もう一つの勉強術:先祖の足跡と歴史をたどる面白さ

シェアしていただけると嬉しいです!

資格をとりたい。スキルアップを実現したい。
そんな願いの高まりからか、
「勉強」が一つのブームになってきています。
勉強術の本が売れ、
資格講座を開けば人があつまり・・・という具合。
本を読む。セミナーを聞く。講座に出る・・・。
いろいろな勉強手段があって、
それぞれ、有益なものもたくさんあることと思います。
誰かの伝記を通じて人生勉強をする、なんてこともできますね。


これらは言わば、
外側から吸収する」作業ともいえます。
その一方で、私が提唱したいのは、
内側から吸収する」勉強術です。
 
 
     □     □     □
 
 
2つほど例を挙げましょう。
例えば、自分で仕事に打ち込むということ。
仕事という体験を通じて、成功や失敗を通じて学ぶこと。
これは、自分との闘いから学ぶことなので、
内側から吸収する勉強だと言えます。
ただ単に本を読んだり、ただ単に講演を聞いたり・・・、
というよりも、よっぽど多くのことを学ぶことができるものです。
体験は偉大です。
 
 
     □     □     □
 
 
そしてもう一つ、私がおすすめしたいのが、
自分の先祖に学ぶということ。
「えっ、先祖? それは外から学ぶことでは?」と
思うかもしれません。
たしかに先祖から学ぶというのは、
外から学ぶとも言えます。
でも、同じ遺伝子を受け継いでいるという事実に注目すれば、
実は、自分自身から学ぶということとも
ほぼイコールだと考えることができないでしょうか?
(これ、意外とすごいことだと思いませんか?)
 
 
     □     □     □
 
 
ご両親がどんな生き方をして、どんな成功と失敗を経て来たか。
これは直接教えてもらえばわかることです。
私がここでぜひおすすめしたいのは、
すでに亡くなった先祖と親類縁者の足跡をたどること。
もうそれこそ、曾祖父母の方々だったり、
その上のレベルの方々に注目するということです。
 
 
     □     □     □
 
 
そして、彼らの生活した現場に行ってみる。
家が残っていれば、実際に見てみる。
家が残っていなければ、現場付近に訪問して歩いてみる。
近くの歴史博物館に行って、どんな暮らしをしてきたのか想像してみる。
あるいは、かかわりのあった仕事場を見てみる。
密に交流をもっていたはずのご近所さんを探してみる。
知っている人を探してみる。そのご子息と交流してみる。
例えば、そんなことです。
「へぇー」っと思うこと、たくさんあるはずなのです。
 
 
     □     □     □
 
 
どこかで血がつながっている。
これは当たり前のことではあるのですが、
よくよく考えてみれば、人生の奇跡です。
その人は、どんな成功と失敗を経験してきたのか。
どんな苦労を乗り越えてきたのか。
どんな考え方で人生を送り、
どんな人たちと交流をして、
どんな貢献をもたらしてくれたのか。
へぇー、そんな人だったのか、と
おぼろげながらわかってくる。
そして、その血の一部、遺伝子の一部があなただという事実。
内側から学ぶということです。
 
 
     □     □     □
 
 
その人が乗り越えた道であれば、
あなたも乗り越えられるでしょう。
その人が失敗したことであれば、
あなたも同じところでつまづくかもしれない。
なら、今からどんな努力をすれば乗り越えられるか、
見えてきそうです。
その人が成功したり、周辺から喜ばれたことがあったとすれば、
あなたも同じような長所をもっているかもしれない。
なら、今からどんな努力をすれば、
より磨きがかかり、より多くの人に喜ばれる存在になれるのか、
見えてきそうです。
 
 
     □     □     □
 
 
もちろん、江戸時代、明治初頭ともなれば、
記録に残っていないこともたくさんあるでしょう。
関係者も、すでにいらっしゃらないかもしれません。
でも、現地は残っています。
その子孫や親類縁者の方々はどこかに生きています。
こういう学び、意外と忘れられがちですが、
きっと大きな学びと発見をもたらしてくれるはずなのです。
さぁ、連休を使ってやってみませんか?
 
 
 
 
★ 追伸:
コラムに書いた「内から学ぶ」こと。
私は、とても大事だと思うのです。
江戸、明治ともなると、なかなか鮮明に追いかけるのは難しいですが、
輪郭くらいは、おぼろげながらもつかめるもの。
縁戚の先祖になりますが、
先日、日光の中禅寺湖に行って、足跡を探してきました。
へぇーと思うこと、意外とたくさんありましたよ。
(折を見てブログに上げます)
 
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年1月22日up
 人は歴史の中に生きている。だからこそ自分の先祖の歴史を探ることには意味がある!
■2014年1月26日up
 親戚とのランチを通じて、先祖からの暗号を読み取る
■2014年6月30日up
 何気ない日常の中に、先祖からの応援の暗号を読み取る


 
 
このコラムは、2007年9月22日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■10年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2007年10月9日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

───────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

───────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク