ブログの何気ない一言が相手に大きくプラスに作用することも(積極的情報発信のススメ)

シェアしていただけると嬉しいです!

ブログでもソーシャルメディアでも、
「もっともっと発信するといいよ!」というのが私の考えです。

「恥ずかしい」とか、
「大したことは書けないし・・・」という人もいるでしょう。

以前、ある若者が世界一周の旅に出るというので、
「ぜひどんどん発信して!」と言ったら、
「僕は発信しません」と。
「なぜ?」と聞いたら、
「だって、途中で何か失敗したら恥ずかしいじゃないですか」と。

「なんてもったいない!」と私は思いました。
リアルの世界でも、ネットの世界でも良いのですが、
発信することで得られることはたくさんあります。

typing
photo credit: Typing via photopin (license)




すごいことを書こうと思わなくてもいい

大それたことを書こうと思う必要はありません。
すごいことを書かなくたっていいと思います。

ちょっとした日常でも良いのです。
とにかく少しでも良いから発信してみること。

ささいなことでも構いません。
感じたこと、思ったこと、考えたこと・・・。
街を歩いていて、「あ、いいな!」という場面があれば、
そんな写真1枚でも良いと思います。

友だちの何気ない一言が大きく影響した・・・ということ

「そんなことで、何が良いの?」と思う人もいるでしょう。
でも考えてもみて下さい。
友人知人のちょっとした一言が、
大きく自分の将来に影響したというようなこと、ありませんか?

誰かの発した言葉、誰かが教えてくれたこと、
それが新しい趣味を始めるきっかけになったり、
人生の新たな進路を歩むきっかけになったり、
そういうことは、意外とあると思うのです。

ネットで見つけた、こんなびっくり

なぜこんなことを改めて言うかというと、
最近、ネット上で素敵な発見をしたからです。

例えばこちら。


私はびっくりしましたよ・・・。

だいぶ昔に書いた私のブログ。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2004年8月18日up
 一歩踏み出す勇気と行動力(ひるまない心から始まる人生変革)

このブログを読んで「小さな一歩を踏み出せた」だなんて。
書いた私からすれば、これほどの褒め言葉はありません・・・。

また、こんなツイートも見つけました。

これも本当にびっくり。
だって「渡邉裕晃の名言」ですよ。

有名人でも何でもない私の言葉が、
まるで著名人の名言のようにして紹介されている・・・。

これも昔ブログに書いたネタが影響していますが、
こうして「名言」として取り上げて下さって、かつ
さらに多くの方々に広げてくださること。

本当に嬉しいことです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2008年9月24日up
 人は、会うべき時に会うべき人と出会えるようになっている

何が人に影響を与えるかは、書いてみないとわからない

これらは、たまたまネット上で可視化された一例に過ぎません。

「わざわざネットで書く」ということには、
それなりのハードル(手間)があるはず。

自画自賛するわけではありませんが、
こうしてわざわざ書いてくださった方がいるということは、
「同じように好意的に感じたけど、わざわざ書いてはいない方」も、
きっとさらにいるはずなのです。
 
これは私が自慢したくて言っているのではありません。

ほんの些細な私のコメントが、
人を動かしてしまったということの実例です。

でもこういうものは、明示的に可視化されているだけでなく、
目に見えない形で誰かにインパクトを与えていることもあるはず。
皆さんの、ちょっとした一言が、
友人知人に影響を与えたことはないですか?

だから、どんどん発信してみよう

もちろん、ささるコメント、ささらないコメント、
いろいろあるでしょう。

でも、誰かに刺さるとは思わないような、
そんな素朴な内容であっても、
それに影響されたり、感銘を受けたりするということは
きっとあるはず。

あなたの原体験。心の底から体感したこと、
実体験で味わって感じたこと・・・。

ちょっとしたことが、相手に影響を与えることがあります。
だからこそ、どんどん発信してみてほしいのです。
 
人に影響を与えることがある・・・。

もし影響を与えるのであれば、
マイナスの影響ではなく、プラスの影響が良いですよね。

だから、発信する内容は、
ぜひポジティブな内容である方が良いと思います。

気軽にやってみよう、ネットが苦手なら日常の場面から

ブログでもソーシャルメディアでも、
「もっともっと発信するといいよ!」というのが私の考えです。
あまり発信していないという人は、
ぜひ気軽な気持ちで始めて欲しいです。

ネット上での発信がおっくうであれば、
友人知人とのリアルな場面で、
「最近感じたこと(できれば前向きなこと)」を
少しだけ多めに話してみてください。

そこで「意外な反響」があればしめたもの。
それをネットでも書いてみましょう。

まずは「友人限定」でも良いですね。
そこから新たな一歩が始まるのです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年10月21日up
 積極的情報発信のススメ(インドネシアの知らない女子大生からお礼のメッセージ、その意外な理由)
■2014年4月5日up
 積極的情報発信のススメ(バリ島で受け取った嬉しい言葉)

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする