バレンタインで思い返したいモロゾフ一家の苦労の姿

シェアしていただけると嬉しいです!

本日、2月14日は、バレンタインデー。日本の「バレンタイン・デー」の起源には諸説あるようで、しかも、まだこれという決定打が出ていないようです。

そんなに古いことでもないでしょうから、研究者による調査結果が待たれるところですが、諸説あるうちの1つは、モロゾフ創業者のフョードル・モロゾフさんの息子さんの名前から・・・というもの。
 
 
     □     □     □
 

フョードル・モロゾフさんの息子さん。その名は、ヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフさん。モロゾフさんの会社が1936年、日本国内の英字雑誌に対して、「バレンタインチョコレート」の広告を出したこと。これが起源の説の一つになっています。

モロゾフは日本では有名な会社ですね。東証一部上場企業です、でも、モロゾフ一家については、大昔にモロゾフ社から追い出されているのですが・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
私事になりますが・・・、

昔、私の妻が、神戸で川沿いを歩いていた時のこと。
鳩にエサをあげている白人老人がいて、
その老人、こう話しかけてきたそうです。

「私の工場があるのですが、見に来ますか?」と。

そこで、行ってみたところ、
なんとその老人、冒頭に掲げた、
ヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフさん、そのものだったそうです。
 
 
     □     □     □
 
 
ヴァレンティン・モロゾフおじいさま。

工場見学をさせてくれただけでなく、
同社の自費出版本、『コスモポリタン物語』という本をくださいました。

私は残念ながら、お菓子やチョコレートにあまり関心が無く、
この分野について調べることもなかったのですが、
今から2年ほど前、なぜか本書を手に取る機会に恵まれました。
 
 
     □     □     □
 
 
感想?
もう、メチャメチャ感動する作品です!
若干加工した上で、ぜひとも商業出版すべき本だと確信します。
 
 
     □     □     □
 
 
何が感動すると言って、現代の日本の家族のいわゆる「不幸せ」が、まったくもって「不幸せ」とは思えないような、そんな苦労を克己していく連続史なのです。

それこそ、家族ぐるみで困難に立ち向かうという姿。ロシア革命の難を逃れるようにして、中国、日本、アメリカ・・・、そして日本へという家族の大移動!

これ、本当にびっくりしますよ!
 
 
     □     □     □
 
 
どんなに困難なことにぶつかっても、家族で団結した上で、どこまでも楽観さを失わずに闘う姿。感銘を受けました・・・。

家族そろって、地球を半周近くも移動してから創業し、大変な苦労を経て、神戸の名店にまで育てあげたという、実に強いインパクトのある歴史です。
 
 
     □     □     □
 
 
苦労の数々を経た上で、モロゾフさんが語ったと言う言葉、
 

もう人生おしまいだ!というような時であっても、まだ50%の可能性は残されているものだ。一生懸命に考えて、できることにチャレンジせよ。

 
彼らの苦労の歴史と重ね合わせると、もう、涙が出そうになりました・・・。
強い経営者。闘う経営者。惚れます。
 
 
     □     □     □
 
 
ヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフさん。

ぜひともお会いしたかった人物ですが、残念ながら1999年、それは偶然にも私がサムスルという会社を創業した年ですが、お亡くなりになられました。

あぁ、本当に会いたかった。バレンタインデーを迎えるごとに、そのことばかりが悔やまれます。
 
 
     □     □     □
 
 
一見すると、華やかな行事であるバレンタインデー。

一見すると、全世界共通のイベントでありそうで、日本特有の商業主義的イベントである、バレンタインデー。

その奥には様々な人間模様がうずくまっています。
 
 
     □     □     □
 
 
・大好きな人にチョコレートをあげてコミュニケーションをとる!
・気になるあの子からチョコレートがほしい!

そういう原始的な思いも、非常に重要です。

でも一方で、今回のバレンタインデーを契機に、このイベントにかけた、ある経営者一家の苦労の姿も、ぜひとも思い出しておきたいものです。
 
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2007年8月16日up
 モロゾフさんのチョコレート会社が廃業していたという衝撃

バレンタインデーで想起する、モロゾフ家の壮絶な歴史
今日は、バレンタインデー。 いろいろな思いをもって過ごす人もたくさんいらっしゃるのでしょうか。 ウィキペディアのデータによると、現在...

 
 
このコラムは、2010年2月14日に配信したメールマガジンを転載したものです。
 
■12年続けてきたメルマガのバックナンバーと
 購読申し込み(無料)は、こちらからどうぞ!

メルマガ登録・解除 ID: 0000000452
時の運と人の縁を究める!!【Samsul’s Choice】

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

 

 

 2010年2月14日            渡邉 裕晃

 

 

サムスル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録

────────────────────────────

メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)

────────────────────────────

会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店

【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする