朝3時起きの私がオススメする「早寝早起き」実現のためのシンプルなコツ

シェアしていただけると嬉しいです!

私は、朝3時起床を実践中です。

以前のブログにも書きましたが、「朝3時起床」を始めてから、非常に調子が良くなりました。頭の調子も、体の調子も。

私は昔から「早起き」なので、早起きのための努力というのは、あまりしたことがありません。

でも、私のまわりを見渡すと、

「いつか早起きを実現したい!」
「けれども、なかなか実現できなくて・・・」

という人が少なくないのも事実。

「どうすればいいの?」となるわけですが、これに対する私の回答は、「早く寝ること」。早朝に起きるようになるためのコツを聞かれれば、「早く寝ること」、もうそれしかありません。

Sunrise over the CaribbeanSunrise over the Caribbean / themissy
スポンサーリンク

早く起きるためには、早く寝ること

「早く起きるためには、早く寝ること」

早起きを実現した人の多くが言うことで、私も同感、鉄則です。

でも、「早起きをしたい!」という人にこれを伝えても、なかなか刺さらないんですよね・・・。
なぜだろう? と、いつも考えていました。

「日経DUAL」の2015年9月25日付記事で、書籍『仕事も家事も育児もうまくいく! 「働くパパ」の時間術』の著者である栗田正行さんが、良い指摘をされていました。

記事の中で「早起き実現のコツ」として、3つのポイントがあげられているのですが、非常に大事な点を、とてもわかりやすい表現で指摘されていました。

「なるほど、そういう説明なら刺さるかも・・・」と私も思いました。

1日を決めるのは朝 子どもの「起床時間」を整える  :日本経済新聞
【工夫1 早起き・早寝の順にする】

早寝・早起きが大切だということは、あなたが子どものころから言われてきたことでしょう。しかし、「早起きは三文の徳」と言われても、なかなかできない…。そんな方におすすめなのが、この工夫です。この工夫1のタイトルをよーく見てください。

 「早寝・早起き」ではなく、「早起き・早寝」になっています。

 これは、ただ言葉の順番を変えただけではなく、早起きを徹底したい方は、無理やりにでも、まずは1日早起きすることを意味しています。

 なぜなら、無理にでも早起きした日はいつもより早く眠くなり、自然に早寝になるからです。そうすれば、翌日早起きすることは難しくありません。そうやって、早起きスパイラルに突入していくのです。早起きが徹底できない理由として、早寝ができないことが考えられます。ですから、多少強引でも早起きする日をつくることが有効なのです。

「早寝・早起き」ではなく、
「早起き・早寝」であると。

どうです? これなら刺さる人、意外といるのではないかなと。
(私の妻は、心の底から納得できたようです)

睡眠時間を削らずに、いかにして早起きを実現するか

繰り返しになりますが・・・、

早朝に起きるようになるためのコツを聞かれれば、私は「早く寝ること」と答えます。

厳密には、他にもいろいろなコツはありますが、一番大きいのは、「早く寝ること」と私は断言します。

「睡眠時間を削る」というのは限界があります。
睡眠時間を削らずに、いかにして早起きを実現するか。

それはもう「早く寝る」しかないんです。

早起きを徹底したい方は、無理やりにでも、まずは1日早起きすることを意味しています。

なぜなら、無理にでも早起きした日はいつもより早く眠くなり、自然に早寝になるからです。そうすれば、翌日早起きすることは難しくありません。

これは、まさにその通り。

早く寝る方法は、ズバリ、次の3つ!

(1)とにかく頑張って早く寝ること

もし「いつもより早い時間だと、なかなか寝られない・・・」
ということであれば、

(2)いったん早く起きちゃうこと

これは、先程の記事で栗田さんが指摘されている通り。
そうすれば、自然と夜は早めに眠くなるはずです。

そしてもう一つは、
(3)早く眠くなるくらいに運動したり体を酷使すること

体を酷使した日は、夜はやめに眠くなりますよね?
昼寝したくなる時があれば、あえて我慢して昼寝をしない。
そうやって、夜とにかく早く寝ちゃう日をつくるのです。

「いったん早く起きる」という方法

睡眠時間を削らずに、いかにして早起きを実現するか。
それはもう「早く寝る」しかありません。

「早く寝る」にはどうすべきか。

それは、夜早めに眠くなってしまうよう自分を追い込むこと。
すると、体を酷使するか、おもいっきり早く起きるかですね。

運動嫌いの人には「体を酷使する」は難しいかもしれません。
そうした場合に、この栗田さんの指摘、
「いったん早く起きる」は、非常にわかりやすい説明ではないでしょうか。

「睡眠時間を削ろう」と思わないことが大事

たまに「朝3時起きなんて、すごいですね!」と言われます。
でも、私に言わせれば大したことはありません。
なぜなら、睡眠時間を削っているわけではないからです。

たしかに睡眠時間を削って実現しているとしたら、
それはすごいことだと私も思います。

でも、以前よりも早く寝ているだけ。
だから、以前より早く起きているだけ、です。

睡眠時間の量は同じ。 すごくともなんでもありません。

「いつか早起きを実現したい!」
「けれども、なかなか実現できなくて・・・」

そういう方は、ぜひ「早く寝る」を実践してみて下さい。

(1)とにかく頑張って早く寝る

「なかなか寝られない・・・」ということであれば、
(2)「いったん早く起きちゃうことで、夜眠くなるようにする。

(3)早く眠くなるくらいに運動したり体を酷使すること。

です。朝は本当に素晴らしいですよ!! ぜひおためしください!

■追伸:
今回は「早寝早起き」実現のためのシンプルなコツとして書きました。
他に細かいコツがいくつかありますが、いずれまたブログに書きたいと思います。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年11月17日up
 「朝3時起きで何でもできる! 」かわからないけど1週間やってみた

■2015年11月23日up
 朝3時起きの私がすすめる「朝4時起き」の話

■2018年4月25日up
 早起きは成功者?|そんなに朝を有効活用しないとダメですか?

■2015年12月30日up
 子供たちの「朝5時半起き」が習慣化できた6つのコツを我が妻が語る

■2010年5月15日up
 朝の力に目覚めた男の爽やかさ

■2008年4月26日up
 朝の有効活用は、なぜ人に差をつけるのか(1)

■2008年4月27日up
 朝の有効活用は、なぜ人に差をつけるのか(2)

■2003年1月15日up
 「眠って夢を見るよりは、現実の中で夢を見たい」

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク