初任給の使い道(お金を受け取ることの意味)

シェアしていただけると嬉しいです!

新卒採用では、実にたくさんの学生さんにお会いしますが、特に最終面談の段階までたどりついた学生さんについては、とても記憶に残ります。

縁があわなくて不採用になった学生さんについても、その後どんな会社で、どんな活躍をすることになったのだろうかと、時々思うことがあります。心配して、ということではなく、大きな努力で大きな飛躍ができる20代という時を、彼らがどんな風に羽ばたくことになるか、期待の気持ちからくるものです。

先日、あるイベントに出席していたら、受付の女性が「おや」という表情をしました。なぜかお会いしたことがあるような・・・と思っていると、1年前に面談をした学生さんでした。山口県の学生さんで、就職を機に東京へ出てくるという方でしたが、立派に活躍を始めている姿を見て、どことなく嬉しい、すがすがしい気持ちになりました。


今年の4月に就職した新卒さんたちにとっては、おそらく4月、5月が、人生でたった一度の初任給の日ということになると思います。これからも、お金を稼いでいくわけですが、自分の当時を振り返ると、初任給について感慨をもつことは無かったと思います。
でも、大いなる自省を込めて思うのは、初任給を受け取られた社会人一年生の皆さんには、ぜひここで、「お金を受け取ることの意味」について、考え直してもらいたいなということです。

「お客様からお金をもらうということが、どんなに貴重なことか」

これは、どれだけ声を大にしても良いテーマだろうと思います。20代で実感できなかったとしたら、それは一つの不幸であるとすら言えるのではないでしょうか。

個人からいただくにしても、法人からいただくにしても、金額の多寡を問わず、貴重なことであることに変わりはありません。
営業マンであれば、アポ取り、訪問、提案などの営業活動を通じて、お客様からお金をいただくことがいかに難しいことか、骨身に染みて実感することになると思います。
この「お金をいただくことの難しさ、貴重さ」は、お客様からいただく際だけでなく、給与として会社から支給される際も同じです。
さらに言えば、就職するまでの期間、ご両親から受け取ってきたお金や費やしてくれたお金についても、同じような貴重さがあることを、今回の初任給に際して、実感してもらいたいなと思います。

生まれてから就職して初任給を受けとるに至るまで、ご両親が投じてくださったお金は、いったいどれくらいになるでしょうか。何気なく受け取ってきたお金も、かなり貴重なことであり、その裏には、それだけの愛情に支えられていること、その尊さを、改めて実感してほしいと思います。
そうして考えた時、給与に見合った実績を出すこと、自分の給与は自分で稼ぐ!という意識をもつということが、一流の社会人になるための自覚であり、社会人としての資格であることがわかると思います。

□     □     □     □     □

でも、新入社員として入社して間も無い時期は、給与相応の貢献ができなくても無理はありません。そのことで、過剰にひるんだりする必要はありません。努力を継続するのみです。
そのかわり、ちょっとでもいいから、ぜひ給与の一部を自分の成長のために、自分自身に投資をしてほしいと思います!

「自力で稼ぎ出したわけでもないのに得たお金=給与」については、そのことで自分を卑下するのではなく、
「お客様が、自分の将来可能性に対して投資してくれたお金なのだ」
と考えるようにしてみたら良いのではないかと思います。

かつて、ある若手経営者が、こんなコメントをされたそうです。

「20代でお金を持つようになると、株とかやりだすんだよね。でも僕はそんなことはしなかった。僕は自分の能力と自分の会社に全てを投資したんだ」と。
(直接うかがったわけではなく、あくまでも伝聞なので、真偽の程は定かではありません、念のため)

この方は、なんと上場会社の社長さんだったので、株主に対する軽視にもつながりかねないこの発言は、ちょっとした波紋をよんだらしいのですが、それを差し引けば、このコメントは、ある程度、的を射たもののように思います。

株をやるのは多いに結構ですが、単なるお金儲けのための株式投資ではなく、自分を成長させるための株式投資、企業を応援するための株式投資、ひいては社会に参画し、その成長を支えるための株式投資であるべきだと思います。

□     □     □

初任給の使い道をとやかく言うなと思われるでしょうが、それでもなお、私は「自分に投資をして、一生懸命成長しましょう」と言いたいと思います。そして、少しでも早く、自分に投資してくれたお客様に利益還元できるように、がんばってほしいと思います。

やがて近い将来、「やっと自分で稼いだお金を獲得できた!」と認識できた時が到来したら、その一部を、自分への投資に加えて、自分へのご褒美に充ててほしいとも思います。

はやく一人前に稼げるようになりましょう! 会社のためだけでなく、自分のため、ご両親のため、そしてお客様のために。社会人として自立することが、みんなのために恩返しになります。

そうして徐々に、会社が大きくなり、仲間も増え・・・、この循環を通じて、もっともっと仕事が回しやすくなり、営業もしやすくなり、良いお客様との出会いも増え・・・。
その循環が実感しやすいところが、ベンチャーで会社づくりに参画できる醍醐味です。

そして最後に、お忘れなく。
ぜひ、ご両親など、お世話になった方へのプレゼントを用意しましょう。
将来、良いことがあります、必ず!

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク