「夏を制する営業は一年を制する」の精神

シェアしていただけると嬉しいです!

湿気の多い季節・・・。
外出の厳しい時期ですね。
外回りの多い営業職にとっては、
ある意味で、試練の時期。

でも営業の本分は、
どんなに効率化がうたわれる時代にあっても、
「外に出る」「人に会う」ということに帰結すると思います。


 
 
       □     □     □
 
 
「営業は出てなんぼ」です。
こういう厳しい時期にどれだけの種まきができたかが、
これからの成果を左右する。

グラムメディアの山村幸広社長も、
「夏を制する営業は一年を制する」ということで、
先日のブログで同じことを書いていらっしゃいました。
 

■7月14日 梅雨明け

 
 
       □     □     □
 
 
前時代的な考えと思う人もいるでしょうが、
私は非常に大事な観点だと思っています。
ちなみに私も似たテーマで、先日ブログに書いてみました。
 
(参考:過去ブログ記事)
 
■2007年7月24日
「有効面談時間」という考え方
「有効面談時間」という考え方
今日のランチで、ある社長から教えていただいた話。 「売れる営業マンに共通するものは?」というテーマになった時、 こんな話になりました...

 
 
       □     □     □
 
 
最近、人に会う機会が多いのですが、
今日もまた、たくさんの方にお目にかかりました。

「サムスルさんのホームページ、
 じっくり拝見しましたよ。
 今の多くの企業が、まさに広告代理店に求めようとしている機能。
 サムスルさんは、昔から取り組んでいらしたんですね?」と。

いやぁ、嬉しいですね・・・。
だって、私から説明する前から、ご理解いただいているのですから。

上から目線なコメントになりますが、
本当に「わかる人は早い!」。
 
 
       □     □     □
 
 
「残念ながら、サムスルさんとは、まだお取引が無いですが、
 ぜひご一緒したいですね・・・」

「はい! ぜひ!」

わかっている方、つまり、
上の方、すごい方、経験と苦労をすさまじく蓄積された方、
そういう人とのお話し合いは、本当に刺激に満ちています。
 
 
       □     □     □
 
 
そして、そういう方々との邂逅を創出できる。
それが営業の一つの醍醐味なんですよね。

若い営業マンほど、
目上の人や、すごい人にたくさん会うべし!
臆することなかれ。

つくづく、そう思います。
 
 
       □     □     □
 
 
自分の力では太刀打ちできないような人と、
どれだけたくさん会って、どれだけたくさん貢献できるか。
それが将来を創ることにつながるはずです。

いっぱい打ちひしがれるかもしれません。
でもそれが大事なのです。

暑い苦しい時期こそ、外に出よ!
冒頭に掲げた山村さんのブログ、ぜひご一読あれ。
 
 
■追伸:
最近、外出先で、
twitterマーケティングの話をするとウケるのですが、
今日は、「ソーシャルメディア」とか「2.0」などの表現にとどめ、
「twitter」については、あえて封印してみました(笑)
 
 
 
このコラムは、2009年7月29日に配信したメールマガジンを加筆・転載したものです。
 
■12年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2009年7月29日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

────────────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

────────────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク