ジャカルタで暮らすインドネシアの若者たちが書いた日本語メッセージ、強烈に発信される「純粋さ」

シェアしていただけると嬉しいです!

今回は、ジャカルタで開催されたイベント「さくら祭」で感動した経験をブログに。

赤ちゃんの行動を見た時に、
多くの人が笑顔になったり、惹きつけられたりするのは、
きっと、その「純真さ」にあるのではないか。

私はそう思っています。

でも、それは「赤ちゃん」に限ったことではありませんね。
何かに純粋になっている姿。
何かに集中して、真剣に事にあたっている姿。
そして、心の底から一心不乱に取り組んでいる姿。

赤ちゃんではなく、子供だったり、大人だったり、
はたまた、お年を召した高齢者の方たちであっても、
それは同じことではないかなと。

今回、インドネシアの若者たちが日本語で書いた、
直筆のメッセージを見る機会があり、
そんなことを感じたので、紹介したいと思います。

彼らのメッセージが発信する「純真さ」は強烈でした。

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:掲示板に思いの丈をつづるインドネシアの若者たち】


     □     □     □

昨日まで、ジャカルタ東部にある工業団地、
チカラン(Cikarang)を訪れていました。

昨日と一昨日の2日間、「日本好き」が集まる日本祭イベント、
「さくら祭」が開催されていたためです。

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「さくら祭2017」の会場入口】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【画像:「さくら祭」の案内パンフレット】

場所は、「Maxxbox Orange County」という場所。

1年に1回開催されているイベントで、
以前から関心をもっていました。

ブログ冒頭の写真のように、
思いの丈を自由に書ける大きな掲示板が設置してあったり、
七夕に飾る短冊に、自由に願い事を書くこともできて。

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:短冊に書いたものをくくりつける女性】

日本では、イベント等で、よく見る光景ですよね。
ごくごく当たり前ですらある光景。
でも・・・、どうしてなのでしょうか。
見ていて、とっても心動かされたのです。
     □     □     □

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「日本へ行きたいんです」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「日本語能力試験N2 合格するように」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:こい人と来たい(恋人と来たい)】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「日本え行たいです」(「す」の形が惜しい!)】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「日本へ行くよえいです。山口にすむよていです」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「8月ににほんへいきたい」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「ここに来てよかっただぞ!」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「来年、日本へ行こう!」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「大好きな人と結婚したいです」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:早く彼女できるように(これは日本人が書いたものかな?】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:「おかねもちになりたーい」】

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:現地の若者が書いた「かぞくのためにしぬまでがんばります」のメッセージ】

     □     □     □

いかがでしょうか?

これを見て興奮しているのは、もしかして私だけですかね?
なぜか、とーっても胸を打たれるものがあったのです。

冷静に考えてみれば、単なる普通の文章でしかありません。
何か特別なことが書いてあるわけでもありません。

技巧に凝った名文があるわけでもなく、
そこにあるのは、一生懸命に習った日本語を使って、
素直に思う心情を、精一杯の表現で書いたもの。
宿題でもなく、書かされたというわけでもなく、
書いても良いし、書かなくてもいいし。
そんな中でも、あえて書きたかった思い。

しかも、外国語である日本語を使って。

     □     □     □

大人になって、次第に年を重ねる中、
こうした「純粋さ」は、絶対に失ってはならないなと、
彼らのメッセージを見ていて、心の底から思いました。

インドネシア語を母国語とする人たちが、
一生懸命に習った言語を使って、書きつける。

そこには、何というべきか・・・、
「汚れてしまった技巧」が無いんですよね。

     □     □     □

素直な思いの吐露。
しがらみのない、心の底からの感情を
借り物の言葉ではなく、
お決まりの表現で着飾るのでもなく。

本当に素敵だし、
人の心を動かす力があるなと。

さきほど紹介したメッセージの一つ、
「かぞくのためにしぬまでがんばります」。

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ

こんなに直裁的にズバリと表現できるなんて。

もっともそれは、単に「日本語能力の問題」があって、
結果としてそのような表現になってしまっている・・・
というだけなのかもしれません。

でも、こんな古い日本男児のようなメッセージ。
伝わる純真さが違うな・・・と感じました。

     □     □     □

「なにまた、真面目くさっているの?」と思う人もいるでしょう、

でも「人生は有限」で、
それを思えば、残り人生を、一生懸命に、
素直な心で、一心不乱に駆け抜けること。

それほど格好いいことは無いと私は思うのです。

だからこそ、こういう素直な感情の発露は、
人の心を動かすんだろうなと。

     □     □     □

おそらくですが・・・、

上に掲げた写真をご覧になって、
どことなく、心動かされたという方は意外といると思うのです。

その「気持ちの動き」があったとしたら、
それはぜひとも大事にすべきものではないか。

そしてその「気持の動き」に基いて、
何らかの思いを書き出してみたり、
日々の行動につなげていくこと。

それが皆さん自身の人生を、さらに良いものに変えていくことすら
ありえると思うのです。

     □     □     □

素直な気持ちで一生懸命に残り人生を走り抜けたい。
それはかっこ悪いことではなくて、かっこいいことなんだと。

そんな思いで生きる人たちと、
一緒になって生きること。
それこそが、「幸せ」というものを構成する、
一つの大事な要素なのではないか。

彼らのメッセージを見つめていると、
そんなふうに私は思います。

皆さんは、どのように思われたでしょうか?

この些細なブログ記事が、
皆様にも何らかの刺激になればと願っています。

「桜祭り2017」でインドネシアの若者が日本語で書いたメッセージ【写真:願いが叶いますように!】

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年4月30日up
 東京で日本語を勉強するインドネシアの若者たち、未来を見つめる視線が熱い!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク