【新年のご挨拶】「原点回帰」動きながら考える機動力ある組織へ

シェアしていただけると嬉しいです!

いよいよ、2009年がスタートしました。
昨年1年間を無事に過ごすことができ、
また、新しい年を迎えることができたことを、とても嬉しく思います。
景気に関する悪い情報がはびこる中ですが、
(もちろん、そこに一筋の光明があることを見逃すべきではありません)
私たちサムスルは、今こそ、創業の原点に回帰し、
着実な歩みを遂げていきたいと考えています。


 
 
     □     □     □
 
 
創業の原点に回帰する。
これは、主に以下の通りです。

(1)「課題解決を通じた成長支援と成長縁創り」というスタンス
(2)「動きながら考える」という機動力
(3)「量は質に転化する」徹底した努力と、徹底した行動量

 
 
     □     □     □
 
 
(1)「課題解決を通じた成長支援と成長縁創り」というスタンス

 
サムスルは広告代理店ですが、広告を売りつける会社ではありません。
インターネットを使って、企業の課題を解決に導いていく。
それを通じて、成長を促していく。
これが、創業以来、私たちが一貫してもっているスタンスです。
昨今の景気の読みにくい状況においては、
企業が抱える課題は、さらに増え、またさらに複雑化しているものと
考えています。
広告費を削減する動きが一部に見られるものの、
それでも、なお、企業の課題は減っていません。
また、「さらなる効率化と最適化」を考えるなら、
「ネットの活用」は避けて通れない道です。
つまり、企業にとってインターネットの活用には、
「不景気だからやめる」ではなく
「不景気だからこそ取り組む」という側面があるはずなのです。
インターネットを活用することで、企業の課題を解決し、
企業の成長を伴走しながら、一緒になって成長を果たしていくこと。
このサムスルの企業理念は、今こそ、大事になってくるスタンスだと
思います。この創業以来のスタンスを、しっかり堅持して、
行動できる集団でありたいと思います。
 
 
 
(2)「動きながら考える」という機動力

 
創業した当時、なくしてはならない精神として大事にしていたのは、
「動きながら考える」という機動力です。
私以外には社員がいなかったので、
それがなければやっていけません(笑)。
「考えずに動く」のは、あまり効率的ではないでしょう。
でも、「考えてから動く」などと言っていたら、
資金はあっという間に底を突いてしまいます。
必要に迫られて採った道が、「動きながら考える」というものでしたが、
成長したベンチャー企業が大事にしてきた点は、多かれ少なかれ、
この点だったように思います。
そして、我々が使命としていること、
企業の課題を果敢にかぎ取って、また、的確に発掘して、
その解決策を提示していくこと。
ここにおいても、動きながら考える機動力は、
失ってはならないことだと考えています。
昨今の景況を発端として、中小企業にも大企業にも
いろいろな動きが出てきています。
これはある意味で、チャンスが広がるということでもあります。
新しい動きも出てきます。
これに積極果敢に攻めていき、貢献の幅を広げていくためにも、
「動きながら考える」という機動力をしっかり堅持して、
行動できる集団でありたいと思います。
 
 
 
(3)「量は質に転化する」徹底した努力と、徹底した行動量

 
「ヒト」「モノ」「カネ」の無い創業当時、
他に伍することのできる経営資源として重視したのは「時間」でした。
人様の倍の時間を働いて、人様より、多くの行動を起こすこと。
小さな努力も継続し、あらゆるチャレンジを怠らない。
これは、そうせざるを得なかったことからスタートしていますが、
結果として得られたことは、「量は質に転化する」という教訓でした。
「動くことで、初めて見えてくるものがある」ということは、
動いている人であれば誰しも経験したことがあるはずです。
実際、社内外を問わず、
また、職業にかかわらず、活躍をしている人たちを見ると、
伸びている人は、徹底した量が下積みになっていることが、
とてもよく伝わってきます。
お客様からの信頼を勝ち取って、
共に成長していくパートナーとしてお認めいただく場面を見ても、
仕事の質だけでなく、
背景として量的なものがプラスオンとして奏功していたところが
少なくありません。
そしてこれは、小さな会社であってこそ、得意とするべき分野だと
私は考えています。
この創業当時の精神を、しっかり堅持して、
行動できる集団でありたいと思います。
 
 
     □     □     □
 
 
2009年のサムスルは、
(1)「課題解決を通じた成長支援と成長縁創り」というスタンス
(2)「動きながら考える」という機動力
(3)「量は質に転化する」徹底した努力と、徹底した行動量

こうした創業の原点に回帰して、奮闘していく所存です。
「考えながら動く」機動力をもってすれば、
この不況は、後ろ向きのものでは決してなく、
将来に向けて開かれた、一筋の、そして小さくないチャンスです。
それを手にできるかどうかは、
「着実で地道な努力と行動を、どれだけきっちりと誠実に継続できるか」
これにかかっていると思います。
 
 
     □     □     □
 
 
これからもサムスルは、より多くのお客様のために、
あらゆる努力を傾注していきたいと思います。
社員一人ひとりがきっちりと行動していく。
磨きをかけて、より精鋭のそろった集団へと向上させていきます。
2009年、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
 
 
 
■追伸:
新年早々、家族全員で風邪を引いてしまいました・・・。
私の風邪は、昨晩、夜遅くまで、4時間も病院にいたことが原因みたいです。
今から、自然治癒力全開で治します。
皆様、お気をつけ下さいませ!
 
 
このコラムは、2009年1月5日に配信したメールマガジンを加筆・転載したものです。
 
■1997年創刊。12年間続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2009年1月5日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

────────────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

────────────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク