気軽なチャレンジが思わぬ成長をつくる!誰もが「無謀」からの第一歩!

シェアしていただけると嬉しいです!

Live your dreams!!

「気軽な気持ちで、どんどんチャレンジすべき!」
私はそう思います。なぜならば、そこから新たな可能性が始まるからです。 
「新しいことにチャレンジするぞ!」と決めて、
一生懸命に頑張っている人、途中で挫折してしまった人、
様々いると思います。
新しいことにチャレンジするには、勇気がいります。
慣れないことには不安がつきものです。たくさん失敗もするでしょう。
日本の慣れきった環境で生活していれば、チャレンジをしなくても生きていけます。
でも、必ずしも慣れきっていない環境で生活していれば、
否が応でも、新しいことにチャレンジしなければいけない局面がたくさんあるわけです。
高城剛さんが、こんなことを言っています。


「誰もが無謀から、第一歩をはじめる」
これは非常に重要なこと。だから新しいチャレンジでは失敗を恐れるべきではない!
私はそう思います。
3年前に東京からインドネシアに移住した経験をもつ自分としては、
この考え方には、非常に強く共感できます。


     □     □     □
私は3年前の9月から、インドネシアで暮らし始めました。
日本で暮らす日常から、インドネシアの東ジャワで暮らす毎日へ。
生活の環境は、大きく変わりました・・・。
まさに、何もかもが、新しいことにチャレンジする毎日。
この3年だけでも、だいぶ鍛えられた気がします。
それはズバリ!
「新しいことにチャレンジする」ということが避けられないという毎日だからです。
そんな環境の中で、私は改めて思い至りました。
新しいことにチャレンジせずして、人は成長できないのだと。
     □     □     □
かつて大前研一さんは、こう言っています。

日本での暮らしから、インドネシアでの暮らしへ。
「環境を変える」という、たった1つの変化でも、
私の生活のあらゆる面で、「新しい環境にチャレンジする!」ということが激増しました。
やったことのないこと、経験したことのないことは、
いざやってみようとしても、一抹の恐怖や不安が伴います。
でも、やらないといけない。なぜなら生きていけないから。
新しいことにチャレンジしないことには、生きていけないのです。
     □     □     □
新しいことにチャレンジせずして、人は成長できない。
「そんなの、あたりまえじゃん!」と思われるかもしれません。
私もそう思います。そんなことは、もちろん日本で暮らしていた頃から知っていたこと。
でも、なぜ私がこんなことを改めて書くかというと、
「新しいことにチャレンジしなければいけない毎日」というのは、
日本に暮らしていた時には、なかなか無かったなと。
私は日本で生活していた時、24歳で会社を起こし、
その後14年間に渡って、会社経営に携わってきました。
ベンチャー企業を自らゼロから立ち上げて、
小さな会社を少しずつ大きくしていくという過程では、
もちろん、たくさんのチャレンジが伴います。
経験のない若造が会社の経営をするわけですから、
それこそ、やったことのないこと、経験したことのないことが、
毎日のようにあるわけです。
     □     □     □
でも、インドネシアで暮らし始めて思うのは、
新しいことへのチャレンジは、こちらに来てからの方が多いということ。
だからこそ、改めて思うのですよ。そして心の底から痛感するのです。
新しいことにチャレンジせずして、人は成長できないのだと。
本当にアタリマエのことですが、
本当に本当にその通りなのです・・・って実感します。
だから、不安だろうと、心配だろうと、未経験で怖かろうが、
もうやるしかないんですよ。チャレンジするしかないんですよ。
だって、成長のためには、行動を始めるしかないのですから。


そう。誰もが最初は無謀と思えるところからのチャレンジなんです。
転ぶのが怖くて自転車がこげなかったら、
いつまでたっても自転車を乗りこなせるようにはなれないのですよね。
     □     □     □
アタリマエだけど大事なこと。
だからこそ、改めてブログに書き残してみました。
私自身、新しいことへのチャレンジは、
積極的に心がけるようにしています。
年齢を重ねるごとに、人は往々にして、
すでに慣れきった世界に安住する傾向に陥りがちです。
新しい価値や考え方に、聞く耳をもたなくなってきます。
でも、新しいことへのチャレンジなくして、成長はありません。
年をとって、ただただ退歩していくのみ。
新たなチャレンジをしないということは、
新たなPDCAサイクルを回さなくなるということですからね。
     □     □     □
今回のブログは、自分に言い聞かせる意味も込めて、まとめてみました。
小さなチャレンジでも良いと思います。
失敗を恐れず、どんどん挑んでいきましょう。
失敗しても、そこから得られるのは大事な経験です。
それは必ず次につなげていけるはず。つなげていくための智恵があるはず。
年を重ねるということは、その智恵が活かせるということに違いない。
私はそう思います。さぁ、もっともっとチャレンジを!

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年12月8日up
 いま住んでいる場所は、あなたにとっての先行投資になっているか?
■2015年12月26日up
 「やってみる」「やり続ける」「やりきる」ということ
■2015年11月25日up
 「まずは一ヶ月だけ本気を出してやってみる」というやり方
■2016年1月6日up
 「毎日努力し続けることが大きな効果をもたらす」ことがわかる数式と3つのポイント
■2016年1月28日up
 「生き急ぐくらいに一生懸命に生きる」のはカッコ悪いことか?


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク