トヨタが誇る日本の名車「センチュリー」に乗ってみた

シェアしていただけると嬉しいです!

トヨタが誇る日本の名車「センチュリー」に乗ってみたことはありますか?

「世界一の名車」といえば、ロールス・ロイスが有名ですが、「日本一の名車」に位置づけられるのが、トヨタの「センチュリー」。

皇室に加え、永田町や霞ヶ関、大企業の社長車として、知られた存在です。

先日、その「センチュリー」に乗せていただく機会がありました。
「乗り心地はどう?」「内装は?」って、気になりますよね?

実際にセンチュリーに乗ってみて感じたところを、ご紹介したいと思います。

日本を代表する名車「センチュリー」

【写真:日本を代表するトヨタの名車「センチュリー」】


ある日の食事の帰り、いつものように電車で帰ろうと思ったら、
(私はタクシーに乗らない主義なのです。私にとっての費用対効果には疑問があるので)
「渡邉さん、車が来ているんですよ」と。

「いや、タクシーじゃなくて、電車で帰りますので」と言うと、
「あ、あの、もうセンチュリーが待機していますので」と・・・。

「えっ、うそぉー」
申し訳ないやら、身分不相応なうしろめたい思いがありつつも、
なかなか得られない機会でもあり、感激してしまいました。

1000万円を優に超える名車です。
ちなみに現在の「センチュリー」の価格は、19,600,000円です。(2018年6月現在)

トヨタ センチュリー | トヨタ自動車WEBサイト

 
     □     □     □
 
 
運転手さんのうやうやしい応対に恐縮しつつ乗り込む私。

いやぁ、やはり重厚感がありますよ。

後部座席の広さだけでなく、
座席にすわった感覚も、
扉が閉まるときの音も、
おごそかな感じを漂わせる内装も・・・。

なんともいえない独特な雰囲気があります。
 

後部座席にもカーナビが

【写真:後部座席にもカーナビが】
 
 
     □     □     □
 
 
むかし、停車中のセンチュリーには乗ってみたことがあります。 

センチュリーは、運転をするための車、いわゆる「ドライバーズカー」ではなく、
「後部座席に乗るための車」なのですが、
「センチュリーの座席って、どんな感覚なのだろう?」と興味があって、
以前、展示ショールームで、後部座席に乗ってみたことがあるのです。

池袋の「トヨタ オートサロン アムラックス東京」でした。
 

接近してみました

【写真:後部座席のカーナビに接近してみました】

でも、実際に車が動くところを体験するのは初めて。
期待と興味がわいてきます。

そして発進・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
びっくりですよ、なんという、なめらかさ。

加速しているのに、加速感がありません。
加速しているのに、エンジン音がありません。

最新の車であれば静粛性に優れていることはわかりますが、これだけの巨体です。
「きっとエンジンも大きいだろうし、音も聞こえてくるんだろな・・・」と思いきや、エンジン音が聞こえない!
 

後部座席の中央から見える光景広いっ!

 【写真:後部座席の中央から見える光景広いっ!】

巨体の割には、どっしりとした重さがあるわけでもなく、
本当に、すーっと、いつのまにか、進んでいる感覚です。

あぁ、日本の技術の底力よ・・・」という感じですね。
(わかりにくいでしょうか:笑)
 
 
     □     □     □
 
 
ロールスやベンツなどが海外輸出を視野に入れているのに対し、
センチュリーはほとんど海外輸出をしていないので、
世界的な知名度はそれほどでもなさそうです。

もともとは、日本の皇室向けを念頭に作られた車だったようで、
ひっそりとした存在で、外に強く主張しないというところに、
どことない奥ゆかしさを感じます。

レクサスのような商業主義的な華やかさは無いものの、
こうしたどっしりとした存在感、私は好きですね・・・。
 

迎えてくれた運転手さん。センチュリーの似合う光景です

【写真:迎えてくれた運転手さん。センチュリーの似合う光景です】

聞くところによれば・・・、

あるハリウッド女優が来日した際、
ベンツとBMWとセンチュリーを乗り比べたら、
すっかりセンチュリーにハマってしまい、
輸出していない車なので、日本で購入し、
わざわざアメリカにもって帰った
なんていう逸話もあるそうです。

このセンチュリーという名の「どっしりおやじ」に、ひっそりとした華を添えるようなエピソードかなと。
 
 
     □     □     □
 
 
こだわりゆえに、三十数年間もモデルチェンジせず、
モデルチェンジをしても、外見にそれほど大きな変化を与えないところに、
伝統の自信とこだわりを感じます。

前から見た時のモデルは富士山。
横から見た時のモデルは日本刀。

デビュー期のプリウス同様、完全な原価割れ商品で、
売れば売るほど赤字になるという車だそうですが、
いつまでも、代表的な存在でありつづけてほしいものです。

こういう世界もあるんだな・・・」と、
素直に新しい発見を与えてくれました。
 
 
■追伸:
なお、世界の名車、ロールス・ロイスの体験記はこちらです。
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2006年6月9日up
 ロールスロイスに乗ってみた


 
 2007年10月6日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする