アクションがもたらす果実

シェアしていただけると嬉しいです!

人生は有限。
何かに習熟する。
誰かに貢献する。
そうして、周辺に良い影響を与えたいと思うなら、
大事なことは、やはり「アクション」なのだと思います。
門を叩け、されば開かれるであろう」という言葉は、
私が言うまでも無く、真実を突いたものだと感じます。


私のように、
零細企業であっても「社長」をつとめていると、
他の社長から、「社長ゆえの会話」をされることがあります。
私は1999年から社長をやっているので、
社長歴は8年になりますが、
いろいろな経営者とおつきあいして感じたのは、
どうやら「社長に対してしか打ち明けられない話」というのが、
あるようなのです。
そこでよく耳にするのが、アクションの重要性。
アクションしないことに首をかしげる経営者はとても多いです。
彼らの言動は、その次には大抵、
アクションしさえすれば、次のステップに進めるのに・・・」と
続きます。
 
 
     □     □     □
 
 
例えば・・・、
ある成功した社長さん。
もう働く必要の無い状態の方ですが、
「なんでみんなアクションしないんだろうね・・・」と、
真顔で聞かれたことがあります。
いわく、
自分は起業をして闘ってきた。
結果として、成功をおさめた。
失敗も重ねながら、今の状態を勝ち取った。
必要ならその秘訣を教えてあげても良い。
でもみんな聞いてこない。
質問されたら、答えるのに・・・
という状況。
謙遜して、
「自分が成功者だと言うつもりはないけれど・・・」とは
おっしゃいます。
でも、聞かれれば教えて上げるのに・・・という状態。
無理して教えてあげるような内容ではないからね、と
彼は言います。
そして、がっついて聞いてくる人にこそ、
教えてあげる価値と気概が生まれてくる
とも言います。
 
 
     □     □     □
 
 
私が思うに、
特に若い人であれば、萎縮することは、
機会損失を生むことはあっても、
メリットを生むことは無い
と感じます。
「行動する」ということは、若さゆえに許された特権だからです。
 
 
     □     □     □
 
 
例えば、わかりやすく極端な例を示します。
仕事の天才に対して、
「仕事の要諦を教えてください」と言ったとします。
20代の人が適切なアプローチをすれば、
上場企業の経営者でも、それに応ずる人はいると思います。
でも、例えば40代、50代の人が同様のアプローチをすれば、
それに喜んで応えてくれる上場企業経営者は、
ほとんどいないと思います。あまりにも怪しいからです。
でも、残念ながら、
若い人で、若さゆえの特権を実感できる人はなかなかいません。
 
 
     □     □     □
 
 
さぁ、アクションしてみましょう。
特に若い世代であれば、失敗を恐れてはいけません。
失敗したとして、それに沈み込んでしまうのも、ダメです。
失敗は財産になります。
チャレンジも財産になります。
失敗しても学び、きっちりと身につけられた人たちは、
「失敗してそのままの人」「失敗無く順調に来た人」を、
はるかに凌駕する存在になれます。
頭でっかちにならない。
アクションする。これが大事なのだと思います。
自らを振り返ってみて、
「アクションできていないなぁ」と思ったら要注意。
軌道修正しましょう。
「部下の動きが悪い」と思ったら要注意。
行動をさせましょう。量は質に転化します。
 
 
     □     □     □
 
 
「門を叩け、されば開かれるであろう」という言葉。
これに照らして、自らの行動を点検してみましょう。
そして、新たなるアクションとして何ができるのかを
考えてみましょう。
必ずや、新しい突破口を見出せるはずです。
 
 
 
 
このコラムは、2007年8月1日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2007年8月31日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

───────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

───────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク