと一人の個人として見ること。一人の個人として触れ合おうということです。

     □     □     □

民族や国籍を単位にするのではなくて、きちんと一人の個人として相手を見ること。そうやって個人と個人として交流していくこと。そうであってこそ、もっともっといろいろなことが見えてくるはずだし、偏狭な国家同士のいがみ合いも減っていくはずなのです。

以前と異なり、もっと簡単に海外に旅行できるようになり、もっと簡単に留学できるようになり、もっと簡単に海外就職できるようになり・・・という環境だからこそ。

だからこそ、「相手の人を、国籍や民族というカテゴリーでからめとるのではなく、大切なかけがえのない個人として見る」ということが、ますます重要性をもっていくのではないかなと。そして、そうであってほしい・・・というのが私の願いです。

     □     □     □

逆に言えば「現地の人は、みんないい人ばかりで、やさしくて」って言える人って本当はとても幸せなことなんですよね。「やさしい人たちばかりの●●人」なんて本当は幻想なんですから。あなたの人徳があってこそ、やさしい素晴らしい人達に出会えたはずなんですから。

そんな素晴らしい人たちなんだから、国籍や民族というフィルターで見るのではなく、その人をその個人として見ることができたなら、きっともっと素晴らしい出会いになるのではないかなと思うのです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク