廃業予備軍127万社の衝撃|中小企業の事業継承と後継者問題の処方箋

シェアしていただけると嬉しいです!

「6割以上の経営者が70歳を越え、半数の企業で後継者不在」

こんな衝撃的な内容を取り扱っているのが、『週刊ダイヤモンド』1月27日号の特集記事。「廃業 or 承継 大量廃業時代の最終決断」です。

このテーマ、事業承継とM&Aは以前から話題になってきたことなので、急に最近になって問題化したテーマというわけではありません。でも、何も手がつけられないまま、今日に至っている・・・という側面もありますね。この「中小企業の事業継承問題」に対して何ができるのか、どんな対策と処方箋が考えられるのでしょうか?




「週刊ダイヤモンド」廃業 or 承継 大量廃業時代の最終決断

記事には、こうあります。

日本の「お宝企業」が絶滅危機!廃業予備軍127万社の衝撃 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン
経済産業省が衝撃的なシナリオを提示した。日本の企業の3社に1社、127万社が2025年に廃業危機を迎えるというものだ。このまま廃業問題を放置すると、雇用650万人、GDP22兆円が消失してしまうという。

 東京商工リサーチによれば、廃業する企業の約半数が経常黒字なのだという。優良企業が大量に退出してゆく姿は異様にも映る。事業がジリ貧になっているわけではなく、後を受け継ぐ者がいないため、仕方なく廃業を選ぶ経営者が増えているのだ。

現場を見てこそ、その深刻度がわかる

私自身、日本に住んでいた頃には14年ほど会社を経営してきました。中小企業ですから、中小企業の社長さんとのつきあいも多く、いろいろな会社を見てきました。

新進気鋭のベンチャー企業だけでなく、二代目、三代目と引き継がれてきた古くからの中小企業もあります。また、後継者についての問題をかかえ、どうしたらいいか考えあぐねているという経営者にもたくさん出会いました。

今まで、そういう現場を見てきただけに、この問題は本当に奥深いテーマだなと感じます。そして、少子高齢化が進展していくにつれて、この問題はますます大きな問題になってくるはずです。

この問題に対して、一人ひとりがどう立ち向かっていくべきか。あるいは、どう対処していくべきか。

まずは「現場」を見ること

難しい問題ですが、私が思うのは、とにかく現実を知ること。経営について知ること。事業の継承とは何か、そこにはどんな問題があるのか。これらをとにかく知ることから始まるのだと考えます。

今まで、あまり語ってきませんでしたが、私が会社を経営している時も、事業承継で悩む会社の社長さんに出会ってきました。地方の中小企業だったり、地元の名士とされる二代目、三代目の社長さんだったり。皆さん、本当に悩ましい課題を抱えていらっしゃるなと、心の底から感じました。

それこそ、自分でベンチャー企業を起業する方が、よっぽど楽なんじゃないかと思うほどです。

でも、会社をどう継いでいくべきか。親族に承継するのか。あるいは社員の誰かに? あるいはは第三者への事業譲渡として引き継いでもらうという道もあります。もちろん、閉じるという選択もあるでしょう。

これらはもちろん大変な問題なのですが、でも14年も経営してくると、それなりに見える世界もあって。

ケースバイケースですが、お話を聞かせていただきさえすれば、私なりに処方箋、あるいは方向性をご提示することなら、ある程度はできる自信があります。

根深い後継者問題・地方の高齢経営者が述懐してくれたこと

それはなぜかと言えば、たくさんの現場や実際の状況を見てきたから。経営者同士であってこそ話せるということがあるんですよね。

例えば、ある地方の高齢の経営者が、私に語ってくれたことがあります。

「本当は息子につがせたいんだ。でも・・・うちの息子を見ていて、なんとなくわかるだろう? 心配なんだ。君は若くして起業をしたよね。うちの息子を見てどう思う? 経営者としての、正直な感想を聞かせて欲しい」

本当に切羽詰った問いでしたよ。おそらく30年近くも年齢が離れた私に質問をしてきたのです。息子さんよりも若い、この私に。

なんでそういうことを聞くのか。そういう背景も含めて、すごく伝わってくるものがあるんです。それは現場に触れているとわかること。また実際に、会社を経営する中で、見えてくるものなんですよね・・・。

だからこうした記事を見ると、「私にできることであれば、どんどん相談してほしい! 協力させて欲しい!」って、心の底から思います。

「経営」というナマの経験は、大きな突破口を生み出せるはず

この問題は、これからますまる広がる問題だろうと思います。私としても、この問題の解決に向けて、何らかの強力ができればと思い、いろいろ模索をしているところです。

(だから、インドネシアを主に扱うブログであるにもかかわらず、あえてこのテーマを取り扱っています)

難しいんですけどね。でも「現場」に触れる機会が多い中小企業の経営者であってこそ、この問題に立ち向かうことができるんじゃないかなと思います。

私の経験上、M&A仲介会社の社員さんよりは、それなりの経営経験を積んできた社長さんの方が、よほど信頼がおけます。だって、背負っているものの責任やら重みやらを考えれば、もう、とんでもなく次元の異なる問題なんですから。

・・・というわけで、結論のないブログになってしまうのですが、この問題、私はとても危機感を持っているし、なんとか協力したい! とも思っています。そういう問題意識をもっているということだけでもお伝えしたく、あえてブログを書きました。

「事業承継・M&Aエキスパート」という検定試験

この手のテーマの検定試験はあるんですよ。例えば、日本M&Aセンターと金融財政事情研究会が共同で実施する「事業承継・M&Aエキスパート」など。

「事業承継・M&Aエキスパート」の内容や問題、難易度や勉強方法については、こちらにまとめてあります。

「事業承継M&Aエキスパート検定」合格体験記|難易度や勉強法は?
「事業承継・M&Aエキスパート」という検定試験をご存知ですか? 今回、受験をして合格することができたので、これについてまとめてみたいと思いま...

もちろん、こういう試験の勉強をすることも有益ですが、私が最もオススメしたいのは、やはり現場体験。そして経営体験です。「経営」ってホントに奥深い世界で、突き詰めたらキリが無いですよ。

偉そうな発言かもしれませんが、わずか14年だけの経験だけでも、見えちゃう世界があるんです。だから、もっともっと長い経験をおもちの全国の中小企業の社長さんの知恵こそが、この難局を解決するためのキーになるんじゃないかなと思います。

また私自身、この経験をうまく活かせる方法が無いかな・・・と、これからも模索を続けたいと思います。

ちなみにこの本は、最近読んで、入門者向けにとても良い本だな・・・と感じた一冊。事業承継やM&Aについて、その内容や実態、メリットなどを概観するにはオススメです。事業承継の問題を抱えた経営者と、コンサルタントが対話をするスタイルで書かれていて、とても読みやすい本です。

中小企業の買収にチャレンジしてみたいなら

なお、実際に中小企業の買収にチャレンジしてみたいという方は、実際にM&A会社に接触してみることをオススメしています。でも「実際に接触する」ことのハードルが高いとお感じの方も多いと思います。そういう方には、ウェブ上のM&Aサイトへの登録をオススメしています。

例えば、このサイト。中小企業に強いM&A仲介会社、株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)が運営するもので、「会社を売却したい」という案件の一覧を見ることができるWEB上のプラットフォームです。

無料で登録をすることが可能なので、中小企業の買収に少しでも関心のある方は、ぜひ登録をされてみると良いと思います。私自身、2件の買収をしてことがありますが、こうしたサイトから情報を得る中で得られたノウハウや情報も多かったです。

事業承継や事業売却の相談をするなら

また逆に「事業承継や事業売却の相談をしたい・・・」という方には、本当に信頼できる経営者仲間に相談をしてみることをオススメします。前述の通り「経営の現場」がわかるのは、長年の経営経験をもち、自らリスクを賭けて戦ってきた経営者だからです。

その上で、次の段階として、M&Aの実務や専門家に相談をしてみることをオススメしています。いろいろな会社があって、どの会社に相談をしたらいいかわからない・・・という方も多いはず。相談先の探し方にはいろいろありますが、例えば「買い手は、こんなふうにして購入先を探しているんだな」とわかる会社がいいですね。

そういう意味では、先ほど紹介したFUNDBOOKが運営する「会社を売却したい」という案件の一覧を見ることができるWEB上のプラットフォームに登録してみて、どのように購入先を探しているかを確認してみるのは一つの方法です。

同社には「事業承継」の相談を無料で受ける窓口もあるので、もし上記プラットフォームを見てから相談先として納得できそうであれば、同社の「事業承継」相談を申し込んでみると良いのではないでしょうか?

インテグループ株式会社のM&A仲介サービス

また、中堅・中小企業に特化したM&A仲介会社も増えてきています。例えば「実質的な営業利益が1,000万円以上ある会社であれば、売上1億円以下でも対応可能」というのが、インテグループ株式会社のM&A仲介サービス」。着手金0円!中間金0円!成立するまで0円!完全成功報酬制となっているようです。



売上高1億円以下の事業売却プラットフォーム「リ・バース」

また、おもに売上高1億円以下の企業や事業を専門に扱う、事業売却のプラットフォーム「Re・Birth」(リ・バース)というサービスもあります。

BrozGroup株式会社が運営するもので、オンライン上で企業や事業の売り手と買い手とが、直接、交渉できるという仕組み。交渉が進めば実名での交渉をスタートさせることができ、リアルタイムのチャット機能で不明点の確認や相談ができることを特徴としています。

Re・Birth(リ・バース)

「中小企業の事業継承と後継者問題」は、日増しに注目されるテーマ。相談に乗ってくれる会社も増えているようなので、いくつかを比較検討しながら、相談先をじっくりと考えてみるのがオススメです。

■このテーマに関連するブログ記事です。

2つの事業買収を経験した私が「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」を読んでみた
今回ご紹介するのは「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」という本。 副題に「人生100年時代の個人M&A入門」とあるよう...
経営者になる3つの方法|ゼロから起業か、昇進か、M&Aで会社を買うか
今回のテーマは、経営者になるための方法について。皆さんは、「会社の経営者になりたい」と考えたことはありますか? 私は24歳で会社の経営者とな...

また、近年のM&A案件の急増は、一時的なブームを超えて、本格的な時代の転換点を告げるものだと感じています。こちらもどうぞ。

小さな会社を買う|ブームではなく時代の転換!その3つの構造的背景
いま「小さな会社を買う」という方法に注目が集まりつつあります。M&Aとか買収というと数億円という単位の大きな話がイメージされがちですが、最近...

■不動産の売却や投資でお悩みの方へ

不動産の売却や活用、不動産投資のことでお悩みではありませんか? ファイナンシャルプランナーの国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士2級」と日本FP協会認定「AFP」資格をもち、宅建士資格合格、不動産実務検定1級、「事業承継・M&Aエキスパート」の合格者でもある私(渡邉)が、みなさんの相談に乗ります。もし相談したいことがありましたら、「お問い合わせ」窓口より、お気軽にご連絡下さい。
詳細について

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする