ピンチを迎えた時に「よしっ、この時を待っていたんだ!」という発想

シェアしていただけると嬉しいです!

「ピンチ! この時を待っていたんだ!」

これは、私の好きな言葉の一つです。
ピンチが来たとしても、そこでうなだれるのではなく、
「さぁ、このピンチをどうやって乗り越えてやろうか!」と、
前向きに闘う姿勢に入るというスタンスです。


 
 
     □     □     □
 
 
ピンチが来た時の反応には、いろいろあるでしょうが、

・むやみやたらと心配をするばかりだったり、
・思考停止で、やる気を捨てて、現状放置のままにしたり、
・やみくもに行動して、現状を取り繕おうとしたり。

そんなパターンが多いのではないかと思います。

でも、いずれ解決をはからなくてはいけない課題なのだとしたら、
「さぁ、このピンチをどうやって乗り越えてやろうか!」と、
前向きに闘うスタンスに自らをもっていかなくては、
もったいないと思うのです。
 
 
     □     □     □
 
 
自分の身に降りかかってきたことは、
良いことも悪いことも、いずれのことであっても、
自分が次のステップに成長していくための課題だととらえる。

そうすると、クリアするための試行錯誤のアクションは、
成長の源泉になります。
 
 
     □     □     □
 
 
でも、悪いことがあった時、

「あぁ、なんでこんな不幸に見舞われるんだろう?」
「やってられないよなぁ」

などと思う場合、それこそ自分の成長機会を、
つまり、与えられた成長のための教材を、
自分で握りつぶしていることになります。

これは良いことがあった時も同様で、

「やったぁ! ラッキー!」
「あはは、得をしちゃった!」

くらいにしか思わない場合、もうそれでおしまいなのです。

「どうして、こんなに良いことが起きてしまったんだろう?」と
現在の自分の境遇に対する感謝をもつかどうか、
振り返るかどうか、
これは大きな差異につながってくるはずです。
 
 
     □     □     □
 
 
だいたい、ピンチというのは、
自分の捕らえ方次第で、
ピンチになったりならなかったりすることも多いものです。

極端に言えば、
ものすごくいろいろなことを考えてしまう人の場合、
毎日がピンチになります。

例えば、人間は、どんなに健康な人であっても、
今日一日を生きられるかどうかわかりません。
「一秒後の未来が存在する」という証明は、
いかなる科学理論をもってしても、不可能ですから。

それを考えれば、毎日がピンチになります。

そして、「いつこの世の中が消滅するかわからない」という、
この状況は、実は厳然とした事実です。

でも、普通はそこまで考えません。
だから、ピンチなのに、ピンチだとは知覚しないわけです。
 
 
     □     □     □
 
 
でも、そのピンチを例に考えるならば、

「あぁ、おしまいだ」と思うなら、何か誤った道に走ってしまいそうですが・・・、

「よし、じゃぁ、どうやって乗り越えようか」と思うなら、
「一日一日を与えられていることに感謝しなきゃな」とか、
「もっと一日を大事に、そして丁寧に生ききろう」とか、
「残された時間を、こうやって活用していこう!」とか、
いろいろ思うはずなのです。
 
 
     □     □     □
 
 
「ピンチ! この時を待っていたんだ!」

この発想は、
どんなに厳しい局面にあっても、自らを奮い立たせることのできる、
とても良い表現だなと思います。

こう考えてみると、
成長の機会って、意外と転がっているんですよね。

そして、意外と捨ててしまっているものなのです、自分の手で。

だったら、少しでも多くの教材を教材として拾い上げるためにも、
良いことがあっても悪いことがあっても、
「よしっ、この時を待っていたんだ!」と言える人間でありたいものです。

前向きなマインドでの試行錯誤の経験は、
その後に思わぬ成長と縁をもたらしてくれるはずです。
たとえ時間はかかっても。
 
 
 
 
このコラムは、2008年7月9日に配信したメールマガジンを加筆・転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2008年8月9日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

────────────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

────────────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする