夫婦や家族で「理念」をつくり、商標登録してみよう!

シェアしていただけると嬉しいです!

「『●●』は、■■社の登録商標です」
よくそんな表現を見ることがあります。

「商標」は、会社名や商品名、サービスマークなどを保護するもので、
ある分野について、他者による利用を防ぐ効果があります。

自らのブランドとして、自信をもって打ち出すことができます。
たとえば、野球のイチロー選手であれば、
「イチロー」というワードで商標登録をしています。

その「商標登録」を、「夫婦」や「家族」という、
家庭の単位でもやってみませんか? というのが今回のテーマです。


     □     □     □

私たちの会社、サムスルでも、
社名である「サムスル」で、商標登録をしています。
「社名」だけでなく、会社の「理念」でも商標登録をしています。

それが「成長縁」。

仕事にかかわる様々な存在同士で、ともに成長しあうこと。
これを「成長の縁」、つまり「成長縁」と定義。
この「成長縁」をどれだけたくさん創出できるか。
どれだけ大きく極大化していけるのか。

これを、わが社のミッションと位置付けているのです。

そうして打ち出すことになったのが、
 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー
というコピー。これは社内公募で決めました

            □     □     □

大事な理念。だからこそ、商標登録をしました。

理念を商標登録するのは珍しいかもしれません。
でも企業にとって、会社理念というのは、とても大事な存在です。

理念を馬鹿にする人もいます。
でも、過去の成長企業をつぶさに観察していけば、
理念が会社の成長と飛躍に大きな影響を与えているケースが
多い
ということは、よく知られていることです。

            □     □     □

理念は生きたものでなくてはいけない。
だからこそ、私は会社の理念を策定するにあたり、
他社の引用をしたり、まねをしたりするようなことは避けました。
それでは、生きたものにならないからです。

心からの思いを、創業からの原点を、
じっくりと、かつ徹底的に見つめなおし、
きっちりと「成長縁」という言語化ができるまでには、
実に数年がかかりました。

            □     □     □

でも、生きたワードだからこそ、
全社への浸透は、実に早いものでした。

そして、これが、わが社の存続と成長を
強く支えてくれる存在になりつつあります。

            □     □     □

だからこそ、お薦めしたいのが、
会社単位だけでなく、
家族や夫婦の単位でも商標を取るということ。

偉大な企業の背景に、生きた理念があったように、
偉大な家庭、偉大な夫婦には、
人生のパートナーシップを強固にし、飛躍をさせるだけの、
オリジナルな理念があるはず
なのです。

            □     □     □

家庭の理念を打ち立てよう。

そう考えると、漠然としてしまうか、挫折してしまいかねません。

でも、ちょこっと見方を変えて、
「私たちの商標をとろう!」という観点から考えるようにしてみると、
いろいろな意見が出てくるような気がします。

家族なり夫婦なりが、
今後の人生を歩んでいく上で、
自分たちを象徴するような考え方を模索する。
そして、自信をもって、特許庁に申請をする。

受理されたら、「商標登録証」を額に入れて、部屋に飾ってみる。
ほら、新しい可能性が見えてくるような気がしてきませんか?
 

■「家族で理念を考える」という意味では、こちらの記事も関連しています。ぜひご笑覧を。 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年7月22日up
 「家族そろって海外移住を考えてみる」のを私がオススメする理由


 
 
このコラムは、2007年8月22日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2007年9月8日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

───────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

───────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする