縁をつむぐことは面白い!(日本の一時滞在2日目に感じたこと)

シェアしていただけると嬉しいです!

いま、日本へ一時滞在をしています。
私は「出会い」が好きで、
毎回、いろいろな方々にお会いすることにしているのですが、
今回の日本滞在、2日目にして、こんなことがありました。
「インドネシアに住んでいる渡邉です」と自己紹介すると、
「え? 渡邉さん・・・って、もしかして、ヒロアキさんですか?」と。
「え? なんで知っているんですか?」と聞くと、
「知ってますよ、ツイッターとフェイスブックで見ていました・・・」とか。
また別の方は、
「facebookで、知人がいいねしたのが流れてきて、気になっていました」とか。
知っていてくださるというのは、本当に嬉しいこと。
ソーシャルメディアの影響って、やはり大きいですね・・・。

出会って20年来の先生と再会!【写真:出会って20年来の先生と再会!】


     □     □     □
なーんて、と思いきや、
また別の方は「私はあなたのこと、前から聞いていましたよ」って。
やはりソーシャルメディア経由かな・・・と思ったら、
「違います」なんて事例も。
「え?」と思って聞いたら、
「私の親戚経由で、マランの渡邉さんという話を聞いていました」と、
なんとまさかのオフライン経由。
私が自己紹介をしなくても、その方はすでに、
私の曽祖父が起こした事業をご存知でした。
     □     □     □
「ネットの影響で広まっていく・・・」という事例は多いですが、
それだけに、オフライン経由で知ってくださった方がいたというのは、
余計にびっくり。
でも、オンラインでもオフラインでも、
「話に聞いていた」のが「実際に会ってみた」となると、
また印象が異なるようで、
「えー、あの渡邉さんですか!」と言って下さるのは嬉しいもの。
だからこそ、オンラインに頼り切るのではなく、
きちんと「人に会う」ということが大事になってくると思うのです。
     □     □     □
一人、またそして一人・・・。
時間を割いて、対面でお会いして、全力で交流する。
「人に会う」というのは、ある意味で、
とても時間のかかる地道な作業。
たしかに地道ではありますが、
でも、長期的に見れば、
こうした「縁」は何を生み出すかわからないものです。
意外なつながりから、
意外な仕事に結びついたり・・・ということもあったり。
     □     □     □
若い人たちからすれば、
「そんなことやって、役立つの?」とか、
「仕事に繋がるの?」「お金になるの?」と思う人もいるでしょう。
でも私の経験から言うと、
その質問には、こう回答したいです。
「時間はかかるかもしれないけれど、ある時期になって急に見えてくるよ」と。
「縁をつむぐ」ことが苦痛だという人にはオススメしませんが、
苦痛でない人だったら、「どんどんやるべし!」と私は思います。
     □     □     □
日本滞在1日目には、昔の知人と
十数年ぶりに再会を果たすことができました。

昔の知人と十数年ぶりの再会!【写真:昔の知人と十数年ぶりの再会!】

昔からの話に盛り上がりつつ、
共通の知人が意外とたくさんいることに驚き、
また現在の活躍を知って奮起させられたり。
私自身、これからも、地道に実直に
「縁」を大切に時間をかけてつむいでいきたいと思います。
日本滞在2日目にして改めて気付かされたことを
まとめてみました。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2006年5月19日up
 人に会うことの凄さ(楽天野球団、小澤隆生さんのブログから)
■2016年6月5日up
 インドネシアのスラバヤで思う「すごい人」に会うことの効用
■2016年5月1日up
 30年、40年という長期に渡って海外に住んでいる日本人から学ぶことの意味
■2008年9月24日up
 人は、会うべき時に会うべき人と出会えるようになっている
■2002年12月30日up
 よき出会いとめぐりあうために(ドイツの哲学者フンボルトの言葉から)


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク