朝の有効活用は、なぜ人に差をつけるのか(1)

シェアしていただけると嬉しいです!

新しい年度に入り、仕事を進める上で、ぜひ考えておきたいこと。
その一つは、朝時間の活用です。


たとえば・・・、

早朝を活用することで、通勤ラッシュを回避する。
電車でゆったりと時間を活用する。
会社に早めにつくので、早めのスタートダッシュができる。
人が少ない上に電話も来ないので、仕事に集中できる。仕事がはかどる。

そういう流れを構築するのか、あるいは、

ギリギリ時間に家を出て、あくせく急いで駅に向かい、
通勤ラッシュで、何もできない時を過ごす。
会社にもぎりぎりの到着で、遅刻間際のあくせくを味わい、
仕事をスタートさせようとしても、いろいろな突発事項に邪魔される。
どんどん仕事が遅くなっていく・・・。

そういう日々を過ごすのか、という問題。
 
 
     □     □     □
 
 
仕事で人より抜きんでるために、
仕事で多くの人たちに喜んでもらうために、
また、自分の人生をより楽しいものとしていくために、
どちらのスタンスで進むべきか、ということ。

つまり朝の活用というのは、
「単なるささいなテクニック」ではなく、
「充足した人生を創造するためのマジカル習慣」だと思うのです。
 
 
     □     □     □
 
 
そうした意味で、ぜひ紹介したい書籍が、こちら。
 

【書籍:早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法
 
上記の本は、あるサラリーマンが、通勤時間で何もできないことに悩み、
思いきり早起きをして始発通勤をしたところ、
とてつもない幸せをつかんでしまったという記録です。
(私自身のことも、ひとつの事例として紹介していただいています)
 
 
     □     □     □
 
 
例えば片道1時間なら往復2時間
1か月は20営業日として、40時間。

これを、ただ何もしないだけの時間として使うか、
あるいは、読書や仕事、プライベートの拡充などの時間として使うか。

もっと言えば、
1か月に40時間。何もしないのか。何かをするのか。
この差は、個人の成長に対して、大きな差を生みだします。
 
 
     □     □     □
 
 
朝の活用って、大変そう・・・。
そう思う人もいるかもしれません。

でも、実はこれは、何もすごいことではなくて、
バリバリ仕事をこなしている人たちを見ると、
なぜか多くの方が、さらっと実践していることなのです。

ちょうど先日食事をした、
社会人5年目の若手凄腕銀行マンも、全く同じことを実践していました。

さらっと実践できているのはなぜか?
もう「努力」の域を超えて、「習慣」になっているからです。
その「習慣」が、日々に大きなメリットを与えているからです。

止められないのです。
止めた時に被る損失があまりにも大きすぎて。

 【このテーマ:次回につづく】

(参考:samsul.comブログから)
 
■2008年4月27日up
 朝の有効活用は、なぜ人に差をつけるのか(2)


 
 
このコラムは、2008年4月9日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2008年4月26日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

────────────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

────────────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク