インドネシア滞在から3ヶ月。子供たちとの再会に感じたこと。

シェアしていただけると嬉しいです!

9月中旬からインドネシアに滞在すること、3ヶ月超。
久しぶりに日本に帰国しています。
5歳と4歳になる子供たちとの、久しぶりの再会。
「3ヶ月ぶりに会う」というのが、とても不思議で、
最初は、ちょっとした違和感がありました。
自分の子供だけど、
わずか3ヶ月で激変しているという、この奇異さ。
3ヶ月ぶりに子供たちと再会してびっくりするのは、
子供たちの成長のスピードです。
 
先日バリで知り合った、日本のラーメン店オーナーのお店へ
【写真:先日バリで知り合った、日本のラーメン店オーナーのお店へ】


 
 
     □     □     □
 
 
身長が伸びたとか、
体つきがさらに小学生っぽくなってきた等、
身体的な変化は、もちろんあります。
でも、それ以上に感じた成長の跡は、
言語能力です。
わずか3ヶ月。されど3ヶ月・・・。
言語能力が飛躍的に伸びていて、
会話できる内容の領域と深さが急拡大。
 
 
     □     □     □
 
 
4歳の次男は、誰が教えるまでもなく、
平仮名、片仮名が読み書きできるようになっていたのが驚きでした。
私はインドネシアに滞在しているので、文字を教えることはしていません。
妻に聞いても、文字を教えることはしていないと。
いろいろ調べたところ、私が日本を留守にしている3ヶ月で、
自分で勉強したようなのです。
5歳になる姉に教わりながら。
文字を覚えてしまったということよりも、
わずか3ヶ月で「自学自習」してしまうということに驚きました。
 
家族ぐるみで交流のある知人が経営するイタリアンでランチ
【写真:家族ぐるみで交流のある知人が経営するイタリアンでランチ】
 
また、5歳の長女は、私の帰国を迎える時に
「あっさらーむ、あらいくんっ!」と言ってきたのが驚きでした。
イスラムの挨拶ですね。
インドネシアでも、よく聞かれるフレーズです。
これも、私は教えていませんし、妻も教えていません。
「誰から教わったの?」と娘に聞くと
「本で勉強したの」と。
「すごいねぇ」と言うと、嬉しそうな表情をして、
「エジプトでも、使うんだよ」と自慢気でした。
 
 
     □     □     □
 
 
5歳と4歳になる子供たちとの、
3ヶ月ぶりの再会。
年末ということもあって、
すっかり子供たちとの時間に没入しています。
朝から夜まで、ずーっと子供たちと一緒。
一緒に遊んで、一緒に会話して。
 
子供たちとカラオケ。3ヶ月前とは異なる成長を見せてくれました
【写真:子供たちとカラオケ。3ヶ月前とは異なる成長を見せてくれました】
 
とりわけ言語能力の飛躍が顕著で、
「あ、こんな単語も覚えたんだ!」とか、
「へぇ、こういうフレーズもできるようになったのか」とか、
「そういう思考フレームも身に着けたんだな・・・」とか、
驚くことだらけ。
ますます子供たちとの会話が楽しくなる一方です。
 
 
     □     □     □
 
 
この数日だけでも、子供たちには意識して、
インドネシア語やジャワ語を教えています。
教えていると言っても、難しい内容ではなく、
ちょっとした単語や会話でしかありませんが、
それでも、みるみるうちに覚えていきます。
この年齢の成長スピードは本当に脅威的。
いったい、どんな脳の構造になっているのか?と思ってしまいます。
彼らに負けないように頑張らなくては!と、
想いを新たにしています。
家族と過ごす大事な時間。
一時帰国の有限な時間を、最大限に満喫したいと思います。
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする