昇進は役得か役損か(上司と部下の3年と3日)

シェアしていただけると嬉しいです!

上司と部下にまつわる諸問題。
書店に行けば、本当に数えきれないくらいの本があります。
上の人間が下の人間を見抜くには3年かかるが、
 下の人間は上の人間をわずか3日で判断する

だからこそ、
上に立つ人間は、部下の誰よりも努力をしなければいけないわけですが、
この言葉、中国の古典「韓非子」に出てくる内容だそうです。


紀元前3世紀という大変古い書物にすら、そのような記述があり、
それから2000年以上もの年月が経過した今なお、
同じテーマの本がたくさん出回っているという事実。
上司と部下にまつわる諸問題というものは、
なかば「永遠の課題」だと言ってもよさそうです。
 
 
     □     □     □
 
 
私はこの言葉を、学生時代に教わりました。
20代の若さにして、某社の取締役をつとめていた方が、
「起業するなら、将来必ず役立つから覚えておくといいよ」と、
教えていただいた言葉でした。
「上の人間が下の人間を見抜くには3年かかるが、
 下の人間は上の人間をわずか3日で判断する」
深い意味はわかりませんでしたが、
何かとても含蓄のありそうなイメージがして、
なぜか強く心に刻まれた言葉でした。
今でも心から離れない、不思議な言葉です。
  
     □     □     □
 
 
一般的に、昇進することは名誉なことだとされています。
私自身、より上の立場に進むということは、
個人の成長という観点からも、
とても素晴らしい機会と環境を獲得することにつながると信じます。
地位が成長を促進させるという事例は、枚挙にいとまがありません。
 
 
     □     □     □
 
 
一方、より上の立場に昇進することは、
あたかも、メリットが増えるとだけ思う人もいるようです。
事実、私が見てきた中でも(他社の事例ですが)、
仕事に対して一生懸命に努力をして、
同僚や部下とも親しげに接し、
親愛の情を勝ち得ていたという、そんな方が・・・、
昇進を契機に、長に立つと、なぜか態度が急変し、
態度は横柄になり、言葉遣いも命令口調へと荒くなり、
一気に孤立してしまったという人の実例を見たことがあります。
メリットを享受し、命令を下し、服従させることが、
上司であることによって獲得して当然の権利であると、
勘違いをしてしまっているケースです。
 
 
     □     □     □
 
 
上に立つことは役得ではなく役損だと思え」という言葉がありますが、
昇進することによる役得は、より多くの努力が義務化されること。
つまり、ノーブレス・オブリージ(高貴なるものの義務)のようなものだと
私は思います。
上に立つ人は、それだけの義務と努力を余計に行わなくてはいけない、
ということです。
 
 
     □     □     □
 
 
昇進することが役得だとするならば、
そうした結果として、
成長促進の機会と環境が獲得できる
という点においてでしょう。
もしそこまで考えることができるなら、
もしそこまでストンと腑に落ちるレベルまで思うことができるなら、
部下の指導に悩み続けているとしても、
チームとしての業績伸長に打開策が見えずにいるとしても、
これは解決すべき試練であり、
新しい成長ステージに上ってきたがゆえに与えられた、
新しい宿題なのだととらえることができるはずです。
へこたれることもなければ、安易に逃げることもなくなるでしょう。
 
 
     □     □     □
 
 
昇進することで、より大変な悩みをかかえることになります。
でも、
「上の人間が下の人間を見抜くには3年かかるが、
 下の人間は上の人間をわずか3日で判断する」
のです。
たとえ3年かかるところを3日でやりとげたとしても
部下からは褒められることもなければ、
「すごい上司」と思われることもなく、
普通だと思われてしまうような存在。
だったら、3年かかることを1年でやりとげようという
今の苦労は、実は大した苦労ではありません。

それくらいの思いをもって邁進した方が、
日々はより楽しくなり、成長スピードにも加速がつくように、
私は思います。
そして、それこそが、昇進の役得なのですよね。
 
 
 
 
このコラムは、2007年9月19日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2007年10月3日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

───────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

───────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク