「2006年:日本の広告費」発表でサムスルはさらに奮起したい

シェアしていただけると嬉しいです!

私たちサムスルは、インターネット広告を取り扱う広告代理店。
ネット広告を使って、お客様の成長を支援することが仕事です。
ところで、「日本の広告費」って、
全体でどれくらいか、ご存知ですか?
ちょうど今週の火曜日、
「2006年(平成18年)日本の広告費」が発表されました。
これは電通さんが毎年発表しているもので、
日本の総広告費を推定したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
電通の発表資料「2006年:日本の広告費」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主要な数字を抜粋すると、以下のようになります。
 
 
■総広告費:5兆9954億円(前年比:100.6%)3年連続の増加
 
■内訳:
・テレビ: 2兆0161億円(前年比: 98.8%)
・新聞 :  9986億円(前年比: 96.2%)
・雑誌 :  3887億円(前年比: 98.5%)
・ラジオ:  1744億円(前年比: 98.1%)
—————————————-
・SP : 2兆0002億円(前年比:100.9%)(DM、折込、交通広告など)
・衛星 :   544億円(前年比:111.7%)
・ネット:  3630億円(前年比:129.3%)
 
 
これを見て注目したい点がいくつかあります。


まず、発表資料のサブタイトルにも掲げられているのですが、
「インターネット広告が引き続き伸長」というのが特徴です。
(毎年同じですね:笑)
しかも注目したいのは、
・ネット広告の広告費金額の絶対量が伸びている、
という側面だけではありません。
ネット広告以外がおしなべて減少を続けているため、
総広告費に対して「インターネット広告」が占める割合
顕著に上昇しているということです。
・2004年:3.1%
・2005年:4.7%
・2006年:6.0%
という具合。存在感が2年で倍になっているのです。
       □     □     □
また、ネット広告が、
4大マスメディア(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)の一つである、
ラジオ広告を抜いたのが、2004年。
それから2年で、
雑誌広告(3887億円)に肉薄するまで(3630億円)になりました。
もし今の傾向が続くのであれば、
2007年は、確実に雑誌広告を超える存在になるはずです。
       □     □     □
さらに、この広告費の推定範囲ですが、
ネット広告以外はほとんどが「制作費を含む」となっているのに対し、
ネット広告だけ「制作費は含まない」となっているのもポイント。
他の広告と同じように、制作費を含めて算出した場合、
もっと金額が膨らんでいるわけで、
雑誌広告にもっと「肉薄」しているか、
あるいは、
ネット広告に従事している身としては、
ひょっとしたら「逆転」しているのではないかと想像したく
なってしまいます(笑)。
       □     □     □
こうして、インターネット広告市場が順調に伸びているにはせよ、
私たちサムスルは、決して楽観視することなく、
いつも真剣に仕事にあたりたいと思っています。
まだまだ伸びていくはずですが、
「ネットが伸びている」と浮かれるのではなく、
逆に、危機感をもつくらいの気持ちで、
お客様の成長を支援できているかどうか
取引先の成長を促すことができているかどうか
その結果、サムスル自身もきちんと成長を遂げているかどうか
これらの基本を守ること。
サムスルの理念である、「成長縁」の創造と極大化
きちんと実現できているかどうかを、しっかりと
追い求めていきたいと思っています。
このブログをご覧になっている、ネット広告ご担当の皆様、
ぜひサムスルに、一度、提案の機会をくださいませ。
何事も、基本の継続と蓄積から始まると思っています。
基本をしっかりと守りながら歩みつつ、
しかしながら、
市場の成長スピードを上回るだけの、
高い高い成長を遂げていきたいと思います。
 
 
 
 
 2007年2月22日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク