複数のことに全力投球すべき理由|「orの呪縛とandの才覚」の考え方

シェアしていただけると嬉しいです!

一つのことに集中すべきか。あるいは複数のことに手をだすべきか。今回はそれを考えるにあたり、「orの呪縛とandの才覚」という考え方をご紹介しようと思います。

ところで、このブログを読んでいただいている方で、私のメルマガもチェックしていただいている方は、どれくらいいらっしゃいますでしょうか?

メールが氾濫する時代。メールをチェックできる時間が減りつつあり、メルマガはついつい敬遠されがちです。一方でブログ全盛の時代です。そんな背景を考えると、ブログ一本で運営すれば良いのでしょうが、なぜか捨てられません。私は両方を同時に継続させています。




複数のことに手を出すことの魅力

一つには、すでにメルマガを10年も発行していて、たくさんの縁をつくることができ、起業を促すツールにもなったということもあります。

ただもう一つのこととして、明確な回答は出せないのですが、ブログとメルマガとで、コミュニケーション態様に違いを感じるため、一本化できずにいるという点もあります。うまく表現できないのですが、メルマガに独特の魅力があるんですよね。

複数のことを手がけることの怖さ

例えが適切かわかりませんが、テレビタレントが、その活躍の舞台を、ラジオだったり、書籍だったり、映画だったり、いろいろな媒体へ進出していくケースが多いですが、一本化しない背景には、手段に応じたそれぞれの魅力があるからなのだと思います。

歌手なら歌手として、テレビタレントならテレビタレントとして、サラリーマンはサラリーマンとしての役割だけで、一つの役割で完全燃焼するというのは素晴らしいと思います。

たしかに、あれもこれもと手を出すと、どっちつかずになってしまうようにも感じます。

一つのことだけで活躍できるという幸せ

でも、周りの人たちを見てみてください。

複数のことに手を出しているのに、かえって活躍の度合いを高めているという人、意外と多くないでしょうか?

一つのことだけで人生を完全謳歌できるのがベストでしょうが、そのような天職にめぐりあうのは幸運なことです。それはそれですごいことだし、珍しいことでもあると思います。

だからこそ、複数のことを同時並行でやってこそ、自分なりの人生を完全表現していけるように思うのです。

大事なポイントは「手を抜かない」ということ

仕事で与えられた役割をまっとうするだけで、その人らしさを感じるだけの「すごい人」というのは、なかなかそう多くはいません。与えられた役割を超えてマルチに活躍する人でこそ、その人らしさを感じるだけの「すごい人」というのが多いものです。

私の経験上ですが、複数のことに、手を抜かずに全力で取り組んでいる人は、なぜか本業でもうまくいっているケースを多く感じます。

だから、手を抜かないという限りにおいて、複数のことに同時にチャレンジすることは悪いことではないと感じます。あくまでも「手を抜かない」という限りにおいて。

「orの呪縛、andの才覚」という考え方

先日読んだ本に、こんなキーワードがありました。
orの呪縛、andの才覚」というものです。

「orの呪縛」・・・つまり、あれもこれもと複数のことに手を出してはダメでは? という悩んだ挙句、それが呪縛となって、結局何もしないで終わってしまうパターン。

「andの才覚」・・・つまり、あれもこれも好きなことには情熱を全開にして取り組んでいく。複数のことを全力で取り組む工夫を繰り返して頑張ることで、結果として、たくさんの活躍ができてしまったというパターン。

人それぞれでしょうが、私は後者の方が楽しい人生を送れるように思います。

andの才覚に取り組む人は、例えば2つのことを同時に取り組むにしても、50・50の取り組みではなく、2つとも100・100の結果になるよう取り組むケースが多く・・・、

orの呪縛にとらわれる人は、1つのことを取り組むにしても、50のパワーしか発揮せずに終わるケースが多いと言います。

複数のことを手がけて相乗効果を出すという方法も

一つのことに全力投球するのは悪いことではありません。

でも、例えば、趣味でプロ級の人は、仕事でも大いに活躍しているというケース、意外と多くないでしょうか? そして、一つのことだけを究めることで人生完成できるような、そういう「天才」は、それほど多くないと思うのです。

「凡才だからこそ一つのことだけに取り組め」ではなく、「凡才だからこそ複数のことに同時に全力投球せよ」ということです。

もちろん、どれもこれも中途半端というのではダメですが、複数のことに並行してアタックすることで、それらが有機的につながって思わぬ発見があったり、新たな知見を得られたりすることは、おそらく皆さん、何かしら経験されたことがあると思います。

いろいろなことにチャレンジしてこその人生ではないでしょうか。
私はそう思うのです。

迷ったら両方やってみる|オンとオフを分けず「自分の人生」を生きる
先日、ある女性経営者の方とお話をしていたら、「取材で聞かれる質問で、とても困るものがある」という話を聞きました。 「どんなことですか?...
『本は10冊同時に読め!』レビュー|読書通の成毛眞氏が語る読書術
今回ご紹介するのは、『本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである!』です。 元マイクロソフト...

 
このコラムは、2007年6月6日に配信したメールマガジンを転載(一部修正)したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする