秋元康の名言「成功するために必要なのは運。頑張れとしか言えないんだ」

シェアしていただけると嬉しいです!

今回取り上げるのは、作詞家として知られる秋元康さんの名言。

小説家や映画監督、プロデューサーとしても有名ですが、そんな秋元さんが、google+で、AKB48の「非」選抜メンバーに贈った言葉が実に見事。

ぜひご紹介したいと思います。
 
秋元康さん

秋元康さんのページはこちら。

抜粋して掲載すると、以下の通りです。
まずは・・・、
「騙された」と思っても良いので、最後まで読んでみて下さい。
 

次の仕事をする前に、もうひとつだけお話ししておきましょう。
成功するためには、何が必要か?
………運です。
僕はこの38年間、スターと呼ばれる人たちを見て来ました。
僕も何人もプロデュースして来ました。
そこで見たものは、運です。
どんなに実力があっても、
運がないとスターにはなれないのです。
じゃあ、努力をしていても無駄なのか?
努力は報われないのか?
そんなことはありません。
努力は必要です。
言い方を変えれば、
努力は成功するための最低条件です。
みんな、必死に努力して、
じっと、チャンスの順番を待つしかないのです。
大ベストセラー「もしドラ」を書いた岩崎夏海は、僕について16年後に成功しました。
僕のドライバーをやっている時も、
ずっと、小説を書いていたんですよ。
いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい。
自分の境遇の悪さだけを嘆いていても始まりません。
頑張れとしか言えないんだ。
僕がチャンスを作っているのではありません。
僕からのチャンスを待っている間はだめですね。
「私だって選抜に入れば…」
「私だってドラマに出れば…」
「私だってコマーシャルに出れば…」
それがチャンスだと思っているかもしれませんが、それは違います。
それは、チャンスの出口です。
みんなに見つけて欲しいのは、
チャンスの入り口です。
例えば、松井咲子。
彼女のチャンスの入り口は、
音大に入ったことです。
趣味の域を越えているから、
代々木でコンサートをやった時、
「ポニーテールとシュシュ」を
弾いてもらったのです。
「TEPPEN」にも繋がり、
ぐぐたすで、さらにブレイクした
ということです。
アルバムを出すのは、
チャンスの出口です。
このアルバムを名刺がわりに
どう進むか?です。
選抜も、コマーシャルも、番組も、
僕が一人で決めているわけではありません。
最終決定権は僕にありますが、
いろいろなスタッフの意見を聞きます。
そこに、もっと、いろいろな名前が出て欲しいんですよね。
つまり、松井咲子のような小さな努力や運が見えて来ないんです。
今の自分にできることを考えなさい。

 
 
     □     □     □
 
 
いかがでしょう?

秋元さんのような成功者が語る言葉には、説得力があります。
私は、昔からの秋元ファン。
今回の言葉にも大賛同です。

私は、まだまだ成功者ではありません。成功者でないうちに「大賛同です!」と言うのは、どことなく、おこがましい感じがありますが、それでも大賛同。

自分の努力不足を戒める意味でも、あえて、このブログに「大賛同」と書きたいと思います。
 
 
     □     □     □
 
 
かつてのブログにも書いていますが、私は「運」は非常に大きな要素と考えており、の「運」を招来するものは「努力の集積」であると書いてきました。

例えば、こちら。

(参考:過去ブログ記事)
■2004年9月16日up
 「アンフィニッシュド・ブッダ ( “未完成の完成”を求めて)」
■2008年8月 3日up
 運は自ら運ぶもの(時の運と人の縁は自力志向から始まる)(2)

 
 
     □     □     □
 
 
努力の集積の極限状況に至った時、そこで初めて、「ひらめき」という天啓が訪れる。
それこそが、エジソンが「天才」と呼んだ状況。

つまり、「天才とは、99%の努力と1%の霊感」という言葉は、
極限まで努力をしなければ、最後の1%(運)は訪れず、
そうした、努力を超越した「運」というものが加味されない限りは、
「天才状態」とよぶべき、真に凄い「結果」を現出させることはできないのだと。

1%の霊感、ひらめき、運。

そうした最後の贈り物が訪れる状態までの努力。
それはまさに、極限までの努力。

そこまで至る努力をし続けなければ、天才状態としての「完成」には至らないのだと。
 
 
     □     □     □
 
 
秋元さんが、まさに同じようなことを書かれているように読めて、大興奮してしまいました。

私自身、これを契機に、より一層の奮起をしていきたいと思います!

成功者に聞く|「やってみる」「やり続ける」「やりきる」ということ
「できるか、できないか」ではなく、 「やるか、やらないか」ということ。 これは私の好きな言葉で、折にふれて自分に言い聞かせていること...

■追伸:
なお、秋元康さんはいろいろな本を出されていますが、この本、おススメです。軽い内容ですが、いろいろ考えるきっかけになると思います。

趣味力 (生活人新書)

秋元 康 NHK出版 2003-04-11
売り上げランキング : 147265

by ヨメレバ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする