朝の有効活用は、なぜ人に差をつけるのか(2)

シェアしていただけると嬉しいです!

今回のテーマは、朝時間の活用について。朝の有効活用は、なぜ人に差をつけるのか。改めて朝の時間帯を見つめなおしてみましょうというお話です。

前回コラムの続きになります。もし前回コラムをご覧になっていないようであれば、こちらをご覧下さい。

朝の有効活用は、なぜ人に差をつけるのか(1)
新しい年度に入り、仕事を進める上で、ぜひ考えておきたいこと。 その一つは、朝時間の活用です。

朝時間の活用は、「単なるささいなテクニック」ではなく、
「充足した人生を創造するためのマジカル習慣」なのだというお話をしました。

例えば通勤時間ひとつをとってみても、
仮に片道1時間なら往復2時間
1か月は20営業日として、40時間。

この40時間で何もしない人と、何かをする人とでは、
差が付いてしまう。これはもう、仕方の無いことです。

そして前回紹介した書籍に続き、もう一冊の書籍を紹介します。
 

【書籍:朝10時までに仕事は片づける―モーニング・マネジメントのすすめ
 
「終業時刻までに仕事を終わらせよう」という思いで仕事にあたるのではなく、
「朝10時までに仕事を終わらせよう!」という本。

実に素晴らしい本です。本当におすすめの一冊。
 
 
     □     □     □
 
 
ちなみに、40時間と聞いてピンとこないかもしれませんが、
午前中は9時から12時までとすると3時間しかないので、
まさに、午前時間が13日分。これは大きい。

10時に出社して、
出社してから、メールチェックしたり新聞読んだりして、
それでなんとなく12時近くになって、ランチに行って・・・。

そんな感じで、人より抜きんでようと思うこと自体が、
そもそも、無理な話というものです。
 
 
     □     □     □
 
 
1日は24時間しか与えられていませんが、
使うか使わないかは自分次第。
そして、使っていくと、
楽しいことがたくさん待ち構えているということです。

身の回りで、朝を活用している人、
しかも、努力ではなく習慣のレベルで活用している人。
そういう人をじっくり見てみるとわかると思います。
 
 
     □     □     □
 
 
私の知る限り、他社の人々について見てみても、
朝早い人は、仕事でもプライべートでも、とてもイキイキしています。
なぜでしょうか、不思議です。

私の見聞が狭いためかもしれませんが、
私の知る限り、朝の遅い人で、ずばぬけた人、そう多くないのです。
なぜでしょうか、不思議です。
 
 
     □     □     □
 
 
人より抜きんでた存在になりたい。
早く成長したい。早く周りに貢献できるようになりたい。
そういう意欲あふれる方は、ぜひ朝の活用の実践をおすすめします。

やっていない人にはわからない世界がここにはある。
そこまで言っても、言いすぎではないと思います。

うまく活用できるようになると、楽しいですよ!
そして、実践していない人が多いので、余計に差がつきやすいのでしょうね。

朝を活用しきれていないなと感じる方は、
ぜひ日々の流れを見直してみることをおすすめします。
もっともっとできること、たくさん増えてくるに違いありません。

 【このテーマ:おわり】
 
 

 
 
 
 
このコラムは、2008年4月12日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2008年4月27日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

────────────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

────────────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする