東京の日本語学校で日本語を勉強するインドネシアの若者たち、未来を見つめる視線が熱い!

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、日本に一時帰国していた時のこと。
日本に留学して、日本語を学習中のインドネシア人の皆さんと
一緒に交流させていただく機会がありました。

30分くらい、みんなとおしゃべりしました。
日本語だけを使って。

とても印象的だったのは、
皆さんが将来の可能性をイキイキと語る姿。
未来を見つめる皆さんの真剣さと意欲、本当に印象的でした・・・。

東京で日本語を勉強するインドネシアの若者たち




不慣れな生活の中でも毎日を楽しむ6人の若者たち

集まってくれたインドネシアの皆さんは全部で6人。

2人は、日本滞在10ヶ月。
残り4人は、まだ滞在2ヶ月目

アパートで暮らしながら、
毎日、電車に揺られながら学校に通う毎日。

不慣れな生活の中にあっても、日本の生活を
楽しんでいる姿が感じられて、ほんわかとした気持ちになりました。
いやぁ、若いということは本当に素晴らしい。

必死に伝えようとする姿の美しさ

「なんで日本語を勉強し始めたの?」
「日本では、どこに行ったことがある?」
「どんな仕事をしたいの?」
などなど、いろいろな話をさせてもらいました。

ある若者からは、
「渡邉さんは、インドネシア語ができますか?」と聞かれたので、
「今日だけインドネシア語ができないんです」と言って、
わざと日本語オンリーに。

知っている日本語を駆使しながら、
必死になって思いを伝えようとする・・・。この姿は本当に美しいです。

将来のために頑張ることは、それだけでも大きなエネルギー

将来に向かって強い希望を抱く皆さん。

将来に悲観的な声の多い日本の学生とは異なって、
もう明るい未来しかないというような熱い姿勢。
日本語を一生懸命に勉強して、
それを活かして、将来はこんなことをしたい、あんなことをしたい・・・。

そんな皆さんの姿勢と視線に触れて、
「こういう素直さは見習わなくてはいけないな」と
改めて実感させられました。

逆に彼らからエネルギーをもらってしまった感覚です。
こういう副産物があるからこそ、
アジアの若者との交流には、いつもワクワクさせられます。

     □     □     □

ところで、余談ですが、
この日本語学校では、外国人留学生の川柳が掲載されていました。
私が好きなのは右から2番目です(笑)

留学生の日本語川柳

オススメしたい「日本語教師」という資格

さて、もう1つの余談。

私は以前、日本語教師の資格をとったことがあるのですが、
(日本語教師養成講座420時間コース)
その過程では、今回のような、
グループでの日本語会話セッションの実技講習がありました。

今回、彼らと日本語で会話をしながら、
その当時のことを思い出してしまいました。

日本語教師の資格をとるのって、本当に大変なんですよ・・・。
でも、やり甲斐はあるので、
関心のある人は、ぜひチャレンジしてほしいです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年4月9日up
 インドネシアの若者たちの日本語メッセージ、強烈に発信される「純粋さ」
■2014年7月11日up
 インドネシアで急増する日本語学習者。日本語教員の「数」と「質」の課題
■2013年7月22日up
 「日本語教師養成講座420時間コース」最短6ヶ月での卒業体験記

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする