海外に一人単身で留学する経験は、わずか2週間でも人を変える!

シェアしていただけると嬉しいです!

「海外に一人単身で留学する」という経験は、本当に刺激的で、
人を大いに成長させる起爆剤になるものだと思います。
これは、インドネシアへの2週間の留学を経た、
ある日本の青年(知人)の言葉です。

今も分からないことだらけだけど、分からないことに慣れたように思います。分からないから、嫌だとか逃げるんじゃなくて、分からないから知りたいなって思えたのは自分が強くなれたからの様な気がします。

これ、つくづく名言だな・・・と思いました。


     □     □     □
私自身、彼の留学前と留学後、
その2週間の様子を実際に間近で見ていました。
彼の激変ぶりは見事なもの。
たった2週間という短い経験でも、
彼には大きな変化を与える結果となったのです。
だから私は思います。
1年留学が無理なら、半年を。
半年留学が無理なら、3ヶ月。
3ヶ月がダメなら、1ヶ月。
それもダメなら2週間だって良い!
     □     □     □
とにかく海外に行ってみること。
そして、地元の人たちと、できれば地元の言語で触れ合うこと。
若ければ若いほど、見える景色が変わるはず!
そう私は思います。
海外に行っても、日本人とだけで固まって、
日本語ばかりを使っていては、何も変わりません。
でも、思い切って現地の人と現地の言葉で交流する。
短期間でも、大きな刺激を与えてくれるはずなんですよね・・・。
留学すべきか迷っている学生がいれば、
私は迷わず「行け!」と言います。
短期間だっていい。まずは「行け!」と。
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク