日本語の「AながらB」には意味が6種類も!多言語国家インドネシアで感じる言語の奥深さ

シェアしていただけると嬉しいです!

日本語は、本当に奥が深いなぁと。
「AながらB」という表現文型について調べてみたら、
なんと意味が6種類もあるじゃないですか!
解説書を読んでみると、
たしかに「なるほど」と納得できる6種類でした。
皆さんは「AながらB」について、6種類も意味を思いつきますか?

くらべてわかる日本語表現文型辞典【写真:書籍「くらべてわかる日本語表現文型辞典」より】


     □     □     □
なんでいきなり、こんな話題を出すのか。
Facebookに「過去のこの日」という機能がありますよね?
1年前、2年前、3年前・・というように、
過去にさかのぼって、ずばりその日の投稿を抽出してくれるもの。
ちょうど3年前の今日(2月17日)、
私がFacebookで投稿していた内容が、それなのです。
     □     □     □
当時、私は日本語教師の資格を取得中で、
その中の課題の一環で、
「AながらB」という表現文型について調べていたんですよね。
そうしたら6種類もあって、びっくり。
こんなにたくさんあったら、解説するのが大変。
1つに絞ってくれよ!! って、当時思いましたから。
日本語は複雑で奥深い。
それは本当にそう思うのですが、他の言語についてもそう思うんですよね。
     □     □     □
よく「日本語は複雑で奥深いけど、●●語は・・・・」
そんな言説を耳にすることがあります。
たしかにそうかもしれないですが・・・、
いやいや、他の国の言語だって奥深いですよ。
私自身、そんなにたくさんの言語をかじってきたわけではありません。
でも「世界一簡単な言語」なんて言われるインドネシア語を学習していても、
しばしば「へぇ・・・」という発見があります。
     □     □     □
どんなに簡単だとされる言語であっても、
例えばそれが「単純で、奥深くない」と言われるとして、
それは、その奥深さに気づきにくいというだけだと思うんですよね。
言語というものは、
どこの言語であっても、
また、どんなに簡単だとされる言語であっても、
その言語に特有の奥深さがあるはず! と私は思います。
これは、私が多言語国家インドネシアに移住してから、
よりいっそう感じるようになったことです。
言語は神秘! とすら思うようになりました。
     □     □     □
インドネシアは公用語がインドネシア語ですが、
インドエシア人のうち、
インドネシア語を母語、あるいは第一言語とする人は、少数派。
多くの人にとって、インドネシア語は第二言語です。
地方では、その地方なりの言語を話しますし、
中華系同士の人なら、中国語がまじってくる場面は少なくありません。
私が東ジャワのマランで暮らしていて、日常で耳にする言語をかぞえたら、
なんと6言語もありました。
そのあたりは、以下のブログに。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年1月12日up
 ジャワ人は、なぜ公用語のインドネシア語ではなくジャワ語を使いたがるのか
■2015年11月25日up
 インドネシア語、英語、ジャワ語、日本語、中国語、マラン語の6つの言語に囲まれて過ごす海外生活


     □     □     □
そうした中で、本当に言語は奥深いなと
ますます肌で深く実感するようになりました。
言語をやってお金が儲かるわけではないのですが、
言語をやっていくと、だんだん世界が違って見えてくるんですよね。
しかも、いろいろな価値観に触れることで、
世界観も広がってきます。
それはどんな言語でも同じことだろうと思います。
奥深さを感じるかどうかは、言語によるのではなく、
その人次第ではないかなと。
     □     □     □
というわけで、冒頭の話題。
「AながらB」という表現文型に6種類もの意味が・・・。
皆さん、わかります?
先ほどの文型辞典から抜粋すると次の通り。

(1)AとBが同時に行われる。Bがどのような状態で行われるかをAで表す。
(2)AもBも大変で努力を要することだが、その2つを並行して行う。
(3)Aという方法・手段を使ってB
(4)AはBの前置き。話し手はマイナスの状態Aを認めてBを言う
(5)AだけれどもB。普通AであったらBにはならないはずなのにB。
(6)Aは結果として全部がB。

この本、いろいろな表現文系が例文つきで詳しく説明されていて、
ついつい読んでしまいます・・・。
     □     □     □
というわけで、言語は奥深いなぁという話。
それは日本語だけを見ていても感じることですが、
他の言語を見てみても、その言語に特有の奥深さと面白みがあるなと。
多言語に囲まれたインドネシアという地で暮らして、
それをよりいっそう感じる毎日です。
皆さんも、身近な言語をぜひ見返してみてください。
人が言語をつくり、言語は人をつくる。
言語は本当に深いです・・・。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年4月30日up
 東京で日本語を勉強するインドネシアの若者たち、未来を見つめる視線が熱い!
■2014年7月11日up
 インドネシアで急増する日本語学習者。日本語教員の「数」と「質」の課題
■2014年7月12日up
 「インドネシア日本語教育学会」の試みと、国際交流基金「日本語パートナーズ」の試み


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする