廃業予備軍127万社の衝撃「中小企業の事業継承問題」に対して何ができるのか

シェアしていただけると嬉しいです!

「6割以上の経営者が70歳を越え、半数の企業で後継者不在」

こんな衝撃的な内容を取り扱っているのが、『週刊ダイヤモンド』1月27日号の特集記事。「廃業 or 承継 大量廃業時代の最終決断」です。

このテーマは以前から話題になってきたことなので、急に最近になって問題化したテーマというわけではありません。でも、何も手がつけられないまま、今日に至っている・・・という側面もありますね。

スポンサーリンク

「週刊ダイヤモンド」廃業 or 承継 大量廃業時代の最終決断

記事には、こうあります。

日本の「お宝企業」が絶滅危機!廃業予備軍127万社の衝撃 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン
経済産業省が衝撃的なシナリオを提示した。日本の企業の3社に1社、127万社が2025年に廃業危機を迎えるというものだ。このまま廃業問題を放置すると、雇用650万人、GDP22兆円が消失してしまうという。

 東京商工リサーチによれば、廃業する企業の約半数が経常黒字なのだという。優良企業が大量に退出してゆく姿は異様にも映る。事業がジリ貧になっているわけではなく、後を受け継ぐ者がいないため、仕方なく廃業を選ぶ経営者が増えているのだ。

現場を見てこそ、その深刻度がわかる

私自身、日本に住んでいた頃には14年ほど会社を経営してきました。中小企業ですから、中小企業の社長さんとのつきあいも多く、いろいろな会社を見てきました。

新進気鋭のベンチャー企業だけでなく、二代目、三代目と引き継がれてきた古くからの中小企業もあります。また、後継者についての問題をかかえ、どうしたらいいか考えあぐねているという経営者にもたくさん出会いました。

今まで、そういう現場を見てきただけに、この問題は本当に奥深いテーマだなと感じます。そして、少子高齢化が進展していくにつれて、この問題はますます大きな問題になってくるはずです。

この問題に対して、一人ひとりがどう立ち向かっていくべきか。あるいは、どう対処していくべきか。

まずは「現場」を見ること

難しい問題ですが、私が思うのは、とにかく現実を知ること。経営について知ること。事業の継承とは何か、そこにはどんな問題があるのか。これらをとにかく知ることから始まるのだと考えます。

今まで、あまり語ってきませんでしたが、私が会社を経営している時も、事業承継で悩む会社の社長さんに出会ってきました。地方の中小企業だったり、地元の名士とされる二代目、三代目の社長さんだったり。皆さん、本当に悩ましい課題を抱えていらっしゃるなと、心の底から感じました。

それこそ、自分でベンチャー企業を起業する方が、よっぽど楽なんじゃないかと思うほどです。

でも、会社をどう継いでいくべきか。親族に承継するのか。あるいは社員の誰かに? あるいはは第三者への事業譲渡として引き継いでもらうという道もあります。もちろん、閉じるという選択もあるでしょう。

これらはもちろん大変な問題なのですが、でも14年も経営してくると、それなりに見える世界もあって。

ケースバイケースですが、お話を聞かせていただきさえすれば、私なりに処方箋、あるいは方向性をご提示することなら、ある程度はできる自信があります。

ある地方の高齢経営者が、私に述懐してくれたこと

それはなぜかと言えば、たくさんの現場や実際の状況を見てきたから。経営者同士であってこそ話せるということがあるんですよね。

例えば、ある地方の高齢の経営者が、私に語ってくれたことがあります。

「本当は息子につがせたいんだ。でも・・・うちの息子を見ていて、なんとなくわかるだろう? 心配なんだ。君は若くして起業をしたよね。うちの息子を見てどう思う? 経営者としての、正直な感想を聞かせて欲しい」

本当に切羽詰った問いでしたよ。おそらく30年近くも年齢が離れた私に質問をしてきたのです。息子さんよりも若い、この私に。

なんでそういうことを聞くのか。そういう背景も含めて、すごく伝わってくるものがあるんです。それは現場に触れているとわかること。また実際に、会社を経営する中で、見えてくるものなんですよね・・・。

だからこうした記事を見ると、「私にできることであれば、どんどん相談してほしい! 協力させて欲しい!」って、心の底から思います。

「経営」というナマの経験は、大きな突破口を生み出せるはず

この問題は、これからますまる広がる問題だろうと思います。私としても、この問題の解決に向けて、何らかの強力ができればと思い、いろいろ模索をしているところです。

(だから、インドネシアを主に扱うブログであるにもかかわらず、あえてこのテーマを取り扱っています)

難しいんですけどね。でも「現場」に触れる機会が多い中小企業の経営者であってこそ、この問題に立ち向かうことができるんじゃないかなと思います。

私の経験上、M&A仲介会社の社員さんよりは、それなりの経営経験を積んできた社長さんの方が、よほど信頼がおけます。だって、背負っているものの責任やら重みやらを考えれば、もう、とんでもなく次元の異なる問題なんですから。

・・・というわけで、結論のないブログになってしまうのですが、この問題、私はとても危機感を持っているし、なんとか協力したい! とも思っています。そういう問題意識をもっているということだけでもお伝えしたく、あえてブログを書きました。

この手のテーマの検定試験はあるんですよ。例えば、日本M&Aセンターと金融財政事情研究会が共同で実施する「事業承継・M&Aエキスパート」など。

こういう試験の勉強をすることも有益ですが、私が最もオススメしたいのは、やはり現場体験。そして経営体験です。「経営」ってホントに奥深い世界で、突き詰めたらキリが無いですよ。

偉そうな発言かもしれませんが、わずか14年だけの経験だけでも、見えちゃう世界があるんです。だから、もっともっと長い経験をおもちの全国の中小企業の社長さんの知恵こそが、この難局を解決するためのキーになるんじゃないかなと思います。

また私自身、この経験をうまく活かせる方法が無いかな・・・と、これからも模索を続けたいと思います。

ちなみにこの本は、最近読んで、入門者向けにとても良い本だな・・・と感じた一冊。オススメです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2018年1月31日up
 「事業承継・M&Aエキスパート」検定に合格! 内容と背景、感想のまとめ!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク