インドネシアのローカル市場!肉も魚も野菜も!鮮度と美味しさが違う!

シェアしていただけると嬉しいです!

私たち家族は、インドネシアの東ジャワで暮らしていますが、
肉・野菜・魚は地元の市場で買っています。

インドネシアで暮らし始めて2年半。
最初の1年は、一人暮らしだったので1日3食すべて外食でした。
でも家族を連れて来てからは家でも食べるように。

食材は、通常のスーパーマーケットでも買いますが、
優先しているのは、地元の市場で買うこと。

安いだけでなく、とても新鮮。
市場で買うようになってから、スーパーで買うのは二の次になりました。

インドネシア、東ジャワ・マランの市場


     □     □     □

結論から言うと、地元の市場はそれほど清潔ではありません。

よく見れば蜘蛛の巣があったり、
床も清潔とは言えず、いかにもアジアという雑多な雰囲気。

インドネシア、東ジャワ・マランの市場

でも・・・、食材の鮮度には勝てません。
野菜も魚も肉も、やはり新鮮さの度合いが違うのです。

インドネシア、東ジャワ・マランの市場

インドネシアの公用語はインドネシア語ですが、
私の住む東ジャワのマランは、ジャワ語圏。
地元の人たちが集う市場では、自然とジャワ語が飛び交います。

みんなインドネシア語ができないわけではありません。
だから、インドネシア語でも買い物は可能。
でも、みんなにとっての親しみのある言語はジャワ語なのです。

     □     □     □

市場にはいろいろな店がありますが、
何度も訪れるにつれて、だんだん顔を覚えてくれるように。

インドネシア、東ジャワ・マランの市場

店の人から声をかけてくれて、
「今日は、このパパイヤが良いよ。どうする?」とか、
「何を探しているの?」とか。

探しているものがその店に無いものだと、
「あぁ、それなら、あっちの角の右の店にあるよ」
なんて、親切に教えてくれます。

     □     □     □

インドネシアの経済発展にともなって、
こうした伝統的な市場は、次第に追いやられるようになりつつあります。

中には、市場全体が閉鎖されてしまい、
よくある「ショッピングモール」に建て替えられてしまったり。
また、きれいなスーパーマーケットで買う人も増えています。

でも「安さ」だけでなく、
「新鮮さ」や「おいしさ」という意味でも、やはり市場は大事なんですよね。

     □     □     □

先日、この市場で買った「エビ」は、
高くないのに、サイズも大きく、
噛みごたえがしっかりしていて、とんでもない美味。

インドネシア、東ジャワ・マランの市場

高級な中華料理店で出てくる一品のような味わいで、
心の底から驚きました。

例えばそういう体験をしてしまうと、
モールやスーパーよりも、
こういう市場で買いたくなってしまうんですよね。
(だって、人生の残り時間は有限なんですから)

     □     □     □

くさい、きたない、清潔な感じがしない・・・等のイメージから、
こういう伝統市場を敬遠する人もいます。

でも、本当に新鮮で、本当においしいのですよ。
しかも安いのだから、申し訳ない感じでいっぱいです・・・。

インドネシア、東ジャワ・マランの市場

これもまたインドネシア生活ゆえの楽しみ。
妻と市場で買い物する時間は、なかなか楽しい時間ですよ。

海外旅行の際は、ぜひ地元の市場にも顔を出してみて下さい。
経験として、ぜひオススメしたいです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする