べベッ・ゴレン|手づかみで味わうアヒル料理は、インドネシアの絶品!

シェアしていただけると嬉しいです!

今回ご紹介する料理は、インドネシアのアヒル料理。「ベベッ・ゴレン」あるいは「ベベック・ゴレン」と呼ばれるもので、インドネシア語では、Bebek Goreng と書きます。インドネシアの定番料理の一つで、インドネシアに行ったら、ぜひとも試していただきたい一品です。

アヒルの素揚げ料理。インドネシアでは、若者から大人に至るまで、本当に愛されている一品。べベッだけを扱う屋台や大衆食堂も多く、レストランや高級ホテルに至るまで、いろいろなところで食べることができます。

べベッ・ゴレン インドネシア定番料理 アヒル【写真:「べベッ・ゴレン」のセット】




アヒルの柔らかい肉は絶品!!

この「ベベッ・ゴレン」。アヒルの柔らかい肉が特徴で、ご飯と合わせていただきます。お店によって異なりますが、今回のお店の場合は「胸肉」(Dada:ダダ)か、「もも肉」(Paha:パハ)かを選びます。

「べベッ・ゴレン」インドネシア定番のアヒル料理!【写真:すぐに食べられてしまえる小サイズ。やわらかくてカリカリの味わい】

ご飯とセットで出てくるので、「ナシ・ベベッ」と呼ばれることもあります。
(ナシはインドネシア語で、ご飯のこと)

付け合せの野菜類、絶妙な味の組み合わせ

きゅうりや、ハーブ系の葉っぱ「クマンギ」、そしてパパイヤの葉っぱなどの野菜類がセットになることも多く。

「べベッ・ゴレン」インドネシア定番のアヒル料理!【写真:つけあわせの野菜類。べベッを味わうのには欠かせません!】

写真でみると貧相に見えるかもしれませんが、この野菜セットは本当に重要な存在。この野菜類は、べベッとも、ごはんとも、またサンバル(インドネシアの辛味調味料で、詳しくは後述)とも・・・、びっくりするくらいに、ものすごーく合うんです。

辛党なら、辛味香辛料のサンバルソースにチャレンジを

そして、辛党の皆様。おめでとうございます。
インドネシアで有名なチリソース「サンバル」。

この「サンバル」と「べベッ」との相性が、これまた、とんでもなく絶妙な味わいを醸し出してくれるのです。驚きますよ・・・。

「べベッ・ゴレン」インドネシア定番のアヒル料理!【写真:手作りのサンバルは、スーパーの既成品とはまるで別物の逸品!】

逆に、サンバルが楽しめないと、べベッを最大限に味わうことが難しいかも・・・。
それくらいに相性抜群な存在なのです。

お店によっては、いろいろな種類のサンバルソースが用意されています。

サンバル|豊富な種類とレシピをもつインドネシアの辛味調味料の歴史
サンバルという名前のインドネシアの辛味調味料。辛いものが好きな方は、インドネシアに来たら食事の時に、ぜひ「サンバル」を試して下さい。もうね・...

手を使って食べるという手食文化の楽しみ!!

そして、この「べベッ」のもう一つの特徴は、基本的に「手で食べる」ということ。

インドネシアに来た日本の人に「ベベッ」を勧めると、「えっ? 手で食べるの?」という反応を示されることがあります。まるで、「まさか、うそでしょう?」みたいな、もうそれこそ「拒否反応」ですね。

それでも、私は手で食べることをオススメしています。
なぜなら味わいがまったく違うから。

手で食べる楽しみ」がわかるようになると、ほんと、世界が変わりますから。

インドネシアの手食文化|手で食べる「手食」の魅力は日本でも広まるか
皆さんは、手を使ってご飯を食べてみたことはありますか? 私の暮らすインドネシアでは、スプーンやフォークを使わずに、手を使ってご飯を食べるケー...

例えば・・・。
「回転寿司」のチェーン店ではなくて、いわゆる「まわらないタイプの、本格的な寿司店」を想像してください。

寿司を握ってもらったら、でてきたものは手で食べる。
手づかみでいただく本格寿司ならではの味わい。

わかりますよね?

「べベッ」も同じ。
手で食べることを拒否して、あえてフォークやナイフで食べるということは・・・。

はい。
一流寿司店で出てきたお寿司を前にして、「手で食べるなんて・・・」と拒否反応を示し、フォークで寿司を突き刺して、ナイフでガリガリと切断し始める・・・に近いものがあるのですよ。

インドネシアへ行ったら、ぜひベベッを

そして繰り返しになりますが・・・、

「辛いものが大丈夫!」という人には、ぜひ「サンバル」との相性を味わってもらいたいです。もう、なんというべきか、「辛いものが大丈夫な体で生まれたこと」に感謝をしたくなるくらいの相性なんですから!

というわけで、インドネシアに来たら、ぜひこの「べベック・ゴレン」をお試しください。

「サンバル」と合わせて、そして、ぜひ手を使って味わっていただきたいなと願っています!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする