人生は毎日が面接。だからこそ大事にしたい姿勢(1)

シェアしていただけると嬉しいです!

4月に入り、学生さんたちの就職活動が本格的に進んでいます。
以前、ある学生さんから、
「履歴書は、ですます調とである調のどちらで書くべきものでしょうか?」
と聞かれて、びっくりしたことがあります。
学生さんも、いろいろと心配事が多いのでしょうか。
もっと大きな視点で生きて欲しいと思うのですが、
またある時は、こんな質問を受けたこともあります。
「面接は、どのような姿勢で臨べきなのでしょうか?」と。


私の答えは、「一生懸命に自分を出し切る」です。

■「前向きに、自分のベストで、一生懸命に取り組んでほしい」

ということです。
「なんだ、そんなことか」と思わないで下さい。
これは、とても重要なことなのです。
そして、私が思うに、
この人生というものは、
人との出会いを積極的に楽しもうと思うなら、
毎日が面接のようなものなのです。
 
 
     □     □     □
 
 
かつてバブル経済だった時代、
一生懸命に取り組まなくても、複数の内定をもらえた時期がありました。

最近も、「売り手市場」という言葉に踊らされ、
一生懸命さを失い、手抜きをして取り組む、
そんな学生さんが少なくないと聞いています。

実は、このスタンス、企業には確実に伝わります。
 
 
     □     □     □
 
 
なぜ?

それは、面談で演技をすることには限界があるからです。

■演技は必ずバレる

と覚えておく。心に留めておくことが大事です。

本格的な俳優さん、女優さんは除いて。
 
 
     □     □     □
 
 
バブル世代に安易な就職活動をした人たち。
特に、手抜きをして、簡単に入社できてしまった人たち。

実はそういう人たちの多くは、
入社してしばらくしてから大変な苦労を経験されています。

実力に見合わない会社に入ってしまった場合、
求められる結果を出すには、相当な努力が必要です。
 
 
     □     □     □
 
 
「バブル組は、どうも能力が伴わないんだよね・・・」

そんな声も耳にします。
実は、これは、実力を過大評価されて安易に入社してしまうパターンと同じ。

面談で、小手先のテクニックで、
たとえ1日だけ演技がうまくいったとしても、
入社してから何年にも渡って、ずっと演技し続けることは不可能です。
素の自分で勝負せざるを得ません。

だから、
一生懸命さを失った人は面談の段階で企業にバレるし、
もし演技がバレなかったとしても、
入社した後にそれだけの苦労が待っている、ということなのです。

 【このテーマ:次回につづく】

人生は毎日が面接。だからこそ大事にしたい姿勢(2)
今回のコラムは、前回コラムの続きになります。 もし前回コラムをご覧になっていないようであれば、 ぜひ、こちらをご覧下さい。 ...

  
 
このコラムは、2008年3月26日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2008年4月12日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

────────────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

────────────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする