「また再建しましょう」発言のおじいさま、只野照雄さんの器と気概!

シェアしていただけると嬉しいです!

今回の「東北地方太平洋沖地震」は現在でもその全貌がわからないほどに、とてつもなく甚大な被害をもたらしています。

依然として見つからない人たちも数知れず・・・。

そんな中、地震発生から3日目にして救出された、このおじいさまのコメントは、実に特筆すべきもの。今後もぜひ記憶に残されるべき名言だと思います。


 
 
     □     □     □
 
 
Youtube で公開されていたので、ここに紹介します。
 
■「チリ津波んときも体験してっから。大丈夫です」 

この映像のおじいさま。
何度見ても名言だなぁと思います。

救出されて、カメラに迎えられた時のひとこと。

大丈夫です! チリ津波も体験してるから・・・大丈夫です。 また再建しましょう!

 
 
     □     □     □
 
 
この気概。そして器の大きさ。

言葉だけでなく、それに伴うおじいさまの表情を見ても、その年輪の深さが伝わってきます。

映像が無ければ伝えきれない気迫ですね。
 
 
     □     □     □
 
 
3日目にして救出されたばかりとは思えないコメント。
おそらくご自身のことですら精一杯なはずだったのに、その視点は、あくまでも未来志向。
そして、国(あるいは世の中)を背負う視点の大きさ。

この世代に特有の視点なのでしょうかね・・・。
改めて、その姿勢の気高さに、勉強させられた思いです。
 
 
     □     □     □
 
 
志をもって生きる人間の強さと言っても良いでしょう。
私欲より、世のため人のためを思えるだけの心の強さ。
深いですよね。

西郷隆盛の言葉を思い出しました。

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕抹に困るもの也。
此の仕抹に困る人ならでは、艱難を共にして 国家の大業は成し得られぬなり。

ぜひとも、力を合わせて再建していきましょう!
 
こちらのブログ記事も、ぜひどうぞ。

『日本復興計画』レビュー|震災後という新パラダイムを考える基本書
今回ご紹介するのは、経営コンサルタントの大前研一さんの書籍、『日本復興計画』 です。まさに「震災後」という新パラダイムを考えるための「基本書...

 
後日追記:
日本中に勇気を与えたおじいさま、只野照雄さんですが、2012年9月にお亡くなりになられたそうです。

東京新聞の記事がウェブにあったようですが、すでに閲覧できない状態です。以下の「まとめ記事」で知りました。ご冥福をお祈りします。

日本中に元気を与えた「再建爺さん」こと只野照雄さんが亡くなられていた – NAVER まとめ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする