積極的情報発信のススメ(インドネシアの知らない女子大生からお礼のメッセージ、その意外な理由)

シェアしていただけると嬉しいです!

ネットでも積極的に情報発信をした方がいいですよ、という話。

「情報発信」と言っても、固っ苦しい内容である必要はありません。
ちょっとした日常の気付きだったり、感想だったり。

必ずしも、人様に役立つ内容にしなければ・・・と構える必要はなく、
個人的な近況を報告するような内容でも良いと思います。

私は、facebookやブログなどで書いているのですが、
書いていて良かったなと思う場面は今までにもたくさんあります。

typing
photo credit: Typing via photopin (license)




インドネシアの知らない女子大生からお礼のメッセージが

例えば、先日のびっくり体験。

あるインドネシアの女子大生からメッセージが来て、
「あなたにお礼が言いたい」と。

知らない人だったので「なんだろう?」と思い、
「ひょっとして、何かの宣伝かな・・・」と、
警戒しながら続きを読んでみたらびっくりです。

昔、渡邉さんがfacebookで紹介してくれた名言、おぼえていますか? 私はそれをスピーチ原稿に取り入れたんです。そうしたら、スピーチコンテストで第2位になって日本に行くことができたんです!

へぇ! こんなこともあるんだ! と、本当に驚きました。

スピーチを聞いてくれた人たち、いろいろな人から、こんなに素晴らしい名言を紹介してくれてありがとうと言われました。でも私の方こそ、渡邉さんに感謝したいです。

そういうメッセージがインドネシア語で届いたのです。

ちょっとした投稿で、大いに揺さぶられる人もいる

ちょっとした情報発信で、こんなことが起きてしまう・・・。

しかもこのケースでは、
その学生が私に報告してくれたからわかったものの、
もし報告してくれていなかったら、
私自身、まさかこんな展開が起きていたとは、想像だにできなかったこと。

つまり何が言いたいかと言うと、
ちょっとした投稿をきっかけにして、
大いに揺さぶられる人がいるということなのです。

あなたが発信した内容が、意外な好影響を起こしているかもしれないのです。

何が刺さるかわからない

すごい内容でなくても良いと思います。
実際、私のケースも、単に名言を紹介しただけのこと。

有益なことを頭でひねりだしたわけでもなく、
一生懸命に考えて考えて、
ようやく編み出された思想・・・というわけでもありません。

でも、振り返ってみてください。

友人知人が書いた、ちょっとした日記のような投稿だったり、
ほほえましい写真だったり。
ほんのちょっとした発信なのに、
そこから大きな刺激を受けたということは無いですか?

知り合いが紹介していた本やレストランがあって、
それを読んだり、行ってみたりしたら、おおいに感動を味わえたとか・・・。

ちょっとした投稿が人を動かし、
(この場合、本を買ったり、レストランで食べたり)、
その結果として、感動を与えてしまう・・・。

小さな感動、ちょっとした嬉しかったこと・・・

大上段に構える必要はなくて、
ほんのささいなことでもいい。

あなたが感動したこと、発見したこと、うれしかったこと。
そうしたことが、意外な人を意外な方向に突き動かすことがあるということです。

でも、一つだけ言っておきたいのは、
同じ情報発信をするのであれば、
ネガティブな内容ではなく、ポジティブな内容がオススメですよ。

私もまた、あなたから、周りの友人知人から、
そして多くの方々からの発信にふれて、
大きな刺激を得たいと願っている一人です。

このブログをきっかけに、
「ささいなことでも発信してみようかな・・・」と
そんなふうに思ってくれる方が出てくることを楽しみにしています。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2018年4月27日up
 ブログもソーシャルメディアも「書いて元気が出る人」は、どんどん書いたらいい!

■2015年12月16日up
 私がブログを書き続ける5つの理由

■2015年11月16日up
 ブログの何気ない一言が相手に大きくプラスに作用することも(積極的情報発信のススメ)

■2014年4月5日up
 積極的情報発信のススメ(バリ島で受け取った嬉しい言葉)

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする