不動産実務検定の1級と2級に同時合格!

シェアしていただけると嬉しいです!

一時帰国しているチャンスを利用して、
「不動産実務検定」という検定試験を受けてきました。

1級と2級を同日に受けて、両方とも無事に合格。

聞きなれない名前かもしれませんが、
一般財団法人「日本不動産コミュニティー」(J-REC)が運営する
不動産に関する検定試験。いわゆる民間資格の一つです。

もともとは「大家検定」という名称だったもので、
「アパート経営や土地活用の知識を学びたい大家さんや
不動産投資のプロとして活躍するための資格」

とされています。

私は不動産屋ではありませんが、子供の頃から不動産に関心があったので、
日本滞在中の機会を活かしてチャレンジしてみました。

どんな試験であっても、一発合格できたことは本当に嬉しい!

不動産実務検定を主催する「日本不動産コミュニティー」のホームページ【画像:不動産実務検定を主催する「日本不動産コミュニティー」のホームページ】


     □     □     □
この試験は、一般的にイメージされる
「2級より1級が難しい・・・」という位置づけではなく、
取扱いの範囲が異なっているのが特徴。

「2級は主に賃貸管理運営に関する知識・技能。
1級は不動産投資及び土地活用に関する知識・技能」

試験の対象になっています(検定協会の説明文より)。

簡単に言えば、2級は賃貸まわり、1級は売買まわり・・・という感じですね。

「1級認定」と「2級認定」、そして
その上位に位置づけられる「マスター認定」という
合計3つの認定から構成されています。

1級と2級の両方に合格すると、
「マスター認定」にチャレンジすることができるようになっています。

同協会のホームページでは、このような図で説明されています。

不動産実務検定の仕組み

     □     □     □

不動産に関する資格というと、
国家資格である「宅地建物取引士資格」が有名ですね。

いわゆる「宅建士」試験で、1年に1回開催されているもの。

内容が難しいだけでなく、それなりの勉強時間も要求されます。
しかも1年に1回しか受験機会がないので、
不合格になると次はまた1年も待な無くてはいけない・・・、
という背景があります。

それに対して「不動産実務検定」は、
民間資格とはいえ、不動産投資全般についてを包括的に学ぶことができます。

しかも1級と2級はコンピューター形式の受験になっていて、
ほぼ毎日のように全国の会場で受験が可能。
もし落ちてしまっても、復習してから翌週出直す!なんてことも可能なのです。

     □     □     □

「宅建」は、不動産取引が中心なので、どちらかというと業者向け。
「不動産実務検定」は、不動産投資と不動産運営に主眼があるので、
業者の人たちのみならず、
一般の個人投資家にもぴったりな内容になっています。

私自身、実際に取り組んでみて、あらためて勉強してみると、
「へぇ・・・」と気付かされることもたくさんありました。

不動産に従事する人でなくても、
不動産全般に興味のある人であれば、
きっと、やり甲斐をもって取り組める資格ではないかな・・・、
という気がします。

ご関心のある方は、ぜひお試しください!

最新 「金持ち大家さん」になる! アパート・マンション成功投資術

浦田 健 日本実業出版社 2016-06-23
売り上げランキング : 105549

by ヨメレバ

最新 「金持ち大家さん」になる! アパート・マンション満室経営術

浦田 健 日本実業出版社 2016-06-23
売り上げランキング : 74152

by ヨメレバ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク