海外子育ての言語教育|「成長カーブ」を意識することの大切さ

シェアしていただけると嬉しいです!

子供連れで海外暮らしをしている場合、
親にとって、常に悩みとしてつきまとうのは、
子供に対する「言語教育」の問題ではないでしょうか。

どうやって、いかに早く外国語を身につけさせるべきか。
我が家の場合は、インドネシアに暮らしているので、
公用語であるインドネシア語、そして国際共通語である英語、
その両方をいかにして教えていくか、悩みはつきません。
いわゆる「母語の存在をどう考えるか」という問題もありますね。

我が家の小学校1年生と2年生の子供たちは、
インドネシアで暮らすようになってから1年超。

まだまだ言語習得に奮闘中の子供たちですが、
私自身、この1年ちょっとの間、
子供たちの言語教育に寄り添ってきて感じることは、
いわゆる「成長カーブ」を意識することの大切さです。

growth-curve
photo credit: Yoho Road via photopin (license)


     □     □     □

成長カーブ、成長曲線というのは、よく言われていることで、
「努力の蓄積」と「結果」は必ずしも比例しないということ。

検索したところ、わかりやすい図を見つけたのでご紹介します。
これは「進学空間Move」の宮脇先生が作成された図です。

成長曲線(http://m-move.seesaa.net/article/383028791.htmlより)

皆さんも経験があると思いますが、
たとえ一生懸命に頑張っていても、
なかなか成長できているように見えず、
やってもやっても伸びない・・・という時期があると思います。

それでもなんとか踏ん張って続けていくと、
ある時ふと「あれ、できちゃった!」と感じることがある。

努力を継続した結果として、
ある時、急に習得できてしまった、急に成長できてしまった・・・

誰でも、そんな経験があるのではないでしょうか?

     □     □     □

例えば「自転車に乗る」という練習。
何度も何度も転んでしまって、うまくいかない。
一生懸命に繰り返し練習をして、それでもなかなかうまくいかなくて。

でも、繰り返し練習していたら、
ある時、急に自転車に乗れてしまった・・・。

スイスイとこげてしまう。もう転ばない!
あれーー、なんで急に? とびっくりする。

そんなイメージです。

努力を継続する。すぐに結果はあらわれない。
でも継続する。繰り返す・・・。
すると、ある瞬間に、急にできてしまう、という現象。

「努力の蓄積」と「結果」は必ずしも比例しない。
成長カーブは、努力の総和に正比例する「右肩上がりの直線」ではなく、
しばらく続いた「右一直線」を経て、急に上昇していく。

そのように描かれるのが「成長カーブ」です。

     □     □     □

海外に暮らしていて、子供の語学教育に付き添っていると、
「あれ・・・子供がなかなか言葉を覚えないなぁ」と悩むことがあるはず。

私自身も経験があるのですが、
真摯に取り組んでいるほど、ある時、感じてしまったりするんですよ。

いけないとは思いつつ。
「なんで、うちの子は、こんなに覚えが悪いんだろうか?」なんて。

     □     □     □

でも、1年ちょっとインドネシアで家族と暮らし、
子供の言語教育に携わって感じるのは、
いわゆる「成長カーブ」を意識することの大切さなのです。

しばらくは、右一直線です。なかなか伸びません。
でも、ある時、急に伸びるんです。
ある時、急に開けてくるんです。

親ができるのは、
「なんでできないの!」「なんでわからないの!」と叱ることではなく、
急カーブを描くその瞬間まで、一生懸命に寄り添ってあげることなんです。

辛さばかりではなく、楽しさも感じてもらいながら、
一緒に伴走してあげることなんです。

     □     □     □

先日のこと。

6歳になる息子が「歯が痛い」と言うので、近くの歯医者へ。
インドネシア、東ジャワのマランにある歯医者です。
受付で呼ばれてから部屋に入り、
息子は歯科医の先生に「こんにちは」の挨拶をしてから診療台へ。

「さぁ、息子のために、先生との間に入って通訳するぞ!」
そう身構えていたら・・・、
いつの間にか、先生と息子がインドネシア語で会話を始めていました・・・

あれれ。これには、びっくり。

     □     □     □

私自身、もう目を丸くするような驚きですよ。

そこで「翻訳せずに、しばらく様子を見てみよう」と決め、
観察することにしました。

歯医者の先生は、息子にインドネシア語で問いかけます。

「何歳なの?」
「小学校はどこ?」
「歯はどのあたりが痛いの?」などなど。

そんな先生の質問に、息子はどんどん答えていきます・・・。

     □     □     □

息子がインドネシアに来たのは、昨年9月。まだ1年前です。
インドネシア語がまったくできず、
そんな中で、インドネシアの現地校で先生と同級生たちに囲まれて。

そうした中で、少しずつ鍛えていったインドネシア語の力。

時には、私自身、
「子供たちは、なんでもっとインドネシア語ができるようにならないんだろう?」
なんて、もどかしい気持ちになりながら。

でも今回、歯医者のやり取りを見て、
つくづく思い知らされたのです。

子供は、いつの間にか自然に身に着けていたんだなぁ・・・と。
しみじみ感動させられた瞬間でした。

     □     □     □

先生からの、
「歯はどこが痛いの? 上? 下?」との問いに、
インドネシア語で「このあたりです」と答える息子。

「水を飲むときは痛い?」との問に、「痛くないです」と。
「これはどう?痛い?」と聞かれて、「あ、それは痛いです・・」と。

医者と会話が成立している! このこと自体が驚きでした。

     □     □     □

本当に初心者レベルのインドネシア語でしかないのですが、
それでも私が6歳の頃は、ここまでできなかったような気がします。
やはり環境は重要なのでしょうね・・・。

必死に言語を吸収しようとする子供。

でも、急にできるようになるはずがありません。
前述の「成長カーブ」のような現象が起きます。
努力に正比例した結果が現れるわけではないのです。

大事なのは「なんでできないの?」と
子供の可能性を傷つけたりしないこと。

子供も必死。だったら、大人はもっと必死に寄り添って育てていくべき。
それはとても簡単なことのようでいて、
実はとても難しいことですね。

子育ては、会社経営以上に難しく、
でも、会社経営以上にやりがいのある一大事業なのかもしれない。
日本で14年ほど会社経営していた自分としては、そんなことすら感じます。

子供たちの「成長カーブ」を毎日のように目の当たりにしながら、
インドネシアでの家族暮らしの格闘は続きます・・・。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年9月23日up
 子供の言語教育を目的に、1年休職して中国に移住したアメリカ人家族の1年後

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする