「じゃかるた新聞」で私の人物紹介が掲載されました。

シェアしていただけると嬉しいです!

昨日早朝0:25のインドネシア、バリ発の飛行機で、東京に帰ってきました。
半年ちょっとぶりの一時帰国です。

と言ってもインドネシアの生活に慣れてしまい、
「日本に帰る」というよりは「日本に行く」という感覚です・・・。

機内で新聞を読もうと、飛行機の入口で手にとったのが
インドネシア在住日本人向けの新聞「じゃかるた新聞」。

日本語で書かれた日刊紙。
インドネシアに住む日本人なら、誰もが知る有名新聞紙です。
 
「じゃかるた新聞」2014年7月25日号より
【写真:「じゃかるた新聞」2014年7月25日号より】


 
 
     □     □     □
 
 
羽田までの飛行時間は約7時間。
時間はたっぷりあるので、1ページ目から順に熟読していって・・・、

思わず「ん?」とびっくりしたのが最後のページ。

なんと自分の写真が載っている(笑)
私の人物紹介の記事でした。
 
 
     □     □     □
 
 
よくよく読んでみると、一部違っているところもあるのですが、
全体的によくまとめてくださいました。

取材を受けてから、掲載予定日を忘れていたのですが、
飛行機でたまたま手に取ったのが掲載号とは奇遇なものです。

「インドネシアと日本を行ったり来たりしながら仕事をしたい」

そういう希望は昔からあったのですが、
よりによって、
インドネシアから日本に一時帰国する飛行機の中で
自分の記事にめぐりあえるとは・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
単なる偶然でしかありませんが、
それでも30代のうちにこんな経験ができるとは思いもしませんでした。

これからの未来。もう少し高く、それこそ欲張りなくらいに視点を上げて、
さらにたくさんの行動をしていかなくては!
そんなことを思いながら日本に到着しました。

来月半ばに、またインドネシアに戻ります。

冒頭の写真は読みにくいかもしれないので、
文字が読みやすいバージョンの写真もアップしておきます。
ご笑覧下さい。
 
「じゃかるた新聞」2014年7月25日号より

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年1月18日up
 「じゃかるた新聞」で「インドネシア商工会議所」訪問が記事に

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする